カテゴリ:健康・治療( 49 )

| 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

ポンコドライフード食べました!!!

ポンコ。再抜歯から、かつおぶし→スープ→ちゅーる→やわらかい缶詰→缶詰
を食べられるようになり、ふやかしたドライフードまで来ておりましたが
固いフードも食べられるようになりました!

a0233917_2091758.jpg
これまではバリバリ音をさせて食べていたのですが
バリバリ音がほとんど聞こえないので、上手に丸呑みしているのかもしれません。
強い強いポンコポンコ。がんばりました。



こちらは、ポンコばっかり心配していたら、若干しょぼくれ気味のキューちゃん。

a0233917_209159.jpg
キューちゃんは、ポンコのおしょうばんにあずかりました。
かつおぶしをもらいました。





by adachi_kogane | 2015-10-19 20:17 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

ちょっとずつ

a0233917_17134744.jpg
ポンコ。いか味のちゅーるを2本食べられました。

a0233917_17134580.jpg
爪とぎもできるようになりました。

a0233917_17134290.jpg
ドライフードはまだ食べられませんが
キューちゃんのお皿のドライフードを
鼻でフンフンしながらコロコロころがしたりしています。

ちょっとずつちょっとずつ。



by adachi_kogane | 2015-10-15 17:18 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

ポンコ再抜歯手術終了

ポンコ、2度目の抜歯手術終わりました。

a0233917_23445660.jpg
当日はお昼12時頃から手術なので、前夜0時頃に最後のご飯。以降は絶食。
お水は朝6時頃に最後のスープ。以降は絶水。
このあたりは前回の抜歯手術時と同じ要領です。


ペット保険をやめておりましたので、貯めていた猫貯金から手術代を準備して病院へ。
ジョブズ先生には、事前に私一人で通院して症状の説明をしておりました。


こちらが、事前に先生にお渡ししておいた症状説明メモ。

a0233917_23445363.jpg


手術当日にも手書きメモ。

a0233917_23445152.jpg
私が口頭説明がへたくそなことと、休み明けなどは先生が超多忙ということから
状況が一目で分かるように、病院へ行く時は大抵このようなメモを用意します。

病院では絶対にアワアワしてしまい、説明不足や伝え間違いなどが起こりやすいので
自宅で落ち着いた状態で、気になることを漏らさずに書き記すようにしております。
病院によっては、患者の独自メモ類を嫌がられる先生もおられるのですが(・・・)
ジョブズ先生はいつもニコニコ受け取ってくださって(今回は絵にウケておられた)
目を通されたあとも、カルテと一緒に保管していてくださるので有り難いです。



そして、ポンコは通院の時は、いつも洗濯ネットに入れてキャリーに入れるのですが
今回は飛び出している犬歯が洗濯ネットの網目にひっかかりそうで
移動中に歯がへんなふうに抜けたり折れたりする危険性があるなと思い
洗濯ネットなしでソフトキャリーに入れましたところ、キャリー内で自由に動けるため
キャリーの蓋をめがけて、ポンコ延々と怒濤の頭突き。

キューちゃんも同じソフトキャリーを使うのですが
キューちゃんはキャリーから出ようとする素振りはない(というか固まっている)ので、
まさかポンコが頭突き攻撃して来るとは思わず、キャリーを包む風呂敷類もなかったので
フタが開かないか、キャリーが破れないか、道中はひやひやしっぱなしでした。

「歯がひっかかりそうなので、本日は洗濯ネットなしで入れて来ました」
「キャリーはそうそう壊れないと思いますが、暴れて飛び出すかもしれません」と
説明してポンコを病院に預け、万一逃げたらどうしよう、万一死んだらどうしようと
緊張と不安でフラフラしながら一時帰宅。


帰って来た時のために、柔らか系のウェットフードを各種用意。

a0233917_2344491.jpg


ついでと念のために、とても細かくてソフトなタイプのかつおぶしも用意。
こちらを用意しておいたことがあとでとても助かることになります。

a0233917_23443361.jpg
ご注意:かつおぶしは結石の原因になるミネラルが多いので、普段は与えないほうが良い食べ物です。

 
じりじりしながら待機。時間が来て、キトキトしながらポンコの受け取りに再来院。
先日は病院でボランティアのKさんに出会いましたが、今回はMさんがいらしていて
「ポンコの歯がー」「だいじょうぶだよー」
「麻酔から覚めなかったらー」「だいじょうぶだよー」
「今生の別れだったらー」「健康な猫でしょー」と、話しながら受け取りまでキットキト。

ポンコは無事に手術が終わり(涙)やっぱり駄目になっていた歯が多く
右の犬歯と別の1本、合計2本だけ残して、ほかは全部抜歯したとのことでした。
痛み止めや化膿止め等の注射もしてあるので、今日からご飯をあげて大丈夫。
ポンコキャリーを抱えて診察待ちのMさんに突撃。
「生きてたー!!!」「だからだいじょうぶだってー!!!」

飼い主は大変な時ほど笑顔でいなければいけないのですが
手術ともなると、今生の別れも覚悟して死人のような悲愴な状態で通院となります。
やっぱり万一のことがある麻酔が怖いので
今回も無事に目覚めてくれて、山場を越えたとやっと一安心。
ポンコは強いからご飯は大丈夫だろうと「おうちにかえろうかえろう」と帰宅。



戻ったポンコ。

a0233917_23444222.jpg
口まわりに固まった血がこびりついていて、ペットシーツにも血痕。
口内も血だらけのようですが、前回の血痕よりは控えめの印象です。

a0233917_23444058.jpg


また、いつもだったら通院後はおふとんのかまくらに籠るところが
帰宅直後も動画のような状況で、おふとんに籠ることもなく、すぐに歩き回っておしっこ。
麻酔で腰が抜けた状態のままで、いつものベッドに大ジャンプするような元気もあり
今回は精神的なダメージが少なそうと胸を撫で下ろしました。






ところが、
ご飯が食べられません。

前回は手術後すぐにウェットフードを2食ペロリと完食して
ほどなくドライフードもバリバリ。ポンコつよいつよいと感嘆したので、
てっきり今回もすぐに復活するだろうと思っていたのですが、ようすがちがいます。

帰宅後すぐにパウチを用意していると、足元でごはんごはんとウロウロし
ウェットフードをもらう定位置でいつも通りに待機しているので、一番やわらかいパウチを出すと
お皿に顔を近づけて中身をじっと見るのですが、フードに口がつけられません。
何度もお皿に近づいてはあきらめ、また近づいてはあきらめ。

a0233917_2344289.jpg

なに?!っと不安に思い、フードを変えてみましたが
どれもお皿に顔を近づけるところまでは出来るのですが、フードに口がつけられません。
スープも。水もだめ。

a0233917_2344309.jpg
おなかもすいていて、喉も乾いていて、食べたい気持ちは見えるのですが、口がつけられない。
前回は同じ状況でがつがつ食べられたのに。これは、今まさに口内が痛いという原因以上に
「フードを口に入れたら痛かった」という記憶が大きな原因なんじゃないかと悶々。

ご飯周りの状況をこれまでと変えれば、再トライしてくれるかもしれないと
時間をかけて、フードを替え、場所を替え、お皿を替え、思いつくことを試してみてもだめ。
どんな時も頑張ってご飯を食べて来たあのポンコが! スープひとなめもできないとは!

ショックを受けながら、チラッと頭をかすめたのが、ついでに買っておいたかつおぶし。
この細かくてふわふわソフトなかつおぶしなら、匂いは強く、口当たりは最小限なんじゃないか。
これまで食べたことがない形状だし。と思い、まずはかつおぶしだけを小皿で出してみました。

フンフン調べていたポンコ。
全私待望のペロっとひとなめをした瞬間、頭を強く振り、2本足で伸び上がって立ち上がり
両手で口まわりをあわわあわわと掻いて、すごすごと自分のベッドに帰ってしまいました。
だめか!痛かったか!失敗か!と大ショックを受けましたが、だめだどうしようと
とりあえずキューちゃんのドライフードを用意していると、また近くに寄って来ます。

ウエット各種とかつおぶしを並べると、やっぱりかつおぶしに集中して匂いを嗅いでいるので
今度はスープの上にかつおぶしを山盛りにしてみました。

a0233917_2344217.jpg
少しの音や気配でびくっとご飯をあきらめてしまうので
ポンコの視線に入らないように少し離れて、みじろぎもせずに心で大声援。
ポンコがんばれ!ポンコがんばれ!ポンコがんばれ!

お皿に顔を近づけてはあきらめ、近づけてはあきらめを何度も何度も繰り返して
ようやく、ゆっくりゆっくり、ぴとぴとと小さな水音が聞こえてきました。
ソファ越しでポンコの口まわりはよく見えません。しかしここで動いてはなりません。

ポンコがんばれー!ポンコがんばれーー!
ポンコがんばれーーー!




食べたーーーーー!!!!!!
a0233917_2344897.jpg
食べたよーーーー!!!!!!



あのポンコが、3日間でパウチたったの1袋。パウチたったの40g。
それ以降は、またしても何も口にできず。お水すら飲まず。
しかし大きな希望です。
まずは、3日で1袋食べられれば御の字と考えよう。
とりあえずここからスタートです。

a0233917_2344420.jpg
早く、キューちゃんのぶんまで食べてしまうポンコに戻って欲しいと思ってしまいますが
インスタント思考になってはなりません。3日で1袋。3日で1袋。




by adachi_kogane | 2015-10-14 04:01 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

ポンコの歯

ポンコは口がこんなことになってしまいました・・・。

a0233917_14478.jpg


a0233917_144673.jpg
下の犬歯が飛び出して、へんな方向に曲がっています。

a0233917_144453.jpg


痛みでか、毛づくろいが出来ず、歯ぐきも腫れて膨れています。

a0233917_144225.jpg


a0233917_112563.jpg

再抜歯手術の予約をしました。

やわらかいムース状の缶詰をあげているのですが
キューちゃんと一緒のドライフードを食べようとしては
口まわりを慌てて両手で掻いています。

ポンコ−。
ポンコ−。




by adachi_kogane | 2015-10-12 08:44 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

絶賛年度末

キューちゃんのアゴニキビに軟膏を塗ったら、塗り方が悪かったみたいで
アゴが禿げてしまい消沈中。幸いすぐ治りそうなので大丈夫そうです。
キューちゃんアゴニキビ多いので、軟膏効くとよかったのですがざんねん。
弱めの消毒のほうがいいのかなー。今度ジョブズ先生に聞いてみよう。


年度末中なので、また余裕ができました時に更新します。

a0233917_22493374.jpg
↑ラインでスタンプ替わりに使っているポンコスタンプです。
よろしければご自由にお使いください。




by adachi_kogane | 2015-03-16 22:57 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

キュー膀胱炎

キュー膀胱炎で注射2本。
4つのトイレに何度入ってもおしっこが出なくて
猫砂を散らかしながらトイレからトイレへ駆け巡っておおさわぎ。

a0233917_14585040.png
キュー注射されたー。


びっくりしましたが
結石ではなかったので幸いでした!




by adachi_kogane | 2015-02-23 15:01 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

アニコムやめて猫貯金にしようかなー

先日の記事のように最近ペット保険の規約が変わり、やめようかどうか悩み中です。

私が加入しているのは、アニコムの治療費70%オフのプランで
月々の支払いは、キュー2,095円・ポンコ3,020円(2015/2現在)です。
通院や入院の際には、1日最高14,000円(利用回数無制限)まで、
手術は1回最高14万円(1年に2回)までが保険でバックアップしてもらえます。

ほかに90%オフのプランもあったのですが、先頃の改訂で90%オフは廃止になり
70%オフのプランでも、これまで通院や入院の際の利用回数が無制限だったものが
今後の新規加入の場合は、それぞれ「1年間に20日」という制限付きになったようです。

a0233917_17472838.jpg
保険のデメリットは、通院のない時に月約6,000円がまるまる無駄になってしまうこと。

メリットとしては、飼い主の金銭的不安が軽減されるので、通院を迷う微妙な症状の際も
「とりあえずすぐ連れて行こう!」という気持ちになれるということがまず一番大きいです。
腎不全のマロちゃんの闘病の時には(お高い病院を転々としていたこともあり)
治療費が非常に厳しく、給料日前は飼い主もキャットフードを食べていたような状況で
様々な面でひっ迫の日々が続き、保険にさえ入っていれば!と切実に思ったものです。


そして、私のように色々なことが気になって不安に思ってしまう飼い主にとっては
加入者用の相談サービス(獣医師が即答)が、とても助かりました。
相談ごとがあるけど、忙しい獣医さんやボランティアさんに聞くのは気が引ける時に
上記のサービスは、対価を払っているお仕事として回答してもらえるので、逆に気が楽で
これまで3〜4回ほど利用しました。相談内容を投稿して3日以内に獣医師から回答があり
回答内容もですが、今自分が一人でとても不安に思っている状況を他の人も知っていてくれて
自分と同時進行で一緒に調べてくれているという心強い状態が生まれるので
私のような飼い主には、自分がまず平常心になるという行程のためにも非常に助かりました。


このように
保険料厳しいな−でも今後も付属サービスを利用するかもしれないしどうしようかなー。
と、長い間考えあぐねておりましたが、このたびの規約変更にて
飼い主だけで薬を購入に行く場合には支払いが保険外となるとのことで不便でもあり
使いづらくなって来た保険をやめて、猫貯金にする方向で考えています。

自宅輸液セットの購入についても、保険窓口に問い合わせてみましたところ
「動物を伴い、獣医師の診療を受ける」場合に保険金を
出しているので
動物を伴わない状況下での薬剤購入は「通院」に該当しないため
補償対象外。
輸液セットも薬剤と同じ扱い
とのことで残念でした。

やっぱり猫貯金にしようかなー。
保険証持ってるの心強かったんだけどなー。
悩み中です。




by adachi_kogane | 2015-02-14 03:45 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

ポンコのお薬とペット保険のこと

冬になると咳が出るポンコちゃん。

保定しての投薬が出来ない猫なので
お薬はいつもウェットフードに混ぜて食べさせていますが
最近、ウェットフードを食べたあとすぐ吐いてしまうことが多く
お薬も一緒に出てしまうのか、咳が続きがちなので
追加のお薬をもらいにハリポタ医院に行きました。

a0233917_2244337.jpg
そうしたら、ペット保険の規約が厳しくなったということで
対象猫を連れて来ていない場合には保険が効かなくなったそうです。

電車が苦手なポンコは、通院時に過呼吸っぽくなってしまうので
咳のお薬をもらうためだけに一緒に連れて来る事はできません。
また、今回のお薬は特に大打撃の価格ではないということもあり
なるほどーそうなんですかーと、通常料金で支払いました。

帰り道、保険に入る余裕もなく亡くなってしまった
マロちゃんの闘病の時のことを考えていて
腎不全で自宅輸液をする場合の自宅輸液セットなども
対象猫を連れて来ていないと保険対象外ということになるのかなー。
でも、猫に通院のストレスを与えないための自宅輸液なのに
通院させないと保険対象外ってことになるなら本末転倒だなーと思案中です。
そもそも、自宅輸液セットは保険の対象なのかどうかということから
一度、保険屋さんにちゃんと聞いてみようと思っております。


ハリポタ先生は、通常はハリーポッターなのですが
今日はお疲れだったのか、スティーブジョブズになっていました。

a0233917_2214541.jpg
<追記>ハリポタ先生は、最近髭を伸ばし始めてもうジョブズだそうです。



by adachi_kogane | 2015-02-11 22:48 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

ポンコチェック キューチェック

ぽんこになにをする!!!

a0233917_201912.jpg
ポンコをチェックします。



口に黒い色があるのです。
最近、なんとか口を見られるようになったのでチェックです。

a0233917_201729.jpg
最初見た時は、腫瘍かと思って驚愕しましたが
どうやら、ただの模様っぽい感じでひとまず安心。



ぎにににに。

a0233917_2015100.jpg



きさま!いいかげんにしろ!!!

a0233917_201471.jpg
噛まれました。




キューは目をチェック。

a0233917_201250.jpg
こちらも現状問題なさそうです。




by adachi_kogane | 2015-01-19 20:09 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

ポンコ通院

クリスマス前にポンコ通院。
同時期の予想外の出来事&費用発生で、今回はタクシー代が捻出できず
空いている車両を渡り歩いて、戦々恐々と電車通院。電車通院嫌い

a0233917_16471233.jpg
ポンコは少し気管が弱いのか、冬になると咳やくしゃみが激しくなるので
毎年、お薬をもらいにハリポタ医院に通院しています。
加湿を充分にしていると、少し症状が和らいでいるような感じもしますが
それでも咳が多くてリラックスできていない様子が、見ていてかわいそうなので。


飲み薬の絵がかわいいです。

a0233917_16471024.jpg


ぽんこ病院行くのいやっていったのに・・・。

a0233917_1647943.jpg


クリスマスには新しいつめとぎをプレゼント。

a0233917_16471388.jpg
ねこぶし買ってあげられなかったー!




by adachi_kogane | 2014-12-25 16:56 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ


困り顔の猫キューと超ポンコ 身近なもので工夫する古い賃貸住宅の猫暮らし


猫の室内飼いの工夫
身近なものを利用した猫設備や
防音・騒音対策など


手作り・DIY
女性1人で完成できる
簡単でやさしいDIY


猫の地震対策
1人暮らしの飼い主と猫のための
地震・災害・停電対策


おすすめ猫用品
通信販売で買える便利で
かわいいネコグッズ

Living with cat
ちょっぴりシュールで甘さ控えめ
チャリティーネコグッズ




先住猫と新入り猫の合流の記録


工事の騒音から猫を守る工夫

登場猫困り顔のネコキュー メス こわがりでおとなしい性格ながらも、おもちゃやねこじゃらしには大興奮。
びっくりキュー トトロ猫

ポンコちゃん メス 福島県浪江町で震災約1年後に保護された被災猫。我慢強いジャングルガール。
ぽんことたべもの ハッスル

保護時8~10歳 メス、2011年6月永眠。カゴでお昼寝が好き。何事にも動じない強い猫でした。

保護時生後約3週間 メス、公園で行き倒れ、保護した当日にNさん宅の子になれた運の強い子猫です。

カテゴリ

日々の暮らし
猫の室内飼いの工夫
おすすめ猫用品
健康・治療
食事
猫以外の話題
応援&ご紹介
事件簿
Living with cat

タグ

(392)
(313)
(56)
(42)
(32)
(28)
(26)
(24)
(15)
(15)
(12)
(12)
(11)
(10)
(9)
(7)
(7)
(5)
(5)
(4)

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

フォロー中のブログ

 ワニガメ生態研究所


※当ブログは元々はリンクフリーであり、猫との生活のお役に立てるという用途でしたら、リンクや転載については事前許可なしで構わなかったのですが、内容が改変されてまとめサイト等に転載されるという残念な事例が続きました。

※営利目的での当サイトのコンテンツ(文章・画像・動画等)の無断使用・転載・改変等は固くお断りいたします。

※非営利目的にて記事をご紹介いただく場合は「賃貸ネコ暮らしからの転載」という記述と、元記事のURLを併記してくださいますようお願い申し上げます。