人気ブログランキング |

タグ:ご注意ください! ( 4 ) タグの人気記事

| 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

恐ろしいノミ取り薬

恐ろしい話なので、まずはお花の画像で・・・。
亡くなっている猫さんもいるので、ショックを受けそうなかたはご注意ください。
a0233917_346186.jpg


現在、Twitterで猫飼いさんを中心に、ものすごい勢いで拡散されているツイート
市販のノミ取り薬に大変危険なものがあるそうです。

a0233917_348436.png

猫のために良かれと思って購入したのに、
買わなければよかった、使用しなければ良かったと嘆いている飼い主さんも多く
以下のアマゾンのレビューを読んでいくと胸が痛いです。

アマゾンのレビュー:その1

アマゾンのレビュー:その2

わたしも会社の猫飼いさんに注意喚起しようと思います。
猫さんたちがかわいそうすぎる・・・。



室内飼いの工夫 | 手作り・DIY | 猫の地震対策 | おすすめ猫用品 | 猫の食事 | 健康・治療 | 新猫合流 | 工事対策a0233917_15261575.png

by adachi_kogane | 2018-10-30 03:55 | 事件簿 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

猫用のネズミのおもちゃが原因の、とんでもない誤飲事故

これ系の、ネコ用のねずみのおもちゃ、よくありますよね?
a0233917_182712.jpg

スーパーとかにも、このように、普通に売ってありますよね?
a0233917_182585.jpg
私も猫を飼い始めた当初は、安くて買いやすいし
猫もよく遊ぶしで、よく買っていたのですが

動物病院のブログの、とんでもない誤飲事故の記事に震え上がってからは
自宅のこれ系のネズミは全部破棄して、以降は買わないようにしました・・・。


転載許可をいただきましたので(患者の猫さんは無事です)ぜひとも読んでみてください・・・。
記事なかほどのお医者さんのイラストの後に、症例が記されています。

複数の異物が絡み合う腸閉塞、猫編/あいむ動物病院西船橋Blog
http://www.119.vc/aimblog/archives/3





これ系のねずみ、特にこの↓ミニサイズ版とかは、ほんとにひと飲みだと思います・・・。
a0233917_182048.jpg
誤飲事故の異物No.1が、これらのネズミのオモチャで
獣医さんのあいだでは、販売中止にしてほしいと言われるくらいとのことです。

本物のウサギの毛皮がついていて、内部のプラスチックもつぶれて変形して
はからずも、一息に飲み込みやすい感じになってしまうのかもしれませんね。


うちでは、ちょっとやそっとでは飲み込めないだろうこれはと思われるサイズの
IKEAのネズミに替えましたが、どっちにしろ注意したほうがよさそうなので
IKEAのネズミと言えども、ねずみの数が合っているかどうかちゃんと注意しようと思います。

a0233917_118277.jpg
みなさまもどうぞお気をつけください。

知らずに使っているお知り合いや「だいじょぶじゃね?」と使っているお知り合いがいらしたら
上記の病院ブログの記事を、ぜひ見てもらってください・・・(涙)




室内飼いの工夫 | 手作り・DIY | 猫の地震対策 | おすすめ猫用品 | 猫の食事 | 健康・治療 | 新猫合流 | 工事対策a0233917_15261575.png


掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく、当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので、他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。


by adachi_kogane | 2018-10-02 01:28 | 猫の室内飼いの工夫 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

猫のくしゃみや咳は香料や芳香剤が原因?

ポンコちゃん、へんな咳が出ていました。


気管が弱めのポンコは、冬になると咳が増えて咳のお薬をもらうことがありますが
最近、これまでにはないへんな咳を四六時中連発するようになっていました。

普通の咳やくしゃみは、フシュッ!という単発なのですが
今回始まった咳は、フシュフシュフシュフシュシュンフシュンフシュン!!!
という感じの、連続した長い咳で、くしゃみが繋がっているような激しい勢いでした。
それを1日に何度も連発していたのです。

a0233917_249823.jpg
室温やフードや排泄などは、これまで通りで変わったことはなかったのですが
唯一、最近、暮らしの中で積極的に取り入れはじめた習慣がありました。




これです。香料強めの入浴剤。

a0233917_249446.jpg
寒い日が続いたのと、肩凝りやストレスを和らげるのに
色々な香りのものをまとめ買いして、入浴時にほぼ毎晩使っておりました。

うわ!ぜったいこれだ!!!ポンちゃんごめんー。
と使用を中止したところ、ポンコの変な咳は3〜4日程度でケロッとおさまりました。
まさしく入浴剤の香りが原因だったようです。

猫の咳や、猫のくしゃみは、香料や芳香剤が身近な原因のひとつかもしれません。





猫の肝臓は、精油の一部の成分を解毒できず、アロマテラピーに使用される
精油やエッセンシャルオイルが非常に危険ということはよく聞くので

・猫がいる家でアロマをたくと命にかかわる!? 獣医師が解説

・アナスタシア ー猫の里親さん探しー




精油はもちろん、絶対に自宅には持ち込まず

a0233917_24925.jpg




部屋に常に漂うことになる、アロマ的な芳香剤も置かないように気をつけていたつもりでしたが

a0233917_248592.jpg




入浴剤のことは、盲点としてあまり注意を払っておりませんでした。
使うのが入浴時だけでも、部屋に漂う香りは相当きついです。ポンコごめんよー・・・。

a0233917_2485827.jpg




きつい香りといえば、トイレのスタンプ方式のクリーナーも相当なレベルです。
これはたまに買うことがありましたが、この機会にすっぱり購入をやめました。

a0233917_248522.jpg




それと強烈なフレグランス系の洗濯洗剤。こちらは、私自身が頭が痛くなってしまうので
自宅で使用したことはありませんでしたが、今後もうちで使うことはないでしょう。

a0233917_2485461.jpg




そういった目で見ると呆れてしまうのが、アロマティックを謳うペット用品。
「なめても安心」と書かれているものが多いですが、ポンコのように香りに拒絶反応を起こす猫もいるし
「ペットにアロマ使っていいんだ」と間違った認識を持ってしまうので、やめてほしいところです。

a0233917_248519.jpga0233917_355887.jpg
a0233917_248478.jpg
至近距離で成分を吸い込んだり、舐めてしまう「香料つき猫砂」にいたっては、
ポンコには絶対使用できない、嫌な感じの商品です・・・。




そんなわけで、わたくしの入浴剤は、フレグランス系から海のあらじおに(笑)。
原料が「塩化ナトリウム」ではなく、「海水」の塩浴は、温まるし心にもいいって美輪さんが言ってた!

a0233917_2484590.jpg




そしてこの機会に、食器用洗剤も無香料のヤシノミ洗剤に変更。

a0233917_2484218.jpg




洗濯洗剤はずっとコレ。
フレグランス系洗剤よりは香り控えめだけど、これも変えるか現在検討中です。

a0233917_2484137.jpg




やれやれだわ。

a0233917_3363255.jpg
ごめんねポンちゃん。きをつけるね。




室内飼いの工夫 | 手作り・DIY | 猫の地震対策 | おすすめ猫用品 | 猫の食事 | 健康・治療 | 新猫合流 | 工事対策a0233917_22173068.jpg


掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく、当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので、他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。


by adachi_kogane | 2017-03-13 03:51 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

超音波式加湿器から拡散されるカルシウム・マグネシウム

乾燥の季節になりました。
昨年までは洗濯物の室内干しなどでしのいでおりましたが
ちゃんと加湿器を買うことにいたしました。

a0233917_18184829.jpg加湿器には、気化式、スチーム式
超音波式、ハイブリッド式など
色々種類があるようですが、手入れが簡単で
熱くならない安全なものがいいかなと思い
超音波式の加湿器を買いました。

チロルチョコみたいな可愛い加湿器で
お値段もお手頃(4000円くらい)。

お手入れも簡単なので
大喜びで使用しはじめましたが
添付の説明書に気になる一文を見つけました。


↓写真中央 水道水に含まれるミネラル分(カルシウム、マグネシウムなど)が
霧と共に空気中に放出され、水分が気化した後、白い粉状になって室内に拡散されます。


a0233917_18184690.jpg
カルシウムやマグネシウムは、たしか、猫の尿石症の原因などでよく聞く成分で
過剰摂取しないよう気をつけないといけなかったのでは?



でも、まだ買ったばかりだし、猫に影響のない量だったとしたら
あまり神経質にならなくてもいいのかなと思ったのですが
注意して見ると、ピカピカに拭いておいたテレビにも
2〜3日で白い粉が積もっています。

a0233917_18184414.jpg
a0233917_1818434.jpga0233917_18184015.jpg
人体には無害と書いてありましたが、猫は体が小さいし
一日中この部屋にいて、何度も体や足の裏を舐めてグルーミングします。
体に降り積もるカルシウムやマグネシウムを舐め続けていて問題はないのかと思い、
加湿器のメーカーと、獣医師によるペット相談にそれぞれ問い合わせてみました。


獣医師のペット相談では
やはり、カルシウムやマグネシウムの過剰摂取は良くないということで
通常の飲み水としての水道水程度ならば、健康に影響はないけれど
粉状に析出したミネラル分を舐めたりしての過剰摂取は、健康に影響があるかもしれない。
カルシウムの過剰摂取では、シュウ酸カルシウム尿石症や、発育障害
甲状腺機能の低下、骨の形成異常。
マグネシウムの過剰摂取では、ストルバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)尿石症
などの可能性があるとのことでした。

ただ、加湿器の機種や水質等にもよるので一概には言えない。
ミネラル分を含まない蒸留水や純水などを使用したり
フィルターなどで拡散する成分を減らすことが出来るかもしれないので
メーカーに直接問い合わせてみては? ということでした。


また、メーカーでは
各水道局の水の成分などの情報がないので、詳しい回答はできないけれど
今回の超音波加湿器にはフィルター等はついていないので
薬局などの蒸留水を使用すれば、ミネラル分の心配はなくなる。とのことでした。



薬局で蒸留水を見てきたところ、500mlで100円くらいでした。
加湿器では、一日に3リットルくらい使うので、水代を考えると
超音波式加湿器+蒸留水というのはあまり現実的ではないかなと思います。

加湿器は一年中使うわけではなく
また「猫には危険」などと取り上げられている様子がないことから
もしかするとそれほど問題ではないのかもしれませんが
自分が気持ちよく使うことができないので、大変残念ですが
今回の加湿器は今後自宅では使用しない予定です。
猫飼いのかたで加湿器の導入を考えておられる場合は
超音波式加湿器は避けられたほうがいいかもわかりません。

キューちゃんはアレルギーのこともあるので
この機会に(お高いですが・・・)プラズマクラスターなど
加湿機能付き空気清浄機について調べてみようかと思っております。

プラズマクラスターもまた、猫コロナウィルスを不活性化できたり
ハウスダストが除去できるので健康に良いという見解と
逆に、綺麗な環境に慣れすぎると免疫力が低下するから
普通に加湿と換気が良いという見解があり、判断がむずかしいことです。






掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。
内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく
当ブログの情報を利用した結果については一切の責任を負いません。
最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので
他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。









by adachi_kogane | 2011-12-14 20:10 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ


困り顔の猫キューと超ポンコ 身近なもので工夫する古い賃貸住宅の猫暮らし


猫の室内飼いの工夫
身近なものを利用した猫設備や
防音・騒音対策など


手作り・DIY
女性1人で完成できる
簡単でやさしいDIY


猫の地震対策
1人暮らしの飼い主と猫のための
地震・災害・停電対策


おすすめ猫用品
通信販売で買える便利で
かわいいネコグッズ

Living with cat
ちょっぴりシュールで甘さ控えめ
チャリティーネコグッズ




先住猫と新入り猫の合流の記録


工事の騒音から猫を守る工夫

登場猫困り顔のネコキュー メス こわがりでおとなしい性格ながらも、おもちゃやねこじゃらしには大興奮。
びっくりキュー トトロ猫

ポンコちゃん メス 福島県浪江町で震災約1年後に保護された被災猫。我慢強いジャングルガール。
ぽんことたべもの ハッスル

保護時8~10歳 メス、2011年6月永眠。カゴでお昼寝が好き。何事にも動じない強い猫でした。

保護時生後約3週間 メス、公園で行き倒れ、保護した当日にNさん宅の子になれた運の強い子猫です。

カテゴリ

日々の暮らし
猫の室内飼いの工夫
おすすめ猫用品
猫と引っ越し
健康・治療
食事
猫以外の話題
応援&ご紹介
事件簿
Living with cat
当コンテンツについて
メディア取材について

タグ

(470)
(391)
(77)
(44)
(43)
(41)
(34)
(31)
(30)
(26)
(23)
(19)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(9)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

検索

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
more...

フォロー中のブログ

 ワニガメ生態研究所


記事の転載等について

当ブログは元々はリンクフリーであり、猫との生活のお役に立てる用途でしたら、リンクや転載については事前許可なしで構わなかったのですが、内容が改変されてまとめサイト等に転載される残念な事例が続きました。

営利目的での当コンテンツ(文章・画像・動画等)の無断使用・転載・改変等は固くお断りいたします。
非営利目的で記事をご紹介くださる場合は「賃貸ネコ暮らしからの転載」ということがわかる形で元記事のURLを併記してくださいますようお願い申し上げます。

→関連記事はこちら

取材はお受けしておりません

飼い猫に不要なストレスを与えたくないため、雑誌、キュレーションサイト等の各種メディアの取材はお断りいたしております。

「賃貸ネコ暮らし」は、猫を飼っているかたが、著者の経験と同じようなアクシデントに遭遇した時に、解決法のひとつとしていつでもご自由にご参照いただけるよう、無償で更新しているブログです。企業の営利目的での2次使用はご遠慮ください。

ブログ本体を無料で直接お読みいただくことでシンプルに完結している世界です。購読料金が必要な商業媒体に、ご仲介いただく必要はございません。


→関連記事はこちら