ガラス繊維(グラスウール)の入っていないクッションフロア・チクチクしないクッションフロア

そんな商品があるんです。
a0233917_20124727.jpg
部屋のCF(クッションフロア・クッションシート)を重ね貼りしようかなーと調べていましたら
前回、DIYでの施工中に腕がチクチク痒くなったのは、ガラス繊維(グラスウール)のせいだとわかりました。

国産のCF(クッションフロア・クッションシート)には、シートの張りを保つため
過去の商品にも現在の商品にも、すべて、内部にガラス繊維が含まれている
とのことです。



シートの表面はコーティングされているので、
貼り終わったシートの表面からガラス繊維が新たに出てくるようなことはないそうですが
シートをカットした断面(や、古いものは裏面全体)からは、ガラス繊維が周囲に飛散するため
施工中に肌に刺さって、チクチクとした痛みや痒みが出ることが多いそうです。

古いクッションフロアを引き裂くように剥がしてしまった際などは、かなりの量が飛散するそうで
業者さんの間でも、古いクッションフロアを剥がす工事では「かなりチクチクするから長袖で」と、
覚悟してから現場に挑むというような話や、幼児では痛い痛いと泣いてしまうというような話もみかけます。

さらに、床面に飛散したガラス繊維は、自然に溶解するような性質のものではないので
施工後の念入りな水拭きなどで「濡れ雑巾に付着させて水道で洗い流す」などして除去するしかなく、
人体には(痒いだけで)害はないと言うものの、猫飼いとしては大変不安なところです。



猫の高齢化を考えると、今後の足腰のため
フローリングにCFを貼りたいと考えるかたは多いかと思います。

うちは、キューちゃんのダニアレルギーで、カーペットやコルクマット等では代用できず、
ベストなのはやっぱり、ダニが増えず、嘔吐の掃除もしやすいクッションフロア。
しかし、一方でポンコさまが器官が弱いので、ガラス繊維の飛散は絶対に困ります。

人体に害はなくても、猫は人間と違い、毎日身体中を舐めてグルーミングし、
床を歩いた足で顔や目の周りを念入りにこすります。

拭ききれなかったガラス繊維や、服や布に残ったガラス繊維のせいで、猫が結膜炎になったり、
デリケートな呼吸器を痛めてしまわないように、なんとか出来る限りの工夫をしたいところ。




そこで、ネットを鬼のように検索していた時に見つけた
1:(中略)剥がしたCFにガラスの細かいのが混ざっていたようだった。
最近のものは入っていないけど、古いものだと大体入っている。(中略)と書いてあったブログ。
2:三菱製紙のチクチクしないガラスペーパー的な記事。の2つを頼りに
「最近のCFにはガラス繊維が入っていないものが存在するのでしょうか?お取り扱いはありますか?」と
各小売店やインテリアメーカーに問い合わせました。

A小売店
クッションフロアに含まれますガラス繊維についてでございますが。製品の寸法安定のため、商品にはどうしても含まれているとのことでございます。以前の商品にも今の商品にも含まれております。直接肌に触る裏面にはなくても、中には含まれておりますため、カットの際に断面に触れることによりチクチク感があるかもしれません。

B小売店
現在取り扱いをしております国産メーカーでは、クッションフロア等の床材に、形を維持する為にガラス繊維が織り込まれております。通常表面には出ておりませんが、切った際に切り口に手が触れチクチク等感じられる方が稀にいらっしゃいます。当社で扱う商品は、アレルゲン物質や、人体に悪影響を及ぼす成分は一切含まれておりませんので、安心してお使い頂けますが、 猫への影響は「わからない」という回答になります。というのも人体への影響についての実験はしておりますが、ペットでの実験結果がない為、大変申し訳ございません。
「最近のクッションフロアには、ガラス繊維が入っていないものが存在するのか?」というご質問ですが、国内大手建材メーカーの商品では、ガラス繊維が入っていないものはございません。個人的な意見になりますが、弊社スタッフでも猫を飼っている者がおりますので、最初の施工時のガラス繊維は表面上取り除くことはできましても、猫ちゃんがクッションフロアで爪とぎをしてしまいますと、中のガラス繊維が出てきてしまいます。それを完璧に取り除くのは難しいかと思います。


Cインテリアメーカー
お問い合わせ頂いた、ガラス繊維が入っていないクッションフロアということですが、弊社で取り扱っているクッションフロアは全てガラス繊維が入っております。ただ、ガラス繊維の入った基材の上(表面)がコーティングされているので、表面からガラス繊維が出てくることは無いかと思います。

Dインテリアメーカー
CFのガラス繊維についてお調べしたところ、現行品のCFにも、裏面の不織布部分にガラス繊維が含まれております。施工後にしっかりと掃除&換気をして頂ければ、通常であれば、特に注意が必要というものではありません。(施工後、あとから新たに発生するものではありません。)ただ、器官の弱い猫を飼育されているとのことで、ご心配でしたら施工業者に事前にその旨を伝え、 換気や掃除を入念に行って頂く事で、よりリスクを低減できるかとは思います。



やっぱり、ガラス繊維が入っていない、猫に安全なクッションフロアなんて
そんな有り難いものはないのかー。と、悶々としていたところ!


サンゲツ
弊社で取り扱っている国産のCFは、全て裏面は不織布になっており、ガラス繊維が含まれます。
不織布を使用していないCFですと、品番が限定されてしまいますが
店舗向けCFのなかで海外製の輸入品があり、そちらでしたら不織布は使用されていません。
店舗向けですので住宅向けとは仕様が異なりますが(厚み、強度、価格など)
住宅に施工していただくこと自体は問題ないと考えられます。
住宅向けCFと同じく「Hフロア」という見本帳に掲載しております。
WEB上のデジタルブックからもご確認いただけますので、よろしければご覧いただければと思います。




国産のCF(クッションフロア・クッションシート)には、全てガラス繊維が入っている。

しかし

海外製のCF(クッションフロア・クッションシート)には、
ガラス繊維が入っていないものがある!!!!!!



サンゲツ
ブラボー!!!!!!



サンゲツのクッションフロアの中で
・CMで始まる品番の店舗用クッションフロアかつ
・海外製のもの(MADE IN BELGIUM、LUXEMBOURG、GERMANYのもの)が、
ガラス繊維の入っていない安全なクッションフロアではないかと思われます。

以下にリンクを掲載いたしますが
CMで始まる品番でも、国産のものも混じっており、そちらはガラス繊維入りだと思いますし、
私が間違っている場合もありますので、購入の際は必ず、サンプル等を取り寄せたり
お店やメーカーに質問したりして、ガラス繊維の有無はご自身できちんとご確認くださいね。




【サンゲツ・店舗用クッションフロア】オリエントタイル(ベージュ系)CM-1201
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】オリエントタイル(ブラウン系)CM-1202

a0233917_2111185.jpg



【サンゲツ・店舗用クッションフロア】リアルワイドオーク(グレー系)CM-1203
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】リアルワイドオーク(ブラウン系)CM-1204

a0233917_21113249.jpg



【サンゲツ・店舗用クッションフロア】アンティーク(ホワイト系)CM-1205
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】アンティーク(ダーク系)CM-1206

a0233917_21121094.jpg



【サンゲツ・店舗用クッションフロア】ラフソーン CM-1207

a0233917_2112194.jpg



【サンゲツ・店舗用クッションフロア】サイザルクラフト(ベージュ系)CM-1210
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】サイザルクラフト(グレー系)CM-1211

a0233917_21122950.jpg



【サンゲツ・店舗用クッションフロア】キューブ(イエロー系)CM-1212
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】キューブ(グレー系)CM-1213

a0233917_21123647.jpg



【サンゲツ・店舗用クッションフロア】ペイントウッド(ブラウン系)CM-1214
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】ペイントウッド(ブルー&ホワイト系)CM-1215
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】チョークドオーク CM-1216

a0233917_21124591.jpg



【サンゲツ・店舗用クッションフロア】チェッカープレート CM-1238
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】コンクリート CM-1239
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】ブラックスレート CM-1240

a0233917_21125242.jpg



【サンゲツ・店舗用クッションフロア】ナチュラルタイル CM-1241
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】サンドストーン CM-1242
【サンゲツ・店舗用クッションフロア】フラッグストーンCM-1243

a0233917_2113171.jpg


上記のクッションフロアは、壁紙屋本舗の商品ページから、1枚37円でA4サイズのサンプルが申込みできて
メール便で送ってもらえますので、実物を取り寄せて、柄を比較したり、ホントにチクチクしないか確認ができます。
a0233917_20124459.jpg
a0233917_20124331.jpg
わたしが取り寄せてみたものは、幸いどれもチクチクしなかったので
なるほど本当にガラス繊維なしなんだなーととても嬉しく思いました。
国産の通常のCFに比べて、土足に耐えられる厚みがあって、幅も2mあるところも有り難いです。

ただ、リアル加工が裏目に出て、このように↓まるで猫の爪研ぎのように表面がザラザラしている柄もあり
そちらだと、あっというまに爪研ぎの餌食になってしまう(泣)と思われますので、ご注意ください。
a0233917_1463548.jpg
ラフソーンと、チョークドオークはやばい。Mさんも表面を撫でた瞬間「これは研ぐね」と言っていた。
ペイントウッドもザラザラしているので、うーん。どうだろうって感じ。
リアルワイドオークは、比較的のっぺりしていて爪研ぎ被害を避けられるかもです。



キューちゃんどれがいい?
a0233917_20124025.jpg
キューぜんぶ好きだよ!



室内飼いの工夫 | 手作り・DIY | 猫の地震対策 | おすすめ猫用品 | 猫の食事 | 健康・治療 | 新猫合流 | 工事対策a0233917_15261575.png


掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく、当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので、他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。


by adachi_kogane | 2018-08-14 22:06 | 猫の室内飼いの工夫 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ


困り顔の猫キューと超ポンコ 身近なもので工夫する古い賃貸住宅の猫暮らし


猫の室内飼いの工夫
身近なものを利用した猫設備や
防音・騒音対策など


手作り・DIY
女性1人で完成できる
簡単でやさしいDIY


猫の地震対策
1人暮らしの飼い主と猫のための
地震・災害・停電対策


おすすめ猫用品
通信販売で買える便利で
かわいいネコグッズ

Living with cat
ちょっぴりシュールで甘さ控えめ
チャリティーネコグッズ




先住猫と新入り猫の合流の記録


工事の騒音から猫を守る工夫

登場猫困り顔のネコキュー メス こわがりでおとなしい性格ながらも、おもちゃやねこじゃらしには大興奮。
びっくりキュー トトロ猫

ポンコちゃん メス 福島県浪江町で震災約1年後に保護された被災猫。我慢強いジャングルガール。
ぽんことたべもの ハッスル

保護時8~10歳 メス、2011年6月永眠。カゴでお昼寝が好き。何事にも動じない強い猫でした。

保護時生後約3週間 メス、公園で行き倒れ、保護した当日にNさん宅の子になれた運の強い子猫です。

カテゴリ

日々の暮らし
猫の室内飼いの工夫
おすすめ猫用品
健康・治療
食事
猫以外の話題
応援&ご紹介
事件簿
Living with cat
当コンテンツについて
メディア取材について

タグ

(451)
(369)
(75)
(45)
(44)
(41)
(33)
(30)
(28)
(27)
(19)
(14)
(13)
(12)
(12)
(9)
(7)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)

検索

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

フォロー中のブログ

 ワニガメ生態研究所


記事の転載等について

当ブログは元々はリンクフリーであり、猫との生活のお役に立てる用途でしたら、リンクや転載については事前許可なしで構わなかったのですが、内容が改変されてまとめサイト等に転載される残念な事例が続きました。

営利目的での当コンテンツ(文章・画像・動画等)の無断使用・転載・改変等は固くお断りいたします。
非営利目的で記事をご紹介くださる場合は「賃貸ネコ暮らしからの転載」ということがわかる形で元記事のURLを併記してくださいますようお願い申し上げます。

→関連記事はこちら

取材はお受けしておりません

飼い猫に不要なストレスを与えたくないため、雑誌、キュレーションサイト等の各種メディアの取材はお断りいたしております。

「賃貸ネコ暮らし」は、猫を飼っているかたが、著者の経験と同じようなアクシデントに遭遇した時に、解決法のひとつとしていつでもご自由にご参照いただけるよう、無償で更新しているブログです。企業の営利目的での2次使用はご遠慮ください。

ブログ本体を無料で直接お読みいただくことでシンプルに完結している世界です。購読料金が必要な商業媒体に、ご仲介いただく必要はございません。


→関連記事はこちら