カテゴリ:健康・治療( 49 )

| 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

キュー通院

キューさん、ハリポタ医院に通院。
フンに白いなにかが混じっていたので、条虫かなと思い、念のため。


むむむ。

a0233917_2037688.jpg
キャリー苦手なキューさんかたまっています。

病院でもへらべったくなって診察台に貼り付いていました。
ハリポタ医院は、先生も助手のかたも猫の扱いに慣れていて
よそで大暴れしたマロちゃんも、別猫のように大人しくしていたり
それぞれの猫の状態にあわせた無理のない治療を勧めてくださるので
とてもありがたく、とても心強い医院です。

病院では、レボリューションとプロフェンダーをしてもらいました。

a0233917_20365556.jpg
薬のところ毛がぬれているキューさん。
刺激臭が強いので、薬の吸収が終わる2時間がたってから
濡れ温タオルで拭いておきましたが
ちょっとしょぼくれています。

a0233917_20362840.jpgあと、リーバスリーというお薬を購入しました。
1日1〜2回、猫の口の中にしゅーとすると
歯周病を予防できるそうです。

キューさん、手術の時に歯石も取って
歯石のあった所が歯肉炎になっていたので
歯周病予防できればと思った次第です。
ペットサイトなどでは、歯磨き推奨なのですが
元野良の成猫の歯磨きはなかなか難しいと思うので
簡単にケアできるお薬は助かります。
医院では他よりも少しお安く購入できて
1本で4カ月くらい使えるそうです。

明日からしゅーとしてみます。




by adachi_kogane | 2012-01-22 21:15 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

縫合箇所ぎりぎりセーフでした

日曜日にキューちゃん抜糸でした。結果は、カラーなしでぎりぎりセーフ!
心配してくださった皆様、マロちゃん、ねこさん、猫の神様、ありがとうございました!!!


日曜の朝、なんとなく不穏なキューちゃん。

a0233917_14195766.jpg
・・・・・・・・・。

a0233917_14195564.jpg
キューちゃんは
キャリーも病院も大の苦手なので
通院をさとられないよう、数日前から
さりげなく準備しておきます。

当日は、さりげなく服を着替えて
寝ているキューちゃんをさっと抱き上げ
一気にキャリーにIN!

・・・のはずが、部屋に入ると
キューちゃん猫ベッドにおらず
すでに人間ベッド下に篭城中。

・・・どうしてわかるのでしょうか。

a0233917_14195033.jpg結局、なだめすかして出てきたところを
今度こそ猛然とキャリーにIN。

嫌がって飛び出ようとするところを
ぎゅうぎゅう押し込んで蓋をしました。

最初はフニャフニャ鳴いておりましたが
自宅を出て駅につくと、周囲の騒音に沈黙。

キャリーの中ではいつもキトキトになって
固まってしまい、キャリーから出すと
足の裏が汗びっしょりなので
かわいそうなのですが
病院へは行かなければなりません。
a0233917_14194723.jpgちなみに、キャリーはハードのものと
こちらのソフトキャリーを使っています。
両面ファスナーで、ちょっとだけ開けて
手を入れて、中の猫を撫でられるので
電車の中では時々撫でています。



キャリーの中でかたまっているようす。
・・・・・・・・・。

今回の病院はかかりつけではないので
電車に乗って1時間かかります。
キューちゃんがんばろう。
キューちゃんがんばろう。

病院では、幸いなことに傷は開いていなかったので、そのまま抜糸となりましたが
溶ける糸で縫合してあったので、実は、口の内側の糸は全部溶けてしまっており
外側の糸も3本切れていたとのことで、ぎりぎりセーフな感じでした。
なー!糸が切れていたなんて!私は毎日いったい何を見ていたのかー!と
非常に自己嫌悪で反省いたしました・・・。
キューちゃん、ちゃんと見てあげられてなくてごめんね・・・。

カラーなしで傷が開かなかったのは、本当に運がよくて
本当に誰かが助けてくれたんだと思いました。
傷が開いていたら、また全身麻酔して手術やり直しと聞いていたので、本当によかったです。

キューちゃんは抜糸中も固まっていて(糸を抜く時に一度だけ「んー」と言いましたが)
とても大人しく、処置後は自分から一目散にキャリーに逃げ込んでうずくまっていました。
傷跡から少し血が出ておりましたが、すぐに治まるとのことで
今後は、顎の骨が固まるまで、1ヵ月〜3ヵ月くらい注意して過ごし
6ヵ月後に再度レントゲンを撮って、顎部分が溶けたりしていないか検査とのことです。


a0233917_14194533.jpg自宅に到着してすぐ。

キャリーからキョロキョロと調べています。

キューちゃん大丈夫だよ。
もうしばらく行かなくていいよー。

このあとは一目散に人間ベッド下に逃げ込み
しばらくすると出て来て部屋をパトロール。
部屋がいつもと同じと安心すると
のびして爪研ぎをしてゴロゴロ。

ふと押し入れを見上げて
キャリーが干してあるのをみつけ
押し入れに飛び上がっております。


こんなところにさっきのいやなものが!

a0233917_14194128.jpg


これに入れられた!
これに!今日!

a0233917_14193933.jpg
もうしばらく行きませんよー。
大丈夫よー。




by adachi_kogane | 2011-12-19 15:17 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

縫合箇所と毛糸のポンポン

キューちゃん落ち着いてきたのか
人間ベッドと猫ベッドを行き来するようになりました。

a0233917_13205820.jpg
毎朝と夜に傷が開いていないかそっとチェックします。
埋もれているところごめんなさいよー。


ムニー。やめて。

a0233917_132112100.jpg


a0233917_13213140.jpg縫合箇所こんな感じです。
口の先から顎のほうへ
への字に2cmくらい切っています。

私は素人なので
本当はよくわからないのですが
前回もこんな感じの状態で
傷は開いていないとのことだったのと
傷が開くともっと中が見えるとのことで
大丈夫なんだろうと思います。

口の近くなのでピンクの箇所もあり
素人目にはなかなかむずかしいです。


a0233917_13214380.jpg手術後すぐには、夜寝ようとしたら
キューちゃんがいた場所のシーツに
血のしみがあり、傷が開いたのかと思って
動転して夜間病院に電話もしたのですが
湿っていて、少しくっつきにくい場所なので
唾液と一緒に血がしみ出ることも多く
傷が開いたわけではないと思いますよと
とても丁寧に教えていただき安心しました。

血だけ見るとちょっとびっくりしますが
同じ治療される方がいらしたら
なにかご参考になれば・・・。



そして、先日の記事のキューちゃんのストレス発散用に
ガジガジ噛んでも大丈夫そうな毛糸のポンポンを買ってきました。

a0233917_13215012.jpg
毛足が長くて、中のほうに芯がちょっとだけなので
ガジガジ噛んでも、普通のおもちゃよりも口や顎に負担が少ないと思います。
オカダヤなどの手芸屋さんで一個100円〜200円くらいで売っています。
「毛糸 ポンポン 作り方」で検索すると作り方が沢山出て来ますので、
余っている毛糸などで手作りでもいいと思います。

キューちゃんはちいこい黒いのがお気に入りです。
最初は大ハッスル、しばらくすると飽きてしまいましたが
前の猫じゃらしはどこ?という顔をしていますが、当分はこれで遊びます。

※ガジガジ好きの猫さんだと、ポンポンの糸を引き抜いて
分解バラバラにして遊んでしまうことがあります。
抜けた糸を食べてしまうと、腸閉塞などの恐れがありますので
糸を引き抜くようすがある場合は、毛糸のポンポンを与えるのはやめてください。






by adachi_kogane | 2011-12-14 22:50 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

超音波式加湿器から拡散されるカルシウム・マグネシウム

乾燥の季節になりました。
昨年までは洗濯物の室内干しなどでしのいでおりましたが
ちゃんと加湿器を買うことにいたしました。

a0233917_18184829.jpg加湿器には、気化式、スチーム式
超音波式、ハイブリッド式など
色々種類があるようですが、手入れが簡単で
熱くならない安全なものがいいかなと思い
超音波式の加湿器を買いました。

チロルチョコみたいな可愛い加湿器で
お値段もお手頃(4000円くらい)。

お手入れも簡単なので
大喜びで使用しはじめましたが
添付の説明書に気になる一文を見つけました。


↓写真中央 水道水に含まれるミネラル分(カルシウム、マグネシウムなど)が
霧と共に空気中に放出され、水分が気化した後、白い粉状になって室内に拡散されます。


a0233917_18184690.jpg
カルシウムやマグネシウムは、たしか、猫の尿石症の原因などでよく聞く成分で
過剰摂取しないよう気をつけないといけなかったのでは?



でも、まだ買ったばかりだし、猫に影響のない量だったとしたら
あまり神経質にならなくてもいいのかなと思ったのですが
注意して見ると、ピカピカに拭いておいたテレビにも
2〜3日で白い粉が積もっています。

a0233917_18184414.jpg
a0233917_1818434.jpga0233917_18184015.jpg
人体には無害と書いてありましたが、猫は体が小さいし
一日中この部屋にいて、何度も体や足の裏を舐めてグルーミングします。
体に降り積もるカルシウムやマグネシウムを舐め続けていて問題はないのかと思い、
加湿器のメーカーと、獣医師によるペット相談にそれぞれ問い合わせてみました。


獣医師のペット相談では
やはり、カルシウムやマグネシウムの過剰摂取は良くないということで
通常の飲み水としての水道水程度ならば、健康に影響はないけれど
粉状に析出したミネラル分を舐めたりしての過剰摂取は、健康に影響があるかもしれない。
カルシウムの過剰摂取では、シュウ酸カルシウム尿石症や、発育障害
甲状腺機能の低下、骨の形成異常。
マグネシウムの過剰摂取では、ストルバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)尿石症
などの可能性があるとのことでした。

ただ、加湿器の機種や水質等にもよるので一概には言えない。
ミネラル分を含まない蒸留水や純水などを使用したり
フィルターなどで拡散する成分を減らすことが出来るかもしれないので
メーカーに直接問い合わせてみては? ということでした。


また、メーカーでは
各水道局の水の成分などの情報がないので、詳しい回答はできないけれど
今回の超音波加湿器にはフィルター等はついていないので
薬局などの蒸留水を使用すれば、ミネラル分の心配はなくなる。とのことでした。



薬局で蒸留水を見てきたところ、500mlで100円くらいでした。
加湿器では、一日に3リットルくらい使うので、水代を考えると
超音波式加湿器+蒸留水というのはあまり現実的ではないかなと思います。

加湿器は一年中使うわけではなく
また「猫には危険」などと取り上げられている様子がないことから
もしかするとそれほど問題ではないのかもしれませんが
自分が気持ちよく使うことができないので、大変残念ですが
今回の加湿器は今後自宅では使用しない予定です。
猫飼いのかたで加湿器の導入を考えておられる場合は
超音波式加湿器は避けられたほうがいいかもわかりません。

キューちゃんはアレルギーのこともあるので
この機会に(お高いですが・・・)プラズマクラスターなど
加湿機能付き空気清浄機について調べてみようかと思っております。

プラズマクラスターもまた、猫コロナウィルスを不活性化できたり
ハウスダストが除去できるので健康に良いという見解と
逆に、綺麗な環境に慣れすぎると免疫力が低下するから
普通に加湿と換気が良いという見解があり、判断がむずかしいことです。






掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。
内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく
当ブログの情報を利用した結果については一切の責任を負いません。
最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので
他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。









by adachi_kogane | 2011-12-14 20:10 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

ガジガジしたいキュー

キューちゃん
7日の通院では、傷は開いていないとのことで少しほっとしました。
最初は、縫合の傷が塞がるのに1週間。骨がくっつくのに1ヵ月とのことでしたが
7日には、縫合の傷が塞がるのは2週間。骨がくっつくのに3ヵ月という指示で
まだまだ油断できないキューちゃんです。

しかし、本人は爆発寸前のようす。

これまでは、毎晩30分〜1時間くらい
猫じゃらしで大運動会をしていたキューちゃん。

手術から1週間まったく遊んでもらえなかったので
昨日くらいから、明け方に一人で部屋中をずどどどどどどどどどどどどと走りまわり
猫タワーにものすごい勢いで駆け上がり、家具にジャンプしてすどーんと着地。
あちこちの家具の隙間に、ものすごい勢いで手をつっこみまくって大興奮しています。

キューちゃんは(大嫌いな)エリザベスカラーをつけた時も大暴れでした。
手術後の一番大事な、一番安静にしていてほしい時に
大暴れして、息を切らしてゼイゼイへたりこみ、しかし復活するとまた飛び回り
ケージに入れても、ケージの中でめちゃくちゃに跳ね回り
しまいには、猫ハウスや毛布をガジガジ食いちぎって食べ始めてしまい
tanaさんにせっかく教えていただいた「カラーに慣れるまでの3〜4日」の前に
顎をだめにしてしまいそうという暴れっぷりで、やむを得ずカラーなしになったのですが
今度は、遊べないストレスで爆発寸前のようです。

キューちゃんは見た感じ、どでーんとしていて
もの静かでおっとりどんくさい感じの印象なのですが
まだ若いからか、体の奥にエネルギーがありあまっているようで
夜や明け方は、動画が撮れないくらいの弾丸ダッシュや大ジャンプをして
勢い余って壁に激突したり、ベッドから転げ落ちてしまうような猫さんです・・・。



手術前、健康な時になんとか撮った動画2つ。

床の猫じゃらしを捕まえるだけでも
勢いがありすぎて何故か前転してしまいます。





また、遊ばないで放っておくと
人には見えないエアじゃらし(・・・)を追いかけて
ひとりでハッスルしてしまいます。





獣医では【ガジガジ噛むことや、顎を何かにぶつけること厳禁】とのことで
この1週間は、なるべく安静にしてくれるよう、全く遊ばないでいたのですが
今後は、このまま遊ばないストレスを溜めさせて
コントロール不可能な大爆発になるよりは
加減しながら遊んで、少しずつストレス発散していくほうが、たぶん安全だと思うので
なるべく安静な遊ばせ方を検索しております。

昨日は術後はじめて、廊下で少しだけ猫じゃらしを追いかける遊びをしました。
(一般的に猫さんは、猫じゃらしを【追いかけて】【つかまえて】
やったー!と【ガジガジ噛んで】満足するらしいのですが)
ガジガジ厳禁なので、猫じゃらしをつかまえた瞬間に
するっと抜いてしまうことを繰り返しておりましたら
「ガジガジ噛めない!ガジガジ噛む!ガジガジ噛む!」という様子で
干してある洗濯物の所へ行って、洗濯物にガジガジ噛み付いて
引きずり落とそうとするようになってしまい、顎がまだくっついていないのにうーむです。

猫じゃらしをするっと抜く遊びの後に、柔らかい毛糸のボールを渡して
ふにゃふにゃ噛ませたら満足してくれないかなーと模索中です。
おとなしめの遊ばせ方などご存知のかたがいらっしゃいましたら
ご教授いただけますと嬉しいです。


ベロしまいわすれのキュー。

a0233917_13135539.jpg

あなたベロだしてる場合じゃないよ。




by adachi_kogane | 2011-12-12 00:13 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

キュー術後経過

寝てばかりのキューちゃん。
今、一生懸命回復中です。

a0233917_1957319.jpg

キューちゃんの口は、縫合の傷が塞がるまで一週間で
顎の骨が完全にくっつくまでは一カ月かかるということで
まず、最初の一週間をカラーなしで、傷が開かずに過ごせるかが問題です。

昨日の通院では、傷は開いていないようでしたが
『開いたらしょうがない。手術やり直しだね』という言葉が重く
しかも、飼い主が会社を一週間ずっと休む訳には行かないので
帰宅して傷や顎が大変なことになっていたらと考えると死にそうです。
なるべく休みを取れるよう交渉中です。

手術日と翌日は、ストレスからか、ご飯どころではないようで
また(暴れ中の粗相以外は)糞と尿も出なくて、へんな咳もするし
尿毒症が心配で、明け方にtanaさんに泣きの留守電を入れてしまいましたが
直後にやっと一回だけおしっこをしてくれました。

またご飯は、流動食か、ウェットフードか
どろどろにふやかしたドライフードという指示で
通常のカリカリが食べられるのは2〜3週間以降ということで
あれこれ用意してみましたが、ウェットを指先で一度ペロっとなめただけで
全然食べてくれず、点滴か強制給餌かということになりはじめ
しかし『口の縫合や顎の心配があるので、口を無理やり開くのはよくない』
という事情もあり、絶望的になっておりました。
ところ
昨日の夜から、キューちゃんがいつもの餌置場にジャンプして
お皿の中が流動食や缶詰だと、がっかりして戻って来る様子があったので
もしかしてと思い、思いきっていつものカリカリをいつもの量置いてみたら
戸惑いながらも数粒食べてくれました。そこで、以前にちゅうさんが
「ブーちゃんこれ好きでしたよー」と教えてくださった
銀のスプーン三ツ星グルメをあげるとやっとポリポリ食べてくれました!
獣医でも、できればウェットのほうがいいけど
カリカリを食べるなら、何も食べないよりはいいとのことで
こちらも様子を見つつです。

猫の神様。
キューちゃんの傷が開きませんように。
猫の神様。
猫の神様。
猫の神様。



by adachi_kogane | 2011-12-05 17:43 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

キュー手術

12月3日の手術が予想より大きな手術になり
色々アクシデント中です。

可哀想ですが、今日、明日も通院なので
くっついていてあげようと思います。

簡単に
当初は、多発性吸収病巣という病気だろうとの事でしたが
レントゲンを撮ると、実は犬歯が埋伏歯という状態になっていて
顎の骨の中で団子状に固まって腫瘍っぽく見えるとのことで
埋まっている歯を削り、人工の骨のようなものを入れて
唇から顎にかけて縫合している状態です。

手術では、顎の左右を繋いでいる所を、限界まで削っていて
衝撃で顎がバラバラになる恐れもあるとのことで、戦々恐々です。

キューちゃんは、エリザベスカラーを着けると
パニックになって飛び跳ね回り、壁や床に激突しながら暴れまくるので
その衝撃で顎が割れる可能性があり
でも、エリザベスカラーを外すと、今度はみづくろいなどで
縫合箇所が裂ける可能性があるとのことで
着けても着けなくてもどっちでも危険という微妙な状態です。

帰宅後は、案の定、暴れまくって跳ね回り
カラーのストレスからか、周りのものを噛みちぎろうと
縫合した口で布などくわえてひっぱりまくっていて
カラーをつけた状態のほうが危険では?という感じになってきました。

様子をみていたところ、夜中に自分でカラーを外してしまい
外れたあとはおとなしくリラックスしているようなので
傷口の様子をみながら、今日病院でまた相談してこようと思います。

a0233917_13425750.jpg

お水だけ飲んで、布団の中でずっと飼い主にくっついています。


マロちゃん、亡くなった猫さん達
どうかキューちゃんを守ってください。




by adachi_kogane | 2011-12-04 13:44 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

アレルギーキュー

昨日はそうとう疲れたのかへんなところで爆睡のキューでした。

a0233917_101118100.jpg
キューちゃんアレルギーは
症状を抑える飲み薬が、歯の治療と平行できないので
治療開始まで、思い当たることを一つずつ変えて
キューちゃんの様子を見ようかと思っています。

また、マロちゃんは投薬しやすい猫さんでしたが
キューちゃんは全力で嫌がり、逃げ回るので、できれば症状を抑える薬でなく
根本のアレルゲンの特定・除去ができればいいなと思いますが
複合的な原因かもしれず、すぐ解決しないかなと思います。

とりあえずまず思いあたることとしては

・猫砂パインウッド(針葉樹にアレルギーのある動物がいるそうなので)
・床材クッションフロア(施工時にシート裏面で自分がかゆかゆになったので)
・新家具の接着剤など(ベッド・棚・ソファ・猫ポール等新しく買ったものがあるので)
・衣類用防虫剤など(引き出しや押し入れに普通に使用しているので)
・家庭用洗剤(洗濯洗剤・食器洗剤など普通に使用しているので)
・ハウスダスト(掃除は毎日ですが、家自体が古くプラズマクラスター等も検討)
・布団(なかなか干せないので)

また、獣医さんでは「食物アレルギーではなさそう」とのことでしたが

・キャットフード(ウエット嫌いでドライばかり食べるので)
・猫草(毛玉を吐きもせず、いつもものすごい食べるので)
・酵素納豆菌(消化酵素のサプリですが、大豆製品なので)

など、とりあえずはまず、すごく気になる
猫砂を替えて様子を見ようかと思います。




by adachi_kogane | 2011-11-27 10:23 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

キュー病院

キューちゃん12月に歯の手術になりました。

少し遠い病院で、電車の時間が長くキトキトになってしまい
キャリーから出すと、足裏に汗びっしょりでかわいそうですが
直してもらうためにがんばります。

歯の骨の手術になりそうで
保険に入っておいてよかったです。

a0233917_2112196.jpg
保険証の写真。
左側はちょっとかわいすぎたので、いつもの顔の右側のほうにしました。


また、頭を一日に50回くらい振ったり、耳を掻いたりするので
こちらも見ていただいたところアレルギーだろうとのことでした。
歯が終わったらアレルギー治療です。

マロちゃんの時もでしたが
猫さんが病気になるのはとても可哀想ですががんばります。






by adachi_kogane | 2011-11-26 15:14 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ


困り顔の猫キューと超ポンコ 身近なもので工夫する古い賃貸住宅の猫暮らし


猫の室内飼いの工夫
身近なものを利用した猫設備や
防音・騒音対策など


手作り・DIY
女性1人で完成できる
簡単でやさしいDIY


猫の地震対策
1人暮らしの飼い主と猫のための
地震・災害・停電対策


おすすめ猫用品
通信販売で買える便利で
かわいいネコグッズ

Living with cat
ちょっぴりシュールで甘さ控えめ
チャリティーネコグッズ




先住猫と新入り猫の合流の記録


工事の騒音から猫を守る工夫

登場猫困り顔のネコキュー メス こわがりでおとなしい性格ながらも、おもちゃやねこじゃらしには大興奮。
びっくりキュー トトロ猫

ポンコちゃん メス 福島県浪江町で震災約1年後に保護された被災猫。我慢強いジャングルガール。
ぽんことたべもの ハッスル

保護時8~10歳 メス、2011年6月永眠。カゴでお昼寝が好き。何事にも動じない強い猫でした。

保護時生後約3週間 メス、公園で行き倒れ、保護した当日にNさん宅の子になれた運の強い子猫です。

カテゴリ

日々の暮らし
猫の室内飼いの工夫
おすすめ猫用品
健康・治療
食事
猫以外の話題
応援&ご紹介
事件簿
Living with cat

タグ

(400)
(323)
(60)
(42)
(32)
(28)
(27)
(26)
(17)
(15)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(7)
(7)
(5)
(5)

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

 ワニガメ生態研究所


※当ブログは元々はリンクフリーであり、猫との生活のお役に立てるという用途でしたら、リンクや転載については事前許可なしで構わなかったのですが、内容が改変されてまとめサイト等に転載されるという残念な事例が続きました。

※営利目的での当サイトのコンテンツ(文章・画像・動画等)の無断使用・転載・改変等は固くお断りいたします。

※非営利目的にて記事をご紹介いただく場合は「賃貸ネコ暮らしからの転載」という記述と、元記事のURLを併記してくださいますようお願い申し上げます。