近年まれにみるキトキトディナー事件

お正月らしく華やかな話題をと思ったのですが、華やかさに欠ける生活を送っておりますので
これまでで一番キトキトに緊張し、そして一番笑ったディナーの詳細をお届けします。

過日、もろもろをかねて、旧部署のメンバーでお食事に行こうということになり
私が強引に、普段まったく縁のないオシャレな創作料理のレストランを予約した時のことです。

元上司の「オメーが決めると、なにかしら外すんだよなー・・・」の不安的中。

a0233917_233963.jpg

レストラン(というかトラットリア)は想像以上にオシャレベルが高く、
料理のジャンルは「イノベーティブ・フュージョン」(!)私たち以外のお客様は全てオシャレディ。
普段から、メンチカツがー!アジフライがー!とか言っている私たちは
入店時に既に場違いを感じ取って、席についてもキトキトしつつ、言葉少なめ。
とりあえず、固まりながら記念ピース。

a0233917_2334840.jpg
でっかい元上司と、新人ちゃんと、同僚。写真を撮っているのが私です。

英語のメニュー(!)を渡されて、四苦八苦しながらなんとか飲み物を注文。
そして、前菜が来た時点で、緊張感がマックス。

a0233917_2333436.jpg
なにかしらのお野菜と、なにかしらを揚げたもの(詳細覚えてなくてすみません・・・)を
お皿の左上、揚げ物の下に見える穴の中に突っ込んで、中に入っているソースをつけながら食べるという
難易度の高い前菜なのです。

a0233917_2333240.jpg
慣れない手つきでフォークに刺した食材を、落とさないように穴に突っ込んで
ソースをつけて引き上げようと四苦八苦する4名。しょっぱなから無言状態です(笑)


次は、まな板のようなプレートの上で、さらにシャベルのような金属板に乗せられて
しずしずと運ばれてきた野菜料理。泡を吹いているものはメレンゲのソースということです。

a0233917_23325926.jpg


ここで、おわかりいただけますでしょうか。
ごらんのように、木のプレートの右側には何も乗せられていなかったので
私はそのまま質問してしまいました。「ここの右側にはあとでなにかが乗るんですか?」

a0233917_23325642.jpg


「いえ、このお料理はこういった盛り付けでございます」

こ、こういった盛り付け!!! なんと!!!

しまった、恥ずかしいことを聞いてしまった!とカルチャーショックを受けている私に
一気に緊張が解けた同僚たちが、笑いながら業務用語でかぶせて来ます。

「ホワイトスペース!」「ここはホワイトスペースなんですよ!」
「余白を活かした、ゆったりとしたレイアウト」「空いたところは鳥の羽根」「シズル感」
うるさいよシズル感は関係ないでしょと言いながら、ようやく普段の調子になって
自分たちなりにお料理を楽しむことができるようになりました。




そして、UFOのような、金魚鉢のようなガラスの器に入ったお野菜のサラダ。
これだけでもめずらしくてオシャレなお野菜なのですが、

a0233917_23325473.jpg

液体窒素で-192度に瞬間冷却したというドレッシングをかけて、もくもくさせる演出に一同ビックリ。

a0233917_23325085.jpg


次は、カカオの蓋の上にとうもろこしが乗った不思議なお料理です。
カカオを崩して下に落とすと、中にスイートコーン風味の魚貝系のお料理が入っています。

a0233917_23324855.jpg


ここまでで、それぞれのお皿がとてもこじんまりとしていて、量が少なめなので
早食いで大食いの同僚は足りてるのかな。大丈夫かな。失敗したかな。と心配しましたが
合間合間におすすめされる自家製の焼きたてパンが、これがびっくりするくらいおいしくて
なんというか、ういろう的なモチモチのパンで、色々な味が来るため何個も食べてしまうことと
お料理とお料理の間に間隔が空くので、同僚も予想外に満腹になったそうでほっとしました。

a0233917_23324544.jpg


そして、さらなる余白を活かした盛り付けの、なにかしらのお料理。(詳細わからずすみません)
お野菜は全て産地直送とのことで、ソース類も珍しい味も多くてとてもおいしいのです。

a0233917_23324366.jpg


さて、今回一番話題となった一皿が登場です。
「本日のパスタでございます」「本日は蕎麦粉のパスタでございます」
と運ばれて来たお皿ですが・・・

どうみてもこれは、サザエでございます。

???となっていると「どうぞ、サザエを開けてみてください」

a0233917_23324011.jpg


じゃーん。パスタ登場!!!

a0233917_23323714.jpg
サザエは蓋かー!!!
そして少な!!!

それぞれ自分のサザエを開けて驚愕する面々。

a0233917_23323565.jpg
蕎麦粉のパスタはすごくしっかりとしていて、クリーミーで、とてもおいしかったのですが
いかんせん量がお上品すぎて「フォークに一巻きで終わっちゃいました!」と新人ちゃん。
でもトータルのバランスで見ると、ここでパスタが多かったら最後まで食べきれないのかもです。


次もまた、不思議で綺麗なお料理。お野菜がアーティスティックです。
中央のガラスの器をどけると、中にもまたソース的なものが入っているのです。

a0233917_23323232.jpg


そして、メインディッシュは、鴨のスモーク。
スモーク専用のお皿にチップが入っていて、実際にもくもくしながら出てくるという演出です。
こちらも、お肉はもちろんですが、お野菜がとてもおいしかったです。

a0233917_23323013.jpg
最後にシャーベット系のデザートとコーヒーで2.5〜3時間のコースが終了。
一時はどうなることかと思ったぜ!と席を立ったあとに、追い討ちアクシデント。

緊張して飲み物を頼みすぎていたため、予算が大幅にオーバー。
しかも、クレジットカードは使えないお店だったということがその時に発覚し
その日お金持ちだった同僚が立て替えてくれることになり、慌ててガサゴソ。
レジ前でジタバタあわあわする、最後までキトキトの私たちでした。



まったくはずかしいわね。それでもぽんこの飼い主のつもり。もっとちゃんとしたら。

a0233917_23322727.jpg
ポンコと元上司同僚のクレームにもめげず(優しい新人ちゃんは、おいしかったですよ!と気遣ってくれました(涙))
またイノベーティブ・フュージョンに行こうぜ!と言って、呆れられているわたくしです。



室内飼いの工夫 | 手作り・DIY | 猫の地震対策 | おすすめ猫用品 | 猫の食事 | 健康・治療 | 新猫合流 | 大規模修繕工事対策a0233917_22173068.jpg

by adachi_kogane | 2017-01-03 01:31 | 猫以外の話題 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ


困り顔の猫キューと超ポンコ 身近なもので工夫する古い賃貸住宅の猫暮らし


猫の室内飼いの工夫
身近なものを利用した猫設備や
防音・騒音対策など


手作り・DIY
女性1人で完成できる
簡単でやさしいDIY


猫の地震対策
1人暮らしの飼い主と猫のための
地震・災害・停電対策


おすすめ猫用品
通信販売で買える便利で
かわいいネコグッズ

Living with cat
ちょっぴりシュールで甘さ控えめ
チャリティーネコグッズ




先住猫と新入り猫の合流の記録


工事の騒音から猫を守る工夫

登場猫困り顔のネコキュー メス こわがりでおとなしい性格ながらも、おもちゃやねこじゃらしには大興奮。
びっくりキュー トトロ猫

ポンコちゃん メス 福島県浪江町で震災約1年後に保護された被災猫。我慢強いジャングルガール。
ぽんことたべもの ハッスル

保護時8~10歳 メス、2011年6月永眠。カゴでお昼寝が好き。何事にも動じない強い猫でした。

保護時生後約3週間 メス、公園で行き倒れ、保護した当日にNさん宅の子になれた運の強い子猫です。

カテゴリ

日々の暮らし
猫の室内飼いの工夫
おすすめ猫用品
健康・治療
食事
猫以外の話題
応援&ご紹介
事件簿
Living with cat
当コンテンツについて
メディア取材について

タグ

(451)
(369)
(75)
(45)
(44)
(41)
(33)
(30)
(28)
(27)
(19)
(14)
(13)
(12)
(12)
(9)
(7)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)

検索

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

フォロー中のブログ

 ワニガメ生態研究所


記事の転載等について

当ブログは元々はリンクフリーであり、猫との生活のお役に立てる用途でしたら、リンクや転載については事前許可なしで構わなかったのですが、内容が改変されてまとめサイト等に転載される残念な事例が続きました。

営利目的での当コンテンツ(文章・画像・動画等)の無断使用・転載・改変等は固くお断りいたします。
非営利目的で記事をご紹介くださる場合は「賃貸ネコ暮らしからの転載」ということがわかる形で元記事のURLを併記してくださいますようお願い申し上げます。

→関連記事はこちら

取材はお受けしておりません

飼い猫に不要なストレスを与えたくないため、雑誌、キュレーションサイト等の各種メディアの取材はお断りいたしております。

「賃貸ネコ暮らし」は、猫を飼っているかたが、著者の経験と同じようなアクシデントに遭遇した時に、解決法のひとつとしていつでもご自由にご参照いただけるよう、無償で更新しているブログです。企業の営利目的での2次使用はご遠慮ください。

ブログ本体を無料で直接お読みいただくことでシンプルに完結している世界です。購読料金が必要な商業媒体に、ご仲介いただく必要はございません。


→関連記事はこちら