人気ブログランキング |

タグ:手作り・DIY ( 21 ) タグの人気記事

| 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

猫と引っ越し まとめ6:キャットウォーク移設/お安く使いやすい充電式電動ドライバー

猫と一緒に引っ越した時に、準備したことや用意したものの記録を、時系列でご紹介しています。
>猫と引っ越し まとめ記事リスト




引っ越しの次の難関が、手作りキャットウォークの移設でした。
a0233917_223818100.jpg

いざ引っ越しが決まった時に、真っ先に頭に浮かんだのが
「キャットウォークが解体できるかどうか」


旧居にDIYで作って設置していたキャットウォークですが
地震対策も兼ねて強固に設置したため、下台になっているラック類と、上の板をビス留めする際に
当時のわたしは後先を考えず、まず、ご丁寧にすべての下穴に接着剤を流し込んだ上で
さらに5〜6cmくらいのねじ釘をギチギチに打ちこんでしまっていたのです。
a0233917_2238152.jpg
「ねじ釘が回せなかったら、もうキャットウォークごと壊すしかない・・・」と思い
手回しドライバーで恐る恐るねじを回してみたところ
渾身の力で押し込みつつ、ゆっくりと回していけば、ねじ釘が回ることが判明!解体できそうだじょ!
a0233917_2238147.jpg
やたらめったら、沢山ねじこんでいたねじ釘を、ひとつひとつ地道に回して上の板をはずし
分解したキャットウォークを新居に運びました。
a0233917_22381247.jpg


同じタイミングで、普段使わない荷物類も移動。
a0233917_22381199.jpg
a0233917_2238986.jpg

今回は間取りの関係で、窓際のサイズも変わるので
キャットウォークにエレクターをかませて、猫の動線と地震対策を考えつつ、再組み立てしてゆきます。
a0233917_2238065.jpg


こんな感じで設置しました。
a0233917_223818100.jpg
a0233917_229432.jpg←動画はこちら。

旧居のダイニング部分と
自室部分がドッキングした感じ。

後で設置予定の私の作業デスクから
キャットウォークに飛び乗れて
エレクター上部の猫ベッド2台に行け
近くに2個の水皿もある配置です。

こちらが作業デスク類。
a0233917_2237595.jpg
手前の作業台が、幅150cm×奥行70cm×高さ70cmのテーブル型。
奥のPC台が、幅70.5m×奥行75cm×高さ70cmのほぼ正方型。
a0233917_22375763.jpg


2つのデスクとキャットウォークの位置関係はこんな感じです。
a0233917_22375681.jpg
写真だと、なんだか距離があるように写ってしまいましたが
実際は3台とも軽いジャンプで飛び乗れます。


上記のデスク類は、ネットで検索して、宮崎県の大工さんに製作してもらいました。

a0233917_22375427.jpg
サイズオーダー・塗装済み・送料込みで、テーブル型が28,000円。正方型が17,000円でした。


あと、新居の家具の配置は、できるだけ旧居に似た感じにしたいと思っていたので
旧居でキューちゃんがとても気に入っていた↓この見張り台スペースも
a0233917_22375266.jpg

同じテーブルの側に置いて、ここから部屋が見渡せるようにしました。
a0233917_22375056.jpg
引っ越し後、前と同じように見張り台から部屋を見張るキューちゃん。よかったよかった。



さて、これまでは、写真左側のコード付き電動ドライバー(1,980円!)しか持っていなかったわたしですが
今回の引っ越しでは、部屋を行き来しながら、あっちで作業・こっちで作業となるので
この機会に、写真右側のコードレス充電式電動ドライバーを購入しました。
a0233917_6163295.jpg
EARTH MAN 3.6V充電式ミニドリル&ドライバー DDR-180Li GB TKG-1400745

こちらはネットで評判のよかったコードレスドライバーで
3,000円くらいのお安いドライバーなのに、使いやすくてとても助かりました。
a0233917_6164171.jpg
セットで付いているビットは右の5本セットなのですが、6角ビットだったら他のものでも装着できるので
これまでの電動ドライバーに使っていた、左側の8本セットも全て使えます。

ビットのつけ外しは、わたし最初やりかたがわからなくてあわあわしましたが
ドライバーの先端を伸ばして、ビットを差し込み、先端を戻す(バネ式なので自動で戻る)と
ビットがガッチリ噛み合って安定感良く使えます。(ほかの磁石式機構のものよりしっかり装着できます)
a0233917_6165023.jpg
a0233917_21492695.jpg回転軸が上方にあるので、隅や角にもねじ釘を打ちやすくて
左の画像のように、狭いところの釘打ち作業にとても便利です。

BOSCH(ボッシュ)のコードレスドライバーと迷ったのですが
この、狭いところに打てるというところと、持った感じの安定感、
(ボッシュは握り部分がななめで、持ちにくそうな感じだったので・・・)
作業が苦にならないくらいの軽さから、EARTH MANのほうにしました。
ものすごいDIYの場合などは、トルク不足なのかもしれませんが
手回しドライバーもあるし、わたしの場合これで充分な感じです。




室内飼いの工夫 | 手作り・DIY | 猫の地震対策 | おすすめ猫用品 | 猫の食事 | 健康・治療 | 新猫合流 | 工事対策a0233917_15261575.png


掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく、当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので、他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。


by adachi_kogane | 2019-05-14 22:08 | 猫と引っ越し | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

猫と引っ越し まとめ5:猫の脱走防止柵製作2(網張り〜設置)

猫と一緒に引っ越した時に、準備したことや用意したものの記録を、時系列でご紹介しています。
>猫と引っ越し まとめ記事リスト




猫の脱走防止柵、怒涛の6台設置の続きです。(前回の記事はこちら
前回のペンキ塗りが予想以上に時間がかかってしまってもうあわあわ。
a0233917_2313292.jpg

さて「猫を脱走させない」ために、がんばって柵を作っているわけですが
柵のない側の窓がガラガラ〜っと開いてしまう状態では、柵を作った意味がなく(汗)
逆側の窓を閉め切って開かないようにするために、 つっかえ棒も用意します。

わたしは「配線モール」というプラスチックの棒を使用しています。
これは、部屋の中でテレビや電話線などを壁に這わせる時に、コードを隠すためのレールで
ペンチなどでカットでき、意外に丈夫でまたお安いので、私はいつもこれを使います。
a0233917_23163923.jpg
裏面に両面テープ等のついているものと無いものがありますが、雨がかかる場合もあるので
テープ無しのほうがいいと思います。また強度の面から、上下は外さず1本セットで使っています。
(カットする時だけ上下を外してそれぞれカットしてから、パチンと元に戻して使います。)



設置するのは、脱走防止柵が片側にしかない(A)(B)(C)の窓で
それぞれ(A1)(B1)(C1)の窓をしめきるために
ピンクのラインの箇所に、配線モールのつっかえ棒をかますのです。
a0233917_2258866.jpg

窓枠は左のようにレールになっているので、そこに、同じサイズにカットしたつっかえ棒を入れるだけ。
これで逆側の窓は開けようとしても開きません。
a0233917_23161415.jpg
つっかえ棒は脱走防止柵を設置する前にセットしてくださいね。
つっかえ棒は柵の奥の位置ですので、先に手前に柵を設置してしまうと
柵を外さないと、つっかえ棒を入れることができなくなってしまいます・・・。


a0233917_5553756.jpgこのように、逆側は常に閉め切って暮らすことになりますが
今回は一箇所、逆側がしめきりだと都合が悪い窓があるのです。

それが(C1)のベランダの窓。

マンションに暮らしていると、定期的に「消防設備の点検」というイベントがあり、その際に「ベランダの避難はしごの点検」も行われるため「点検業者さんがベランダに出るひつようがある」のです。

これはすごい難問で、どうすればいいかあれこれ考えて
ベランダの窓のみ、脱走防止柵をハーフサイズで製作し「隙間を開けられてつっかえ棒を外せる仕様」にしました。

どういうことかと言いますと、普段は(C1)の窓はしめきりなので(う)のつっかえ棒が入っており、
(C)の窓も柵以上の幅に開かないよう(あ)のつっかえ棒が入っています。
a0233917_634848.jpg

ベランダに出る必要がある時は(あ)のつっかえ棒を外すと
まず右側の(C)の窓が全開になるので(い)の隙間がオープンの状態になります。
a0233917_23201514.jpg

(い)の隙間から手を入れて(う)のつっかえ棒を外し
左側の(C1)の窓を全開してベランダに出るということです。
a0233917_23202284.jpg
(あ)のつっかえ棒は室内からさわれますので、猫さんがチョイチョイやって外してしまわないように
マスキングテープなどで留めておいたほうが、より安全かと思います。



つっかえ棒の設置をしてから、柵に網を張りました。
木枠は2個1セットなので、同じサイズのものが2つあります。その間にトリカルネットをはさんで
a0233917_517956.jpg

木枠同士をねじ釘で留めていきます。ねじ釘が多いほどしっかりしますが
あとでサドルバンドも取り付けますので、その箇所は開けておいてください。
a0233917_5171927.jpg
はみ出ているネットは、ニッパーでカットします。



脱走防止柵のできあがり。
a0233917_5173051.jpg
なんとなくチョコレートっぽい。えーと、ブルックリンスタイルにするんだっけ。
ブルックリンスタイルになったなったー。ブルックリンだよー。(朦朧)
a0233917_5173713.jpg



最後の工程です。
前回ご紹介のつっぱり棒と、脱走防止柵を
↓このような金属パーツで固定していきます。
a0233917_5181171.jpg
これはサドルバンドといって、配管などを壁に固定するパーツなのですが
アカギというメーカーさんのサドルバンドは、金属が薄めでペンチで変形させることができるので
元々は右側の「ひ」のような形になっているものを
ペンチで、左側の「U」のような形に変形させて使います。

このパーツでなくても、簡単に結束バンドなどで固定してもいいのですが
結束バンドは耐久性に不安があるので、わたしはサドルバンドを使っています。



取り付けかたは、次のような感じになります。(真上から見た図でご説明しています)
ここで、猫さんが小さい場合や、できるだけ隙間を無くしたい場合などに
ピンクで書いた箇所のように「つっぱり棒が壁ギリギリの位置」になることがあります。
a0233917_5182096.jpg
サドルバンドは柵の両面からねじ釘を打たないといけないので
上記の場合だと、ねじ釘を打ちにくくて設置しづらかったり、

また、一般的につっぱり棒は「まず仮止めでつっぱった後に、上部か下部にあるねじまわし部分を
ぎゅうぎゅうにねじって、つっぱり強度を上げていく」というしくみのものが多く
棒の片側はすぐ壁だわ、もう片側には脱走防止柵がついてるわで、手が入らない感じだと
ねじまわし部分がうまく回せなくて、十分につっぱれないということも起こります。

その場合の設置方法を【難易度1】から【難易度3】まで図解いたしましたので
お困りになった場合にお役に立てますと幸いです。



まずは一番簡単な回避方法。
つっぱり棒のねじまわし部分がグリップが効いていて、無理な場所でも回しやすい。とか
そんなに壁ギリギリではなく、手が入る隙間があって回しやすい。という場合は
つっぱり棒を外して柵を先付けし、あとでつっぱり棒ごと一度に取り付ける方法↓
a0233917_5182841.jpg



次に、窓がベランダや、外廊下に面しているなどで、屋外からも設置作業が可能な場合は
つっぱり棒が先で、そこに柵を後付け。釘打ちを外と中から行うという方法↓
a0233917_871148.jpg



ねじまわし部分をあとで回せるような隙間はない!つるつる滑る!外にも出られん!という
【難易度1】【難易度2】のどちらも出来ない場合は、アクロバティックな【難易度3】の方法。
わたしこれでやりましたので大丈夫です!
a0233917_5184657.jpg
図の左側が空中に浮いた状態で、ねじ釘を留めていかなければいけないので
左側の底を支えられるような台が下にあったほうが良いです。
わたしは左側の下に脚立をあてがって、高さが微妙に違うけどむりくり作業しました。
a0233917_5185475.jpg
「きをぬくなごはーん!!!ぴっころさーん!!!」といいながら必死でやりましたら
壁ギリギリのところでも設置できました。
どうしても無理な場合はサドルバンドはやめて、結束バンドで固定するという方法もあるかと思います。



ちなみにキッチンの柵は【難易度1】の「柵を先付けして、つっぱり棒ごと一緒に付ける方法」で
こんな感じでつくってみました。
a0233917_5194527.jpg
他の窓は強度第一のため、余計な付属品なしで、つっぱり棒+柵のみで設置しましたが、
キッチンの窓枠はタイル製なので、強めの両面テープをつっぱり棒の上下にプラスすることができて、
仕上がりが非常に強固であり、ちょっとやそっとではビクともしないので棚も付けた次第です。



ヘロヘロになりながら、脱走防止柵6台の設置完了!!!
それぞれの窓のクローズ状態とオープン状態。使用した材料も再度併記しておきます。



(A)寝室の窓(高さ約815mm)
・突っ張り棒:ベストコ ステンレス突っ張りキッチンラック(ブラウン)※棒以外の付属パーツ類は不使用。
・サドルバンド:アカギ サドルバンド 20A
・木枠の木材:ラワン角材18mm
 ※一番雨が吹き込む窓なので窓枠を拭きやすいように、底面に木材のブロックを置いて隙間を開けています。
a0233917_23125981.jpg
a0233917_2312575.jpg


(B)内廊下沿いの窓(高さ約815mm)
・突っ張り棒:セキスイ 瞬着強力極太ポール 75〜116cm
・サドルバンド:アカギ サドルバンド 25A
・木枠の木材:ラワン角材18mm
a0233917_23125549.jpg
a0233917_231253100.jpg


(C)ベランダの窓(高さ約1800mm)
・突っ張り棒:セキスイ 瞬着強力極太ポール 170〜280cm
・サドルバンド:アカギ サドルバンド 25A
・木枠の木材:ラワン角材18mm
a0233917_23125289.jpg
a0233917_23125036.jpg


(D)キッチンの小窓左(高さ約615mm)
・突っ張り棒:田窪工業所 つっぱり棚2段 高さ55~90cm×幅50〜90cm
・サドルバンド:アカギ サドルバンド 16A
・木枠の木材:ヒノキ角材12mm
(E)キッチンの小窓右(高さ約615mm)
・突っ張り棒:田窪工業所 つっぱり棚2段 高さ55~90cm×幅60cm
・サドルバンド:アカギ サドルバンド 16A
・木枠の木材:ヒノキ角材12mm
a0233917_23123699.jpg
a0233917_23123413.jpg
a0233917_23123283.jpg
※窓の開け閉めは、中央の隙間から鍵を外し、トリカルネットの四角に指をつっこんでちょっとずつ窓を動かして開け閉めします(笑)

(F)玄関※ リサイズ
・突っ張り棒:セキスイ 瞬着強力極太ポール 170〜280cm
・サドルバンド:アカギ サドルバンド 25A
・木枠の木材:ラワン角材18mm
a0233917_23122994.jpg





後日談。

a0233917_5243223.jpg猫移動後、一緒に新居で寝起きするようになると
朝のトリカルネットがうねっていて
オラおでれぇたぞ!!!

それまでは午後〜夜に作業して
旧居に戻って寝ていたので
朝の状態を見る機会がなかったのです。
「なんで?!ビシーっと張ったのに!」と
すごいビックリしましたが
どうやら、直射日光の熱で
トリカルネットが少しのびるみたい。
日光の角度が変わって気温が戻ると
夜には元どおりにビシーっと張るので
大丈夫そうでよかったです。

もともと、屋外でのハードな用途のネットなので
そうそう痛むことはないかと思いますが
ご心配なかたはメーカーにお問い合わせを。


本当は建物のそとに、こういった頑丈な金属柵とかがついてるのが一番丈夫なんだろうけど・・・。
a0233917_23171733.jpg
「あれいいなーああいうのいいなー」といいながら、よそのビルを撮りまくる挙動不審者です。
とりあえず、ちからおよばずながら、今できるせいいっぱいです。


<関連記事>
猫の脱走防止柵製作1(突っ張り棒〜木枠のペンキ塗装)
猫の脱走防止柵製作2(網張り〜設置) この記事
脱走防止柵に関する過去の記事リストはこちら




室内飼いの工夫 | 手作り・DIY | 猫の地震対策 | おすすめ猫用品 | 猫の食事 | 健康・治療 | 新猫合流 | 工事対策a0233917_15261575.png


掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく、当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので、他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。


by adachi_kogane | 2019-05-12 07:41 | 猫と引っ越し | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

猫と引っ越し まとめ4:猫の脱走防止柵製作1(突っ張り棒〜木枠のペンキ塗装)

猫と一緒に引っ越した時に、準備したことや用意したものの記録を、時系列でご紹介しています。
>猫と引っ越し まとめ記事リスト



いくつかの難所(峠?絶叫ポイント?)が予想された、今回の引っ越し。
そのひとつが「猫の脱走防止柵」の手作り。
a0233917_2294092.jpg
旧居でも、猫の脱走対策としてゲート類をDIYしておりました
今回は、開口部が増えるので6つの柵を作らなくてはならず(1つはリサイズ)

加えて、前回は塗装無しの木材で木枠を作っていたため
雨が吹き込む窓に設置した木枠には、8年たつとカビが生えて来てしまい↓
a0233917_2293619.jpg
この経験をふまえて、木枠には、カビ防止の「ペンキ塗装」もおこなう予定でした。
ペンキ塗りはあんまりやらないので、どのくらい作業時間が取られるかわからないし
ギチギチの引っ越しスケジュール内で、しっかりしたものを設置しなければ。あばばばば。
と焦りまくりながら製作スタートです。


うちでの脱走防止柵の作り方は、おおまかにこんな感じ↓です。
a0233917_2293811.jpg

必要なものはこのような感じ↓です。
a0233917_2293247.jpg
★突っ張り棒2本1組 上記写真に入れ忘れました・・・。
★木枠用の木材(ラワン材/東急ハンズ)
★頑丈な網(トリカルネット/川西金網店通販)
★取り付け用金具(サドルバンド アカギA104シリーズ/楽天通販)
☆水性塗料とハケとビニール手袋と養生シートなど(東急ハンズ)
☆電動ドライバーやねじ釘などの工具類(東急ハンズ)


新たに作るのは(A)〜(E)の5台。リサイズは、旧居で使っていた玄関用猫ゲート1台。全部で6台。
おおおおオラに元気をわけてくれ。
a0233917_22563969.jpg
途方にくれながらも新居の窓のサイズを測って、最適な長さの突っ張り棒を用意します。


(D)や(E)のように、キッチンの小窓用などで短いサイズの突っ張り棒が必要な場合は
突っ張り棒単体で探すと、細くて弱そうなものが多くて困るのですが
キッチンラックのセットに使われている突っ張り棒が、意外と使えることがあります。
a0233917_229347.jpg
キッチンラックの突っ張り棒は、鍋や食器を置けるくらい強度が強めでしっかりとした作りに
なっているものが多いので(要ご確認ください)逆にキッチンラックのほうが猫ゲート製作に良い場合も。

試行錯誤して、今回は以下の突っ張り棒を選びました。
それぞれにサイズが合うサドルバンド・木材の詳細も併記しておきます。



(A)寝室の窓(高さ約815mm)
・突っ張り棒:ベストコ ステンレス突っ張りキッチンラック(ブラウン)※棒以外の付属パーツ類は不使用。
・サドルバンド:アカギ サドルバンド 20A
・木枠の木材:ラワン角材18mm
a0233917_229266.jpg


(B)内廊下沿いの窓(高さ約815mm)
・突っ張り棒:セキスイ 瞬着強力極太ポール 75〜116cm
・サドルバンド:アカギ サドルバンド 25A
・木枠の木材:ラワン角材18mm
a0233917_2292424.jpg


(C)ベランダの窓(高さ約1800mm)
・突っ張り棒:セキスイ 瞬着強力極太ポール 170〜280cm
・サドルバンド:アカギ サドルバンド 25A
・木枠の木材:ラワン角材18mm
a0233917_2292168.jpg


(D)キッチンの小窓左(高さ約615mm)
・突っ張り棒:田窪工業所 つっぱり棚2段 高さ55~90cm×幅50〜90cm
・サドルバンド:アカギ サドルバンド 16A
・木枠の木材:ヒノキ角材12mm
(E)キッチンの小窓右(高さ約615mm)
・突っ張り棒:田窪工業所 つっぱり棚2段 高さ55~90cm×幅60cm
・サドルバンド:アカギ サドルバンド 16A
・木枠の木材:ヒノキ角材12mm
a0233917_2291911.jpg



つっぱり棒を取り付けて、必要な柵のサイズを測り、木枠になる角材と間に挟むトリカルネットを用意します。
a0233917_22375424.jpg


今回は、前回作った玄関ゲートのネットよりも大きめのトリカルネット
TNET-N29(高密度ポリエチレン)を5m購入。しっかりしていて安心感があります。
a0233917_22265686.jpg


木材は、(A)〜(C)をラワン材の18mm角材。
(D)(E)のキッチンの小窓は、窓のタイルの幅が狭いので、ヒノキの12mm角材にしました。
a0233917_2238565.jpg
ヒノキの12mmのように細い角材の場合は、そのままねじ釘を打ち込むと木割れしてしまうので
面倒でも、ドリルで下穴を開けてからねじ釘を打ち込んだほうが良いです。
a0233917_22382147.jpg


これらの角材を組み合わせて、四角い木枠を「2個1セット」作ります。
a0233917_22381556.jpg


今回は新規で製作する柵が5個なので、木枠は全部で10個ひつよう。
黙々と、10個5セットの木枠を作りました。
a0233917_22383914.jpg


木枠を組んでからペンキ塗り。ペンキは、アサヒペン 水性ペイント
カビの発生防止にはニスとかの上塗りが必要ですか?と、ハンズの売り場のおじさんに聞いてみましたが
「そのペンキだけで充分」とのことでしたので、こちらの塗料のみ塗りました。
a0233917_2238534.jpg
普通の刷毛よりも、画像右側に写っているようなスポンジの刷毛が使いやすかったです。

また、ペンキ塗りは、床の養生が地味にめんどうくさいのですが
今は、300円くらいでビニールの養生シートを売っていて、そちらを買うとお手軽でした。
当初は「養生いる?要はペンキを垂らさなければいいんでしょ?」とか恐ろしいことを思っていたのですが
養生シート無いとだめー。垂らさなければいいとか絶対無理でした。危なかった。
a0233917_2239190.jpg
シートや(一部床にも)ペンキをボタボタ垂らしまくりながら、木枠の塗装が完了。
思ったよりも時間がかかってしまいました。10個も塗ったからか?ペンキ塗りが一番手間取った印象です。
a0233917_22391922.jpg
このあと「猫の脱走防止柵製作2」に続きまーす。


<関連記事>
猫の脱走防止柵製作1(突っ張り棒〜木枠のペンキ塗装) この記事
猫の脱走防止柵製作2(網張り〜設置)
脱走防止柵に関する過去の記事リストはこちら



室内飼いの工夫 | 手作り・DIY | 猫の地震対策 | おすすめ猫用品 | 猫の食事 | 健康・治療 | 新猫合流 | 工事対策a0233917_15261575.png


掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく、当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので、他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。


by adachi_kogane | 2019-05-08 22:53 | 猫と引っ越し | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

猫と引っ越し 実況中継:キッチンタイルの圧着シールの剥がし方ー

猫と一緒に引っ越した時の、実況中継的先行記事です。(時系列で整理したまとめ記事はこちら



訳あって、女子女子したシールを剥がしています。

3個前くらいの住人の嫁がロシア人で、賃貸住宅にも関わらず
あちこちシールを貼りまくったまま退去したとのこと。


まずは、キッチンのタイルに強固に貼り付いている
ステンシル風の圧着シール。
a0233917_21350691.jpg

これって、たぶん、細切れの柄のパーツがシールの本体で
上の四角い透明シールは、柄をうまく貼るための「剥離フィルム」だと思うんですが
a0233917_21350859.jpg
ロシアの嫁は、圧着シールのしくみがわからなかったのか
剥離フィルムごと、そのまま貼り付けていて
次の住人も、その次の住人もそのままにしていたため
フィルムに空気が入り、汚れや変色で、いやなかんじになっております。

お掃除業者さんも、シール類には手を出さなかったみたいで
このままバトンタッチされたわけですが
オラはいやだぞ!

だって、ここだけ中途半端に女子柄が入ってるの
どう考えてもヘンだぞ!
a0233917_21350901.jpg


ハンズで内装関連のベテランおじさん店員(知識が豊富でいつも親切)に
おススメのシール剥がしを教えてもらいました。

まず、コンロ付近をビニールでガード。
a0233917_21354493.jpg

おススメのシール剥がしは、有機溶剤系の強力タイプなので
ポンコがいる部屋では使えません。
ポンコがいない今のうち!

シールの上にかぶさっていた、透明の剥離フィルムを剥がしてから
ステンシル柄の部分に、このスプレーを吹き付けます。
a0233917_21354599.jpg

そのあと、内装用のズバズバ切れる「黒刃」のカッターを用意して
刃を長めにセットします。
a0233917_21354785.jpg

タイルとシールの底辺の隙間をこそげるように
下から上にカッターをすべらせていくと
溶剤スプレーの効果もあってか、するする剥がせました。
a0233917_21354854.jpg
プックリしたシール部分は、強固でガチガチでどうしようもないですが
シールとタイルの接着部分は、溶剤スプレーで少しゆるくなっていて
そこを狙うと黒刃が入ります。

1番イメージが近いのが、職人さんが両手で行う「包丁研ぎ」
あのイメージで、刃をタイルに押し付けて
(画像は片手ですが、実際は両手で包丁研ぎのように行いました)
下から上に、下から上に、こそげていくと上手くいくようです。


↓使用前
a0233917_21361437.jpg

↓使用後
a0233917_21361651.jpg
ブラボー!!!
っていうか、綺麗に剥がれるじゃんさー。
お掃除業者さんやっといてよー。


そして、ロシアの嫁は
おトイレのタンクにもシールべったり。
a0233917_21370615.jpg
みんな、このまんま使ってたのかなー。
オラはいやだぞ!

帯状の幅広インテリアシールは、素手で剥がせましたが
剥がしたら、なんか出てきた(笑)
a0233917_21370802.jpg
これを隠すのに、幅広シールを貼ってたのかなー。


同じく、強力シール剥がしをスプレーします。
a0233917_21370928.jpg
今回は下地がキッチンタイルと、おトイレの陶器タンクなので
こちらの強力スプレーが使えまして、スムーズにいきました。


スプレー後、少し置いてからプラスチックのヘラで
下から上にこそげると
a0233917_21371016.jpg

べろーん。こっちも簡単に剥がれるじゃんさー。
a0233917_21371127.jpg

その上の透明シールは、かなり強力に貼り付いていましたが
こちらもタイルの時と同じく、黒刃のカッターを使うとするする剥がれました。
a0233917_21372953.jpg


↓使用前
a0233917_21380409.jpg

↓使用後
a0233917_21380535.jpg
ブラボー!!!


と、わたしがバタバタしているので
不穏な気配を察知して
a0233917_22074632.jpg
ひそひそとようすをうかがっている
キューポンコ。


by adachi_kogane | 2019-03-22 21:34 | 猫と引っ越し | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

猫と引っ越し 実況中継:訳あってクッションフロア施工中

猫と一緒に引っ越した時の、実況中継的先行記事です。(時系列で整理したまとめ記事はこちら



訳あって、おトイレのクッションフロア施工中。
a0233917_03320332.jpg

a0233917_03320401.jpg

剥がせる両面テープ施工。
a0233917_03320537.jpg

ついでにタイルがカチャカチャ浮いて
あちこち取れてしまう玄関土間もCF貼り。
店舗用とかのハードタイプなので、土足スペースでもしっかり使えます。
a0233917_03320617.jpg

押入れもー。
a0233917_03320766.jpg
ヒーーーーー
ヒーーーーー
筋肉痛。


ていうか、トイレタンクのこの女子女子したシール・・・。
a0233917_03482158.jpg
あとで考えまーす。


by adachi_kogane | 2019-03-17 03:31 | 猫と引っ越し | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

猫と引っ越し 実況中継:フローリングに傷がつかない(つきにくい)ウレタンキャスター

猫と一緒に引っ越した時の、実況中継的先行記事です。(時系列で整理したまとめ記事はこちら



わたし知らなかったんです・・・。
オフィスチェアのキャスターが3種類あることを・・・!!!

以前、中古のオフィスチェアを購入し、肩や腰の辛さがかなり緩和され、喜んで使っているのですが
どうも、フローリング&クッションフロア上でキャスターが引っかかる。
キャスターがちゃんと回らずに、止まったまま引きずるように移動している感じ。
会社だとスムーズなのになー。中古だからかなーと思って検索してみたところ
キャスターが床に合っていなかったということが分かりました。



オフィスチェアについているキャスターは、オフィスのカーペット(滑りにくい床)で使うことを想定された
ナイロンキャスターがほとんどだそうです。(私の椅子もこのナイロンキャスターでした)

しかし、ナイロンキャスターは、フローリングやタイルなどの滑りやすい床では
スリップしてキャスターが動かないまま、ギギーッと引きずるように移動してしまうため
動きにくかったり、床が傷ついたりしてしまうので、ウレタン製のキャスターに交換したほうが良いそうです。

ウレタンキャスターは、ちょっぴりソフトなウレタンが巻いてあることで
滑りやすい床でもグリップが効いて、キャスターがちゃんと回るので
フローリング上でもスムーズに移動でき、傷がつくことも少ないそうです。

【参考にしたページ】
オフィスチェアには「床に合ったキャスター」を取り付けよう!
https://www.kagg.jp/feature/urethane-caster
フローリングの傷を防止する!ウレタン製のキャスターがオススメすぎた!
https://www.kinoubi-design.com/blog/blog/2016/09/chair-flooring-kizu.html




また、オフィスチェアのキャスターは決まったサイズになっているそうで
代替品との交換も、だいたいサイズぴったりなので非常に簡単とのこと。
早速、自宅のチェアをひっくり返し、キャスターをひっこぬいて
直径等を測ってみましたら普通の規格品でしたので、他のキャスターと交換可能なはず。

【サイズに関してとてもわかりやすいページ】
キャスターの種類と対応について(イーサプライ)
https://www.esupply.co.jp/chair/caster/


a0233917_412021.jpg



通常サイズより、大型のほうがよりスムーズとのことで
サンワサプライ 大型ウレタンキャスター SNC-CAST3を購入してみました。

a0233917_4115769.jpg



おわかりいただけますでしょうか?
左側、つるテカの硬質で、フローリングでスリップしうまくまわらない感じのナイロンキャスターと
右側、しっとりしたほどよい軟質で、フローリングをしっかりグリップしてくれるウレタンキャスター。

a0233917_4115365.jpg
新しいウレタンキャスターに交換してみたところ
これまでのイマイチ動きにくい感じが嘘のように解消され
スムーズで音も静か、もっと早く交換すればよかった!!!




ということで、あちこちいろいろ改善中。
昨日は訳あっておひとりさまでクッションフロア貼り。

a0233917_412454.jpg
クッションフロアのロール重い!!!



室内飼いの工夫 | 手作り・DIY | 猫の地震対策 | おすすめ猫用品 | 猫の食事 | 健康・治療 | 新猫合流 | 工事対策a0233917_15261575.png


by adachi_kogane | 2019-03-10 23:57 | 猫と引っ越し | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

【猫の室内飼いの工夫】大きめのトリカルネット

ぽんこよ! またかいぬしがドタバタしているわ!
a0233917_1015265.jpg


大きめのトリカルネットのサンプルを取り寄せました。
a0233917_10152320.jpg


トリカルネットは、玄関の脱走防止柵に使用した、プラスチック製の網です。

a0233917_10152010.jpg


以前使用したトリカルネットは10〜15mmの小さめのサイズだったのですが
少し大きめのほうが使いやすいかなと思い、大きめ3種を取り寄せてみました。
a0233917_10151531.jpg
TNET-MS1(ポリプロピレン製)網目のサイズ:25×25mm
TNET-MS2(ポリプロピレン製)網目のサイズ:20×21mm
TNET-N29(高密度ポリエチレン)網目のサイズ:25×25mm


ポリエチレン製のものよりも。ポリプロピレン製のほうが、より軽量で剛性が高く
高温まで使用可能とのことなのですが、そんなに高温になる場所で使わないことと
MS1とMS2は、微妙にテカリがあって少し安っぽいのと
線が細めで、なおかつ、なんだか太いところと細いところがあるので
マットブラックで、均一にビシッと太くて、ブルックリンスタイル的な(?)
TNET-N29(高密度ポリエチレン)がいいかなーと思っております。




またなにかする気ね!
a0233917_1015144.jpg


トリカルネットは楽天でも売っていますが、楽天のトリカルネット
数十メートルの切り売りでお高いし「一般家庭でそんなにつかわなーい」と困ってしまうので
こちらのサイトで1mの切り売りで販売している、N29を買おうかなーと思います。
(タキロンとは合成樹脂製品を製造しているメーカー名のようです)



あさのひととき。
a0233917_10151176.jpg
なにかうまく作れましたらご報告いたします。



室内飼いの工夫 | 手作り・DIY | 猫の地震対策 | おすすめ猫用品 | 猫の食事 | 健康・治療 | 新猫合流 | 工事対策a0233917_15261575.png


掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく、当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので、他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。


by adachi_kogane | 2019-02-23 10:40 | 猫の室内飼いの工夫 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

ガラス繊維(グラスウール)の入っていないクッションフロア・チクチクしないクッションフロア

そんな商品があるんです。
a0233917_20124727.jpg
部屋のCF(クッションフロア・クッションシート)を重ね貼りしようかなーと調べていましたら
前回、DIYでの施工中に腕がチクチク痒くなったのは、ガラス繊維(グラスウール)のせいだとわかりました。

国産のCF(クッションフロア・クッションシート)には、シートの張りを保つため
過去の商品にも現在の商品にも、すべて、内部にガラス繊維が含まれている
とのことです。



シートの表面はコーティングされているので、
貼り終わったシートの表面からガラス繊維が新たに出てくるようなことはないそうですが
シートをカットした断面(や、古いものは裏面全体)からは、ガラス繊維が周囲に飛散するため
施工中に肌に刺さって、チクチクとした痛みや痒みが出ることが多いそうです。

古いクッションフロアを引き裂くように剥がしてしまった際などは、かなりの量が飛散するそうで
業者さんの間でも、古いクッションフロアを剥がす工事では「かなりチクチクするから長袖で」と、
覚悟してから現場に挑むというような話や、幼児では痛い痛いと泣いてしまうというような話もみかけます。

さらに、床面に飛散したガラス繊維は、自然に溶解するような性質のものではないので
施工後の念入りな水拭きなどで「濡れ雑巾に付着させて水道で洗い流す」などして除去するしかなく、
人体には(痒いだけで)害はないと言うものの、猫飼いとしては大変不安なところです。



猫の高齢化を考えると、今後の足腰のため
フローリングにCFを貼りたいと考えるかたは多いかと思います。

うちは、キューちゃんのダニアレルギーで、カーペットやコルクマット等では代用できず、
ベストなのはやっぱり、ダニが増えず、嘔吐の掃除もしやすいクッションフロア。
しかし、一方でポンコさまが器官が弱いので、ガラス繊維の飛散は絶対に困ります。

人体に害はなくても、猫は人間と違い、毎日身体中を舐めてグルーミングし、
床を歩いた足で顔や目の周りを念入りにこすります。

拭ききれなかったガラス繊維や、服や布に残ったガラス繊維のせいで、猫が結膜炎になったり、
デリケートな呼吸器を痛めてしまわないように、なんとか出来る限りの工夫をしたいところ。




そこで、ネットを鬼のように検索していた時に見つけた
1:(中略)剥がしたCFにガラスの細かいのが混ざっていたようだった。
最近のものは入っていないけど、古いものだと大体入っている。(中略)と書いてあったブログ。
2:三菱製紙のチクチクしないガラスペーパー的な記事。の2つを頼りに
「最近のCFにはガラス繊維が入っていないものが存在するのでしょうか?お取り扱いはありますか?」と
各小売店やインテリアメーカーに問い合わせました。

A小売店
クッションフロアに含まれますガラス繊維についてでございますが。製品の寸法安定のため、商品にはどうしても含まれているとのことでございます。以前の商品にも今の商品にも含まれております。直接肌に触る裏面にはなくても、中には含まれておりますため、カットの際に断面に触れることによりチクチク感があるかもしれません。

B小売店
現在取り扱いをしております国産メーカーでは、クッションフロア等の床材に、形を維持する為にガラス繊維が織り込まれております。通常表面には出ておりませんが、切った際に切り口に手が触れチクチク等感じられる方が稀にいらっしゃいます。当社で扱う商品は、アレルゲン物質や、人体に悪影響を及ぼす成分は一切含まれておりませんので、安心してお使い頂けますが、 猫への影響は「わからない」という回答になります。というのも人体への影響についての実験はしておりますが、ペットでの実験結果がない為、大変申し訳ございません。
「最近のクッションフロアには、ガラス繊維が入っていないものが存在するのか?」というご質問ですが、国内大手建材メーカーの商品では、ガラス繊維が入っていないものはございません。個人的な意見になりますが、弊社スタッフでも猫を飼っている者がおりますので、最初の施工時のガラス繊維は表面上取り除くことはできましても、猫ちゃんがクッションフロアで爪とぎをしてしまいますと、中のガラス繊維が出てきてしまいます。それを完璧に取り除くのは難しいかと思います。


Cインテリアメーカー
お問い合わせ頂いた、ガラス繊維が入っていないクッションフロアということですが、弊社で取り扱っているクッションフロアは全てガラス繊維が入っております。ただ、ガラス繊維の入った基材の上(表面)がコーティングされているので、表面からガラス繊維が出てくることは無いかと思います。

Dインテリアメーカー
CFのガラス繊維についてお調べしたところ、現行品のCFにも、裏面の不織布部分にガラス繊維が含まれております。施工後にしっかりと掃除&換気をして頂ければ、通常であれば、特に注意が必要というものではありません。(施工後、あとから新たに発生するものではありません。)ただ、器官の弱い猫を飼育されているとのことで、ご心配でしたら施工業者に事前にその旨を伝え、 換気や掃除を入念に行って頂く事で、よりリスクを低減できるかとは思います。



やっぱり、ガラス繊維が入っていない、猫に安全なクッションフロアなんて
そんな有り難いものはないのかー。と、悶々としていたところ!


サンゲツ
弊社で取り扱っている国産のCFは、全て裏面は不織布になっており、ガラス繊維が含まれます。
不織布を使用していないCFですと、品番が限定されてしまいますが
店舗向けCFのなかで海外製の輸入品があり、そちらでしたら不織布は使用されていません。
店舗向けですので住宅向けとは仕様が異なりますが(厚み、強度、価格など)
住宅に施工していただくこと自体は問題ないと考えられます。
住宅向けCFと同じく「Hフロア」という見本帳に掲載しております。
WEB上のデジタルブックからもご確認いただけますので、よろしければご覧いただければと思います。




国産のCF(クッションフロア・クッションシート)には、全てガラス繊維が入っている。

しかし

海外製のCF(クッションフロア・クッションシート)には、
ガラス繊維が入っていないものがある!!!!!!



サンゲツ
ブラボー!!!!!!



サンゲツのクッションフロアの中で
・CMで始まる品番の店舗用クッションフロアかつ
・海外製のもの(MADE IN BELGIUM、LUXEMBOURG、GERMANYのもの)が、
ガラス繊維の入っていない安全なクッションフロアではないかと思われます。

以下にリンクを掲載いたしますが
CMで始まる品番でも、国産のものも混じっており、そちらはガラス繊維入りだと思いますし、
私が間違っている場合もありますので、購入の際は必ず、サンプル等を取り寄せたり
お店やメーカーに質問したりして、ガラス繊維の有無はご自身できちんとご確認くださいね。
a0233917_5371325.jpg






【サンゲツ・店舗用クッションフロア】オリエントタイル(ベージュ系)CM-1201
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】オリエントタイル(ブラウン系)CM-1202

a0233917_2111185.jpg



【サンゲツ・店舗用クッションフロア】リアルワイドオーク(グレー系)CM-1203
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】リアルワイドオーク(ブラウン系)CM-1204

a0233917_21113249.jpg



【サンゲツ・店舗用クッションフロア】アンティーク(ホワイト系)CM-1205
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】アンティーク(ダーク系)CM-1206

a0233917_21121094.jpg



【サンゲツ・店舗用クッションフロア】ラフソーン CM-1207

a0233917_2112194.jpg



【サンゲツ・店舗用クッションフロア】サイザルクラフト(ベージュ系)CM-1210
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】サイザルクラフト(グレー系)CM-1211

a0233917_21122950.jpg



【サンゲツ・店舗用クッションフロア】キューブ(イエロー系)CM-1212
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】キューブ(グレー系)CM-1213

a0233917_21123647.jpg



【サンゲツ・店舗用クッションフロア】ペイントウッド(ブラウン系)CM-1214
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】ペイントウッド(ブルー&ホワイト系)CM-1215
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】チョークドオーク CM-1216

a0233917_21124591.jpg



【サンゲツ・店舗用クッションフロア】チェッカープレート CM-1238
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】コンクリート CM-1239
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】ブラックスレート CM-1240

a0233917_21125242.jpg



【サンゲツ・店舗用クッションフロア】ナチュラルタイル CM-1241
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】サンドストーン CM-1242
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】フラッグストーンCM-1243

a0233917_2113171.jpg


上記のクッションフロアは、壁紙屋本舗の商品ページから、1枚37円でA4サイズのサンプルが申込みできて
メール便で送ってもらえますので、実物を取り寄せて、柄を比較したり、ホントにチクチクしないか確認ができます。
a0233917_20124459.jpg
a0233917_20124331.jpg
わたしが取り寄せてみたものは、幸いどれもチクチクしなかったので
なるほど本当にガラス繊維なしなんだなーととても嬉しく思いました。
国産の通常のCFに比べて、土足に耐えられる厚みがあって、幅も2mあるところも有り難いです。

ただ、リアル加工が裏目に出て、このように↓まるで猫の爪研ぎのように表面がザラザラしている柄もあり
そちらだと、あっというまに爪研ぎの餌食になってしまう(泣)と思われますので、ご注意ください。
a0233917_1463548.jpg
ラフソーンと、チョークドオークはやばい。Mさんも表面を撫でた瞬間「これは研ぐね」と言っていた。
ペイントウッドもザラザラしているので、うーん。どうだろうって感じ。
リアルワイドオークは、比較的のっぺりしていて爪研ぎ被害を避けられるかもです。



キューちゃんどれがいい?
a0233917_20124025.jpg
キューぜんぶ好きだよ!



室内飼いの工夫 | 手作り・DIY | 猫の地震対策 | おすすめ猫用品 | 猫の食事 | 健康・治療 | 新猫合流 | 工事対策a0233917_15261575.png


掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく、当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので、他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。


by adachi_kogane | 2018-08-14 22:06 | 猫の室内飼いの工夫 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

【猫の室内飼いの工夫】猫の骨折予防で取っ手を変更

ぽんこたちがケガをしないように、かいぜんがひつようだわ。

a0233917_4125570.jpg
先日、これまで盲点だった、チェスト引き出しの取っ手の危険に気がつくことができましたので
チェストの引き出しを、猫の足が挟まりやすい取っ手から、シンプルなツマミに改良することにしました。


東急ハンズにツマミ類を見に行きましたが、地味にボディブローなお値段です。
さらに、取っ手を外した穴が16個空いておりますので、ツマミは16個必要なのですが
同種16個の在庫がある商品は店頭にはありませんでした。

a0233917_4125376.jpg
とりあえず店頭に並んでいる商品を吟味しましたところ
チェストや、チェストを置いている周りの家具とのマッチングから
色はシルバーか黒を選ぶしかなく、他の色ではツマミだけ不自然に浮いてしまいますので
店頭にある商品の中では、消去法でこれ↓ということになります。

a0233917_4125045.jpg
しかし、1個237円。
237円×16個=3,792円
消費税を入れると、実に4,000円近い金額になってしまいます。

チェスト自体が1万円くらいのお安いものなので、
1万円のチェストに4,000円のツマミをつけるなんてモヤモヤ。

今日買って帰って、さっさと付けちゃいたかったけど、在庫が16個無いし無理だなー。
ネットでもっと安いものを探して、後日取り寄せるかなー・・・と思いつつ
ほかに代用できるパーツはないものかと売り場をあちこち漁りながら、
長時間、挙動不審で店内をうろつく怪しいわたくし。

いや、これでいいんじゃないの?

a0233917_4124821.jpg
ようするに、引き出しを引き出す時に持てるとっかかりがあればいいだけで
元々入っていたねじより長いねじを突っ込んで固定して、それをツマミにしたらいいんじゃないの?

元のねじは直径がM4の太さでしたが、ドリル穴が大きめで若干グラグラしていたので
ワンサイズでかいM5のねじでもギリギリ入るはず。むしろギッチリ固定できて都合がいいかも。
と考えてこちらを買いました。4本入りなので4袋買いました。
134円×4袋(16個)=536円



ようするにこうしたかった↓のです。

a0233917_4124349.jpg
ブラボー!

予測通りギチギチでうまく入りましたので
自分がつまめる範囲で、できるだけ出っ張りが短くなるようにねじこみます。
またねじの先端も、なべ式で丸まったなめらか形状のものですので、
猫も人間も、これに触れて皮膚が切れるというようなこともそうそうないと思われます。

ネジ穴がギチギチなので、固定パーツ類はなくても大丈夫そうだったのですが
ねんのため、内部を付属の六角ナットで固定して、強く引っ張ってもねじが抜けないようにしました。

a0233917_4124016.jpg

16個付けてみました!
ブラボー!遠目では違和感なし!

a0233917_4123718.jpg
思いかげずファイバーボックス(茶色い箱)のリベットとマッチして、心配したよりヘンではありません。

ていうかあれだ。スチームパンクスチームパンク。
スチームパンクになった!!!


・・・・・・。スチームパンクになってないとおもうわ。

a0233917_4123242.jpg
ポンコさま冷たいおことば。



近くで見ると、まあネジなんですが、片手でも問題なく開け閉めできて、わたしはこれでいいです。

a0233917_4123039.jpg
これなら猫の足がはまるところがないので、骨折は予防できるかなと思います。


スッキリしました。

a0233917_4123584.jpga0233917_4122739.jpg
こうやって並べてみると、前の大きな取っ手は、登り下りの時に視界にチラついて
さぞかし邪魔だったことでしょうね・・・。
猫たちも、足がはまらないよう気を付けて登り下りしていたのかなと思うと
今まで気がつかず、本当に申し訳なかったです・・・。



室内飼いの工夫 | 手作り・DIY | 猫の地震対策 | おすすめ猫用品 | 猫の食事 | 健康・治療 | 新猫合流 | 工事対策a0233917_15261575.png


掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく、当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので、他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。


by adachi_kogane | 2017-11-05 05:35 | 猫の室内飼いの工夫 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

秋のはじまり

職場の植物が怪奇な形になってきました。

a0233917_20183197.jpg
うーん。UFOキャッチャーのつかむやつ。



寒くなってきましたね。

a0233917_20182839.jpg
もぐりキューちゃん。

a0233917_20182864.jpg
キューとポンコのカゴベッドの中身はこの要領でセットしています。
→【猫の室内飼いの工夫】猫の夏用ベッド・大福もちに改良

夏は木綿や麻の布で、冬は毛布でくるむと全季節に対応可能です。
洗濯も簡単になるので、ゲロ対策にもなかなかおすすめです。



ポンコ様は意外と寒さに強いです。

a0233917_20182572.jpg
ぽんこは東北のジャングルガールよ!!!



室内飼いの工夫 | 手作り・DIY | 猫の地震対策 | おすすめ猫用品 | 猫の食事 | 健康・治療 | 新猫合流 | 工事対策a0233917_15261575.png

by adachi_kogane | 2017-09-28 20:32 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ


困り顔の猫キューと超ポンコ 身近なもので工夫する古い賃貸住宅の猫暮らし


猫の室内飼いの工夫
身近なものを利用した猫設備や
防音・騒音対策など


手作り・DIY
女性1人で完成できる
簡単でやさしいDIY


猫の地震対策
1人暮らしの飼い主と猫のための
地震・災害・停電対策


おすすめ猫用品
通信販売で買える便利で
かわいいネコグッズ

Living with cat
ちょっぴりシュールで甘さ控えめ
チャリティーネコグッズ




先住猫と新入り猫の合流の記録


工事の騒音から猫を守る工夫

登場猫困り顔のネコキュー メス こわがりでおとなしい性格ながらも、おもちゃやねこじゃらしには大興奮。
びっくりキュー トトロ猫

ポンコちゃん メス 福島県浪江町で震災約1年後に保護された被災猫。我慢強いジャングルガール。
ぽんことたべもの ハッスル

保護時8~10歳 メス、2011年6月永眠。カゴでお昼寝が好き。何事にも動じない強い猫でした。

保護時生後約3週間 メス、公園で行き倒れ、保護した当日にNさん宅の子になれた運の強い子猫です。

カテゴリ

日々の暮らし
猫の室内飼いの工夫
おすすめ猫用品
猫と引っ越し
健康・治療
食事
猫以外の話題
応援&ご紹介
事件簿
Living with cat
当コンテンツについて
メディア取材について

タグ

(468)
(384)
(76)
(44)
(43)
(39)
(34)
(31)
(29)
(26)
(21)
(19)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(9)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

検索

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...

フォロー中のブログ

 ワニガメ生態研究所


記事の転載等について

当ブログは元々はリンクフリーであり、猫との生活のお役に立てる用途でしたら、リンクや転載については事前許可なしで構わなかったのですが、内容が改変されてまとめサイト等に転載される残念な事例が続きました。

営利目的での当コンテンツ(文章・画像・動画等)の無断使用・転載・改変等は固くお断りいたします。
非営利目的で記事をご紹介くださる場合は「賃貸ネコ暮らしからの転載」ということがわかる形で元記事のURLを併記してくださいますようお願い申し上げます。

→関連記事はこちら

取材はお受けしておりません

飼い猫に不要なストレスを与えたくないため、雑誌、キュレーションサイト等の各種メディアの取材はお断りいたしております。

「賃貸ネコ暮らし」は、猫を飼っているかたが、著者の経験と同じようなアクシデントに遭遇した時に、解決法のひとつとしていつでもご自由にご参照いただけるよう、無償で更新しているブログです。企業の営利目的での2次使用はご遠慮ください。

ブログ本体を無料で直接お読みいただくことでシンプルに完結している世界です。購読料金が必要な商業媒体に、ご仲介いただく必要はございません。


→関連記事はこちら