カテゴリ:猫の室内飼いの工夫( 32 )

| 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

【猫の室内飼いの工夫】VICS(ヴィックス)スチーム式加湿器

おととし購入した超音波式加湿器は
カルシウムやマグネシウムが部屋中に拡散されて、床や家具に白く降り積もり
猫が毛繕いの時に頻繁に口に入れてしまう心配がありました。
超音波式加湿器から拡散されるカルシウム・マグネシウム

そこで、加湿空気清浄機(プラズマクラスター)を使用してきましたが
加湿にはパワー不足なので、猫に安全な加湿器で地震でも転倒しにくいものを
探していたところ、この加湿器をみつけました。


VICS(ヴィックス)スチーム式加湿器 うちではV165Cを使用しています。
別売りの「リフレッシュ液」は精油が入っているので、猫のいるお宅では使わないほうがいいです。

a0233917_211741.jpg
a0233917_1575097.jpgのど飴で有名なヴィックスの加湿器です。
すごくシンプルな作りで
スイッチもタイマーもありませんが
3.7Lという大容量タンクと
転倒しにくいどっしりとした平たい形。
スチーム式で、猫に心配な成分が
空気中に拡散されないという作りから
去年購入して、2冬ほど使っています。
・電極で沸騰させるために、水に食塩をいれて使うという方法が不慣れだったことと
・電極棒から剥がれた炭素がタンクに浮遊するという現象にびっくりしたこと
・電極棒にこびりつく付着物をガリガリこすり落とす手入れが必要なことなど
少し戸惑った点もありましたが、これらは慣れてしまうと全く問題ありませんでした。

とにかく、使用中の水切れをほとんど心配しないで
じゃんじゃん加湿してくれる、とてもパワフルで頼もしい加湿器です。
また、購入時はやや高価でしたが、現在はお値段もすごく下がっていてお手ごろなので
電極棒の手入れが面倒な場合は、毎シーズン買い替えることもできるかと思います。


どすーんべたーんとしたUFOのような平べったい形。

a0233917_2117394.jpg
すごく大きく「VICS」と書いてあってなんだか笑えます。


a0233917_2117127.jpg
うちではとりあえずエレクターに乗せていますが
地震対策としては、床にじか置きされるほうがいいと思います。

スチーム式ということで、心配性な私は、熱い蒸気の吹き出し口に猫が近づいて
うっかりやけどしてしまわないかとても心配だったのですが
設置してからキューちゃんをだっこして、やけどしない距離で前足を近づけて
「これはこんなに熱いんだよー近づいちゃだめよー」と教えると一発で覚えてくれたようで
じゃんじゃん湯気が出ていても、自分からフラフラ近づいて行くことはないです。
ポンコさんは元々超慎重派なので、どんくさいキューちゃんより警戒心が強くて安心でした。

このように普通の成猫さんだったら、あまり心配はないかなと思いますが
激しく運動する猫さんや、警戒心のない猫さんや、子猫さんなどの場合は
周りになにかガード的なものを設置されたほうが安心かもしれません。




掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。
内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく
当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。
最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので
他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。

by adachi_kogane | 2014-01-05 23:24 | 猫の室内飼いの工夫 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

【猫とマンション大規模修繕工事】おふとんのかまくらの作り方

工期延長が続いていた大規模修繕工事ですが、ようやくもうすぐおわりそうです。
今回の工事で、猫2匹がいちばん頼りにしていた逃げ場所は
いつものおふとんのかまくらでした。

とても簡単なものですが、色々な場面で猫を守ってくれたので作り方をご紹介します。

a0233917_19363321.jpg

ベッドのかけ布団をどけて、ペットシーツ(嘔吐の貫通防止)と毛布を重ねて敷き
猫が中に入れる形状の小さなイスや台などを骨組みとして置きます。

a0233917_19363260.jpg
うちではお風呂用のアルミのイスと、キッチン用のステンレスの棚を置いていますが
これらのような金属製の骨組みだと、布団の中に入れてもいつまでも冷たくて
猫の体が接すると寒いと思うので、本当は木製のイスなどがベストです。


かけ布団をかけてかまくらの形にします。

a0233917_19363070.jpg

中は想像以上に広々としていて、猫は余裕でくつろぐことができます。

a0233917_19362831.jpg
中に入っているようす→ 6カ月めのばんざい!!! 玄関ドアとベランダの塗装

怖い場合や寒い場合は骨組みの脇にもぐっていけば
猫の体がおふとんにはさまれて、ぬくぬくしてくれますし
飼い主の匂いがついている所なので安心感があるのかなーと思います。

工事中は毎日かまくらをセットして出勤し
あんしんあんしんと思っておりましたら、きのう


あっ!!!!!ポンコちゃんなにそれ!!!!!!!

a0233917_19362582.jpg

キューが遠くからみています。

ポンコがぐちゃぐちゃにしたよー。

a0233917_19362715.jpg
スクエアベッドもつぶしてしまうポンコ。
おふとんのかまくらを豪快につぶして、かけ布団の谷間に鎮座しておりました。
あたらしいあそびをおぼえたな。




掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。
内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく
当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。
最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので
他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。

by adachi_kogane | 2013-12-20 20:00 | 猫の室内飼いの工夫 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

【猫の室内飼いの工夫】ニャンとも清潔トイレとパインウッド

猫のトイレは、ニャンとも清潔トイレのブラウンを使用しています。
このトイレと他トイレ用品の組み合わせで、掃除しやすい感じになりましたので
現在使用している組み合わせをご紹介できればと思います。何かのご参考になりましたら幸いです。

a0233917_17412842.jpg
a0233917_17412647.jpgちなみに、猫トイレは最初は2台だったのですが
ポンコがやってきた時に、恐がりのキューが
リビングにあったこれまでの2台を拒否してしまい
やむなくベッドルームに1台を増設。
その後マンション工事で、猫が別部屋に逃げて
そこに籠ってしまうことを想定してさらに1台増設。

たまに、ポンコがケージで使っていた
水切りカゴの簡易トイレも使用しますので
2つのおしりを5台のトイレが待ち構えている状態です。
(非常用のポータブルトイレを入れると7台・・・)
丸洗いが大変なので、今後台数を減らすかもしれません。

ニャンとも清潔トイレには、もともと専用のチップとマットがセットになっていて
メーカーでも専用品が推奨されているのですが、この専用品が超使いにくいので
うちでは色々なメーカーのトイレグッズを組み合わせて使っています。

猫砂として使用しているのは、水分で崩れるタイプのペレットパインウッド
スノコ下の尿の吸収には、デオシート 超吸収・強力消臭パワー ワイドサイズを使っています。

a0233917_17412458.jpg
a0233917_17412271.jpgもとの専用マットは
本来は、引き出しにセットして引き出して交換するのですが
この専用マットには “マットをはみ出た尿が引き出しに流れて
引き出しごと洗う羽目になる” という大問題があるので
うちでは、手入れの簡単なペットシートで代用しています。

また、スノコの端で尿をする猫さん(マロちゃん)の
場合は、引き出しの中に小さいシートをセットする方法だと
これも尿がシートをはみ出して引き出しに流れてしまうので
引き出しは入れたままで、全面をワイドのシートで覆い
“引き出しを引き出さない” という使い方をしています。


うちでのセットの方法です。まず、トレー下部に引き出しをセットします。
この引き出しはシーツ交換の時にも引き出すことはなく、入れっぱなしになります。

a0233917_17412074.jpg


ワイドサイズ(60×44くらい)のペットシーツを乗せて、四隅を折り込みます。

a0233917_17411950.jpg
このようにトレー下部をまるごとシートで覆ってしまうことで、スノコの隅っこ
ぎりぎりに猫さんが尿をした場合も、トレーに尿がはみ出してしまうことがなく
トレーの水洗いの手間なく、清潔にシート交換をすることができます。



トレー上部(スノコ)をかぶせます。

a0233917_17411635.jpg


スノコの中にパインウッドを入れます。
新品のパインウッドは、新築の家のようなすがすがしい香りです。

a0233917_17411542.jpg


屋根をかぶせてセット完了。
猫さんが尿をした時は、尿と尿を吸収してくずれたオガクズが
スノコの下に落ちてペットシーツに吸収されます。
猫さんのフンは、みつけるたびにスコップですくって人間のトイレに流します。
パインウッドは水で崩れますので、フンについた少量のペレットならフンごとトイレに流すことができます。
大量のペレットを水洗トイレに流すと詰まってしまいますのでご注意を。詳しくはこちらをご参照ください。


a0233917_17411327.jpg
うちでは(猫の尿の回数をチェックしたいので)尿をしたペットシーツは毎朝交換。
月に1度スノコ部分を丸洗いして、ついでに猫砂を全部交換しています。
シート交換の時に、スノコを床に置くとオガクズが床に落ちてしまうので、トイレは2台あったほうが
それぞれの上に交換中のスノコを置いておけるので、日々のシート交換がやりやすいかもしれません。



臭い対策には、トイレの近くに小型脱臭器のオー・フレッシュを設置しています。

a0233917_1741830.jpg
オー・フレッシュ(通販生活)/オーフレッシュ(楽天)



また、フンや臭い強めの尿をした直後には
猫砂の上に除菌水プリジアをスプレーしています。

a0233917_1741648.jpg


お手入れ用品はトイレの近くにまとめて置いています。写っている花はすべて造花です。

a0233917_1741059.jpg


猫砂はリビングのトランクテーブルの中。

a0233917_1741486.jpg
このテーブルは15年くらい前に何も考えずに買ったものですが
これはパインウッド入れだったのではないかと思うくらい
パインウッドにぴったりサイズで笑えてしまいます。
トランクの中に、パインウッド12袋がぎりぎりぴったり入るのです。




掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。
内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく
当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。
最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので
他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。

by adachi_kogane | 2013-11-29 21:00 | 猫の室内飼いの工夫 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

【猫の室内飼いの工夫】玄関からの脱走防止扉(開閉式)DIY

遅ればせながら、玄関からの猫の脱走防止柵を作りました。どーん。
a0233917_19224717.jpg
キャスターがついた開閉式です。
a0233917_19231552.jpg
もともと内扉のある部屋を選んで引っ越したので、玄関を2重扉にする予定はなかったのですが
工事の騒音から猫を避難させるために2重扉が必要になり、急遽自作することになりました。
賃貸マンションなので、もちろん釘打ちはNG。色々悩みましたが
猫が脱走せず、地震で倒れても猫が怪我をせず、賃貸住宅を傷つけないよう
つっぱり棒と軽い自作扉の組み合わせにしてみました。


まず、頑丈なつっぱり棒を2本購入して左右に設置します。

a0233917_17124775.jpg
今回は、後述のサドルバンドとの兼ね合いもあり、1700~2800mmサイズの

セキスイ 瞬着強力極太ポール BG-LL ブラックを使用しました。
※こちらは本来はクローゼット用のポールなので、もっと丈夫なつっぱり棒が必要なかたは
自転車ディスプレイ用ポールや、テレビの壁掛け用ポールなどを使われたほうが頑丈かもしれません。
(その場合は後述のサドルバンドはサイズが合わないと思いますのでご注意ください)



次に、突っ張り棒と突っ張り棒の間(一番出っ張っている所)のサイズを測って
扉の仕様を決め、サイズに合わせた木材を用意します。
今回も、窓用の転落防止柵と同じ、18×18サイズのラワン材を扉用に8本。鍵側用に2本。
東急ハンズで購入して、サイズに合わせてカットしてもらいました。

a0233917_2149226.jpg
木材をならべていたら、キューちゃんが調べに来ました。

a0233917_21490100.jpg
フンフンなにこれー。

a0233917_2148589.jpg
キューちゃんお手伝いありがとうね。



木材を組み合わせてネジ釘で固定し、四角の枠を2個作ります。

a0233917_2148565.jpg


巨大ホームセンターでみつけた、トリカルネットを木枠の間に挟んで
ネジ釘で固定。強度を上げるために木枠をぐるっと釘でとめて行きます。
※トリカルネットはピシッとしていて金網より作業しやすいです。通販だと業務用の大容量で高額なので
ホームセンターで切り売りのものを必要量購入するほうが断然お安いです。1m600円くらい。
<追記>こちらのサイトでも、全国対応1mからカット通販されているようです。→ 株式会社くればぁ


a0233917_1734985.jpg


木枠からはみ出たネットをニッパーでカットして、扉の出来上り。

a0233917_21485264.jpg


今回は開閉式ドアなので、下にキャスターをつけて開閉をスムーズにします。

a0233917_21485095.jpg
用意した突っ張り棒の下部には、約38mmの厚みの足がありますので
それ以上の高さがあるキャスターを使わないと、
突っ張り棒の足に扉がひっかかって開閉がギクシャクしてしまいます。
使用したのは42mmのキャスター※子猫さんは下をくぐってしまうかもしれません。

a0233917_21484823.jpg


そして、今回の開閉式脱走防止扉のかなめとなるのが
「突っ張り棒と脱走防止扉をつなぐパーツ」です。

結束バンドがポピュラーなのですが、プラスチックの劣化・破損の恐れがあり
強度的にも見た目的にも、もっとカッチリしたパーツで繋ぎたかったので
インターネットを必死で検索して、ぴったりの金具を見つけました。

サドルバンド A10430-25A/アカギ

この金具は、もともとは配管を固定するパーツなのですが
棒(ポール)状のつっぱり棒と、板状の扉を接続&開閉するのにぴったりの形状です。
結束バンドよりも強度がありながら、薄い金属板なのでペンチなどで変形でき
お値段もとてもお安い(1個数十円くらい)という、とてもありがたい部品なのです。

a0233917_19331931.jpg
サドルバンドには色々な素材やサイズがありましたので
つっぱりポールのサイズと、開閉の動きに一番スムーズなものを検証して
サドルバンド A10430-25A/アカギに辿り着きました。

※今回の突っ張り棒では、直径φ29.4mmの太いほうのポールに扉を取り付けるので
適合管外径がφ34.0mmの上記のサドルバンドを使用すると、ほんの少し余裕ができて
取り付けた扉を無理なく開閉できる、稼働パーツとして使用することができます。
また逆に、開閉の動きなしでポールにガッチリと固定してしまいたいという場合にも
同じ金具の内側に厚めの強力両面テープを貼れば、固定パーツとしても使える優れものです。



サドルバンドは、購入した状態では「ひ」の形になっていますが
上記のアカギのものは金属が薄く、ペンチ等で「U」の形に変形させることができます。

a0233917_19333247.jpg
この特徴で、取り付けたいものの厚みに合わせて少し調整することができるので
猫の脱走防止用扉だけではなく、他のDIYにも応用できると思います。


今回の自作扉は、40mm前後の厚みになったのですが
これが「U」の形にしたサドルバンドの厚みにちょうどぴったりで
思いのほかきれいに取り付けることができました。

a0233917_19334661.jpg
扉側ができました。
開閉もスムーズです。

a0233917_19234499.jpg
わーいわーいばんざーい。


ポンコさんが来ました。

a0233917_19345023.jpg
ぽんこのチェックよ!


チェックおわりよ!

a0233917_1935014.jpg
すたこらさっさっさー。
なにか嫌だったみたいで、すぐに行ってしまいました。



扉側がうまく取り付けできましたので、今度は鍵側を作ります。
同じ木材を2本用意して釘打ちをして、扉とほぼ同じ厚みの板を作り
今度は、突っ張りポールに動かないように取り付けます。

a0233917_19341431.jpg
同じサドルバンドの内側に超強力両面テープを貼ってポールを挟み、木材をかませて
ビスでとめるだけで、突っ張り棒とガッチリ一体になる動かない柱が出来ます。

a0233917_19343820.jpg
※突っ張り棒のネジは扉に当たる場所にあると、ネジが邪魔で扉が開かなくなってしまいますので
扉の開閉の軌道上から外れた場所に位置するように取り付けてください。



最後に取っ手と鍵を取り付けます。

a0233917_19351364.jpg

鍵は、部屋側に左端の簡易錠1個。
玄関側に回転式の錠+簡易錠の3個付け(つけすぎ)にしてみました。
しばらく使ってみた結果、左端の簡易錠が一番使いやすかったです。

a0233917_19352532.jpg


できあがり。
a0233917_19241369.jpg
自作扉は190cmくらいありますが、ポンコは本気になれば越えられると思うので
玄関を開ける時には細い隙間から覗いて、玄関のたたきに誰もいないことを確認してから
部屋に入るようにしています。しばらくこれで使ってみて、ポンコが乗り越えるようなら
上部の隙間も塞ぐかもしれませんが、部品が欠品中とのことでとりあえず部品待ちです。


<追記>似た仕様の市販品が販売されました → 猫脱走防止用パーティション キャキャ




室内飼いの工夫 | 手作り・DIY | 猫の地震対策 | おすすめ猫用品 | 猫の食事 | 健康・治療 | 新猫合流 | 大規模修繕工事対策
掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。
内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく
当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。
最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので
他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。

by adachi_kogane | 2013-11-08 01:43 | 猫の室内飼いの工夫 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

【猫の室内飼いの工夫】猫の騒音対策

小さくてかわいい猫さんですが、本来は夜行性で俊敏な肉食の動物です。
おとなしい性格の子でも、時には夜鳴きや真空行動(夜中の大運動会)など
本能全開でエネルギッシュに活動することがありますので
ペット可住居といえども、ご近所への配慮として騒音対策が必要な場合があります。
特に、アパートやマンションなどで、築年数が古めの集合住宅にお住まいの場合は
自分の猫がご近所から嫌われたり、憎まれてしまうことのないように
また、騒音問題がこじれてしまったり、生活がつらくなってしまうことのないように
予め出来る範囲で対処をしておくほうが、自分も猫も安心して暮らせるかなと思います。

以下に、暮らしの中で見つけた騒音対策グッズなどをご紹介したいと思いますが
対策グッズ購入の前にもっと重要なのは、ご近所との良好な関係だと思います。



ご近所へのごあいさつ
集合住宅に引っ越した場合は、上下左右の部屋には必ず挨拶したほうがいいですが
タイミングを逃してしまった場合や、先方が訪問を苦手とされている場合、
防犯・プライバシーの面で、直接お宅へ伺いにくいという場合などは
建物のエントランスにあるそれぞれの郵便受けへ「猫を飼っていること。
鳴き声や予想外の行動で迷惑をかける事があるかもしれないこと。
歳を取れば落ち着いてくると思われるけれど、問題が起こった場合には
できるだけ工夫や対処をしたいと思っていること。」などを
挨拶と一緒に手紙に書いて、投函しておくという方法でもいいと思います。

私の場合は、引っ越しのドタバタと震災で挨拶の機会を逃しておりましたが
Kさんからのアドバイスで、遅れていてもちゃんと挨拶しておこうと思い、後日、手紙と粗品
(先方に負担にならない価格帯で、郵便受けに入る大きさのもの。かさばらない珈琲・紅茶類や、
ハンドタオルなどが良いかなと思います。)を左右と階下の部屋の郵便受けへ投函しました。
ほどなく、それぞれの方がお返事の手紙を入れてくださって、同じく猫を飼っておられたり、
小さい子供さんや、小型犬がいるなど、ご近所の状況も知ることができて一安心しました。
とてもささやかなことですが、事前にご近所への説明があるかないかで
いざ騒音が起きてしまった時の心証や、不安感が大きく変わってくると思います。

その後も、キューちゃんの退院や、ポンコさん合流の時など、猫が大興奮しそうな時は
「このような理由で、猫がこの期間このように行動するかもしれません。その場合はこのように工夫
しようと思っておりますが、万一ご迷惑をおかけすることになりましたら大変申し訳ございません。」
という内容の簡単なお知らせを入れています。
※あまり頻繁にお知らせするのも逆にご迷惑なので、バランスがむずかしいところです。




音の原因ひとつひとつにできる小さな工夫
広く漠然と “ 騒音対策!! ” ととらえてしまうと
えらいこっちゃ大がかりだ、と途方に暮れてしまいますが
部屋の中を冷静に見て行くと、騒音源は “ 猫 ” ではなく
いつも決まった “ 物 ” が大きな音で鳴っているという事が多いものです。

当方では、各部屋の大きな引き戸・エレクターに乗せているアクリル板
トランクテーブルの天板と、サイドの金属の持ち手・押し入れ上段の板などが
猫が飛び乗ったり、ぶつかったりした時にいつも大きな音で鳴っていました。


a0233917_21264365.jpg
そこでまず(地震対策も兼ねて)猫部屋の白い引き戸を別の部屋に撤去。
重い戸の代わりに軽い布を垂らして間仕切りにしました。これで
ジャンプ運動の時に、猫が「ドドーン!」とぶつかっていた衝撃音がなくなりました。



a0233917_21265074.jpg
エレクターに乗せているアクリル板には、上側にキッチンマット を置き
裏側に絨毯状の吸着マットを貼り付けてサンドイッチにすると
猫が飛び乗るたびに「バンッ!」と鳴っていた不快音を完全に消すことができました。
これは猫にとってもストレス軽減になったようです。




マイクロファイバーのバスマット「SUSU」など
a0233917_1572683.jpg
a0233917_14581746.jpg押し入れは普通の床にくらべて板が薄いので
特に上段に猫が飛び上がると
「ドドン!」と大きく鳴ります。

こちらの対処は、パネルカーペットにするか
防音ゴムマットにするかどうするか
散々悩んだのですが
キューちゃんのアレルギー対策と嘔吐対策で
簡単に洗い替えできるものを考えていたところ
なんと、普通にイオンで売っている
モケモケバスマットが
一番適していることがわかりました。
正しくはマイクロファイバー製のバスマットで「SUSU」が高品質ですが
今回は吸水が目的ではないので、特売一枚600円のお安い類似品で充分でした。
押し入れの奥行きにピッタリサイズを4枚並べて、下にズレ防止のシートを敷いています。
ただこれだけの工夫ですが、長い毛足が衝撃音を吸収してくれて
「ドドン!」が「とすっ」になり、ほとんど聞こえません。
洗う時も洗濯機に放り込むだけ。
半日程度で乾いてしまいますので、ダニ対策として頻繁な洗い替えが可能です。
パネルカーペットだと洗い替えが手間で、結局中々洗えずに敷きっぱなしになってしまうと思われるので
キューちゃんのアレルギーが悪くなってしまうかもしれず、イオンのバスマットさまさまです。





低反発マットの座布団など
a0233917_1573626.jpg
a0233917_14584158.jpg見張り台から飛び降りるテーブルも
「バンッ!」と音を出していましたので
こちらは着地点に低反発座布団を置きました。
頻繁にズレそうな場所なので
吸着テープでテーブルに貼っています。

こちらも飛び降り音が軽減し、
さらに低反発を気に入ったようで
よくこの座布団の上にニコニコと
ねこすわりしています。
ポンコさんはつめとぎもします。
つめとぎじゃないよ。

a0233917_21251483.jpg
トランクテーブル横の金属の取っ手には、テーブルとぶつかって音がする場所に
小さなゴムシールを貼りました。

どれも、身近なものでできる小さな工夫ですが
鳴っている音をひとつひとつ確実に潰していくことで
部屋全体の騒音が大幅に軽減できます。




防音効果のある床材
床全体に防音対策をしたい場合に、ペット用としてポピュラーなのは以下の床材です。

ワンラブオトユカIII SF45(防音フローリング) 
コルクスタイル コルクロックBJ020/神戸コルク(はめ込み式コルクマット)
コルクフローリングCSF-55/東亜コルク(はめ込み式コルクマット)
静床ペット/日東紡 50×50cm厚さ10mm 4枚入り(ペット用防音消臭タイルカーペット)
静床ペット/日東紡 50×50cm厚さ10mm 10枚入り(ペット用防音消臭タイルカーペット)

なかでも静床ペットは使用している方が多い人気のカーペットです。
メーカーで廃盤となってしまったようで、現在は在庫限りで特価販売のお店が多いです。
人間用の防音カーペットも転用できるかと思いますが
パイル(糸が輪っかになっている)のカーペットだと、猫が爪を引っかけてしまうので
人間用を転用される場合は、カットパイルのものがいいと思います。

以上の床材については、こちらのサイトがとても詳しいです。
フローリングの防音対策/こだわり岡田のインテリア工房 
ペットに優しい快適な環境/こだわり岡田のインテリア工房 

当方では、フローリングの張り替えなどは予算的にとても無理で
コルクマットはすぐにボロボロになりやすいので、耐久性の面で候補から外しました。
静床ペットはとてもいいと思ったのですが、キューちゃんにダニアレルギーがあるので
残念ながら絨毯状の床材は選ぶことができませんでした。
悩みに悩み、価格が手頃で・ダニが発生しにくいものを探し回って
2年ほど敷いていたのが、以下のジョイントマットです。




ジョイントマット
a0233917_1633185.jpg
お風呂マットのような素材のジョイントマット
大判でも軽くて切りやすいので、タイルカーペット類と比べると
敷き詰めも、嘔吐や粗相の拭き取りも格段にらくです。お安いのもとても助かります。
ただ、マットとマットの境目(パズル状のデコボコ)部分に水分がかかると
境目を通って、マット裏面に大きく広がってしまうという難点があります。



また、以下のようなペット用の弾力マットも、防音効果があってダニが発生しにくいようです。





マルチマット ムニュ「MUNYU」
a0233917_20103187.jpga0233917_14562332.jpg

クッション性のあるPVC素材が衝撃を吸収する弾力性のあるマット。
防振・防音効果があり滑りにくいので、ペット用品で販売されている商品ですが
もとは、スーパーのレジなどで店員さんの足下によく敷かれている
立ち仕事の疲労軽減マット、コンフォートキングの色違いだと思います。

楽天では小サイズ(122×46cm)のものが主流です。
大判サイズが欲しい場合はPEPPYにありますが、少し割高なので
メーカーに問い合わせたところ、ペットエコJOKER
1m単位程度の切り売りで購入できるそうです。
※JOKERは商品ページがないので、直接お問い合わせください。

マルチマット ムニュ「MUNYU」/楽天(長さ46cm)
マルチマット ムニュ「MUNYU」/PEPPY(長さ122cm・180cm)
マルチマット ムニュ「MUNYU」/ペットエコ(長さ100〜500cm)
 ↑切り売り販売(フチ加工なし・切りっぱなし)18mまで延長可能。

スペース全体に敷き詰めたい場合などは、フチが丸めてある既製品よりも
切り売りでフチが切りっぱなしのままのほうが、境目がデコボコせずにフラットに敷けるかなと思います。


これらの対策を施していても、それでも猫が走り回る音が軽減しないという場合には
最終手段があります。それは意外な盲点、耳せんを配るという方法です。




耳栓/耳せん
ご近所へ迷惑をかけないよう騒音対策をされている猫飼いの皆さまも
ご自身は、深夜の自室で猫が走り回る音に何度も目を覚ましてしまったり
布団を頭からかぶってひたすらがまんがまんということも多いのではないでしょうか?
私も、これまでの生活で安眠グッズには触れる機会が全くなかったので、
深夜の運動会で寝不足でも、ひたすらがまんがまんで耐えているばかりだったのですが
ふと思いついて耳栓を取り寄せ、試しに使ってみたら、これが 快適天国
寝不足や疲労の日々が、がらりと一変するくらいの衝撃体験でした。

こんなお安くて小さなスポンジ2個で、悩みだった睡眠状況が様変わりするなんて
なんでもっと早く思いつかなかったんだろうとやっぱり衝撃です。
多頭飼いのかたや、使ったことのないかたにもぜひぜひおすすめしたいです。

何種類か試してみましたが、私はこの商品が↓一番静かで一番らくちんでした。

a0233917_21201312.jpg
全世界で現在(2013/05)発売されている耳栓の中で
最も遮音性能が高いと言われるハイクオリティな耳せん
この耳せんをつけることで、例えば、70デシベルの「掃除機の騒音」を
37デシベルの「図書館より小さい音」まで下げることが出来ます。
また、ふくらむときにはまるで"わた"のように柔らかくなり
体温でさらに柔らかくなりますので、 一晩中の装着でも耳が痛くなりません。

私が住んでいるマンションは大きな道路に面していて、陸橋に登るポイントにあるので
24時間車の走行音が絶えません。特に、深夜に走行する大型トラックが
「ドッシャーーーーーーーーーン!!!!!」「ガッシャーーーーーーーーーン!!!!!」と
いったいなにごとかと思うくらいの無慈悲な騒音で毎晩行き来するのですが
(猫はわりと平気のようです)この耳せんをつけると、全ての音がフッと消えて
自分の呼吸音や、寝具がこすれる音以外聞こえないくらい静かになるので
ここ数年なかったくらいの深い眠りで、朝までぐっすり眠ることができます。
睡眠は、良い精神状態でいるためにもとても重要なので、ぐっすり眠れていると
とても辛い状況や大変な状況でも、引くもんかーと踏ん張る礎(いしずえ)になってくれるので
大変な状況で眠れていないという方には本当に使ってみてほしいです。

さらに当方では、色々対策してもそれでも猫が走り回る音がすることもあるし
(例えば、翌日が大切な仕事で今夜は眠っておかないといけないという時など特に)
ご近所さんにお使いいただければと思い(自衛していただくという形となるので恐縮なのですが)
複数個セットにしたものを封筒に入れて配布しています。
前述の引っ越しのご挨拶の時などに「もし猫の音が響いていることがあれば
どうぞご就寝時などにお使いください」と、あらかじめいくつかお渡し出来ると
猫飼いさんもご近所さん方も「いざとなればこれがある」と、より安心かと思います。

ただ本当に遮音性が高いので、非常ベルや目覚まし時計の音などが聞こえないことがあるかもしれません。
私は目覚まし時計が聞こえずに爆睡遅刻してしまい「目覚ましをセットして耳せんするなんてバカかー」と
あきれられてしまいました。静けさの感じ方には個人差があると思うので一概には言えませんが
私の場合はこのようにとても静かに使えております。




以上、個人的な経験からのおすすめグッズですが
大事な猫さんがご近所に嫌われてしまわないかと
いままさに戦々恐々と暮らしているかたがもしいらっしゃいましたら
何か少しでもご参考になりましたら幸いです。



室内飼いの工夫 | 手作り・DIY | 猫の地震対策 | おすすめ猫用品 | 猫の食事 | 健康・治療 | 新猫合流 | 大規模修繕工事対策
掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。
内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく
当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。
最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので
他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。









by adachi_kogane | 2013-05-28 19:06 | 猫の室内飼いの工夫 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

【猫の室内飼いの工夫】フラワーレメディはじめました

ポンコさんはうちにきて1カ月は、威嚇音以外は
うんともすんとも言わないサイレントキャットでしたが
2カ月を過ぎてから、突然怒濤のぎゃおん鳴きがはじまりましたので
前から気になっていたフラワーレメディを購入しました。

a0233917_1546394.jpg
観察していると、私とキューちゃんが別の部屋に移動して
リビングにポンコさん一人になってしまった時や、夜に部屋を散歩していて
電気のついていない部屋に一人で入ってしまった時など
まわりに誰もいないという状況になるとぎゃおん鳴きを始めるようなので
ポンコさん用に「原因の分からない恐れに効く」という「アスペン
猫が心配すぎる自分用にも「レッドチェストナット」を買ってみました。

速攻で効いたというものではありませんが
続けていると、いつの間にかぎゃおん鳴きが減ってきて
ついにほとんどなくなりました。わーい。






掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。
内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく
当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。
最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので
他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。









by adachi_kogane | 2013-04-29 14:03 | 猫の室内飼いの工夫 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

【猫の室内飼いの工夫】おともだち個室冬用内装

以前の記事でご紹介した、プラスチック製3段キャットケージ
おともだちの個室として使用しております。

a0233917_2024296.jpg
冬用の内装は以下のような感じです。



【1段目】トイレ・つめとぎスペース

a0233917_2024047.jpg
プラケージの中には、一般的なシステムトイレは入りませんので
ケージ用として、少し小さめのものを用意する必要があります。
当方で探したところ、食器用のアシスト水切り No.2
サイズ的にちょうどよかったので、猫トイレの代用として使用しています。
(スノコの目が少し荒くて、ペレットがちょうど詰まってしまうのが難点ですが)
水切りカゴの底にペットシーツをしいて、スノコ部分を乗せ
猫砂は、消臭効果が高くて安全と評判のペレットパインウッドを使っています。

また、つめとぎは、猫さんが飛び降りてくる場所なので
安定のよいワイドサイズのネオとぎを使っています。
猫さんがバリバリ勢いよくつめを研いでも、ひっくりかえりにくくて安全です。




【2段目】食事スペース

a0233917_20235950.jpg
水入れとフード入れについては、普通のものを置いただけでは
ケージ内を猫さんが移動する時に、ひっくりかえしてしまう心配があるので
プラケージの柵に合うペット用食器ハンガー(直径13cm用)をセットして
中に、ハンガーと同じサイズの食器をはめこむ形で使用しています。

水やドライフード用など、深めの食器にはステンレス製食器 SS-130(直径13cm)
ウエットフード用など、浅めの食器にはステンレス製食器 SSA-120(直径13cm)
が、それぞれぴったり合うようです。

また、留守中の地震対策としては、こぼれにくい給水器ネオシンプルオアシスを水入れの
上にセットしているのですが、おともだちは使い方がわからないようなので
最近では1段目にブリングウォーターを置いて出かけています。




【3段目】ベッドスペース

a0233917_20235769.jpg
猫さんはだいたい最上段が好きなので
3段目をくつろぎスペースにすると良いようです。
冬用としては、プラケージの幅にちょうど収まるサイズの
抗菌防臭ふんわり2WAYベッドを置いています。
柵側とベッドを数カ所結んで落下しないように工夫して
ベッドの中にはニューユカペットDX Rサイズというペットヒーターを入れています。
このペットヒーターは、少しお高いのですが
国産で、過度温度防止装置が使用されているということで安心です。

本当はスクエアベッドの中に入ってくれるかなと思っていたのですが
おともだちは豪快に上からつぶしてカドラー型で寝るのが好きなようです。




【屋上】

a0233917_20235687.jpg
おともだちを室内に出してからは、ケージの上もくつろぎスペースとして使用しています。
キャットタワー的な感じですが、横の冷蔵庫の上からジャンプするのではなく
なんと、おともだちはケージと窓際の15cmくらいの隙間を
自衛隊のほふく前進のように、ズリズリズリズリと垂直によじのぼり
また、ズリズリと頭を真下にしたまま垂直降下してくるのでびっくりです。
キューちゃんはどんくさいので、だっこしないとケージ上にはのぼれません。





掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。
内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく
当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。
最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので
他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。









by adachi_kogane | 2013-02-21 21:32 | 猫の室内飼いの工夫 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

【猫の室内飼いの工夫】窓からの転落防止柵DIY

こちらもまた遅ればせですが、猫の転落・脱走防止用の窓柵を作りました。

これまで部屋の腰窓では、左右がそれぞれ3cm程度しか開かない位置に防犯ロックをつけ、
私の不在時に窓を開けておきたいときは、防犯ロックした3cmでの換気。
在宅時にキューちゃんが外を見たい時は網戸にして、網戸を破らないよう後ろで監視。
キューちゃんが外を見終わったら、サッシを閉めてまた3cmの換気に戻す。
という方法で慎重に窓を開けていましたが、それでもうっかりや予想外が怖いので
内側に転落防止用の柵を作ることにしました。

a0233917_16164386.jpg
45×45cm■メッシュパネル MPP-4545

45×45cm■メッシュパネル MPP-4545
価格:880円(税込、送料込)

60×60cm■メッシュパネル MPP-6060 【家具】【...

60×60cm■メッシュパネル MPP-6060
価格:1,380円(税込、送料込)

 転落防止柵の材料としては
 鉄製でサイズが決まっている
 ←メッシュパネルという網が一般的
 ですが、こちらだと芯の鉄が固すぎて
 大きいものを窓サイズにカットする
 ということができず、小さいものを
 組み合わせてつぎはぎするという
 仕様になることと、重さの面で断念。
 今回は木枠と金網での自作にしました。



左)まず、東急ハンズやホームセンターなどで売っている長い角材を買い
あらかじめ測っておいた窓サイズ(窓を完全に覆えるサイズ)にカットしてもらいます。
今回は、木枠の間に金網を挟みこむことにしましたので、角材は8本必要でした。
※角材の中には、柔らかすぎて割れやすいものや、固すぎて釘が打てないものがあるので
「強度があって、釘が打ちやすいもの」を店員さんに教えてもらってください。


a0233917_221985.jpg
右)キューちゃんが様子を見にきています。 なにこれーなにこれー。



a0233917_2219697.jpg
左)次に、同じくホームセンターで金網を購入します。
→ 後日、金網よりも使いやすいネットを見つけました。
色が選べる場合は、黒っぽいものにしたほうが窓の外を見やすいです。
白っぽい網だと目がチカチカして、金網の向こうが非常に見づらくなってしまいます。
右)金網を木枠のひとつにかぶせて、周囲を画鋲で留めます。
画鋲はこのまま木枠の間に残しますので、平べったい画鋲を使用します。



a0233917_2219479.jpg
左)木枠からはみ出ている部分をニッパーなどでカットします。
右)もうひとつの木枠を重ねて少しずらして乗せ
下の木枠を見ながら、画鋲が来る部分すべてに目印をつけます。
※今回は時間がたつと消えるというチャコペンで印をつけています。
最後に、2つの木枠をぴったり合わせて、目印をよけながらねじ釘を打って行きます。
強度を上げるために全周囲にねじ釘を打ってください。



a0233917_16164386.jpg
網のできあがり。



a0233917_2219050.jpg
網を取り付ける前に、今後、網のない逆側の窓が開くことのないように
サッシのレールにストッパーをかませます。当方では、電気コードなどを隠す
ハードタイプのケーブルカバーをカットして使いました。
奥側のレールにこのストッパーを入れるだけで、逆側の窓は開くことがなくなります。



さて、取り付けです。

a0233917_17221238.jpg自宅は賃貸住宅なので(窓枠に傷をつけないように)網の取り付けは
左右につっぱり棒を2本立てて、間に網を置き、網と突っ張り棒を
針金か結束バンドでくくるという方法で設置しようと思っておりました。

百均や、近くのお店につっぱり棒を見に行きましたが、プラスチック製ばかりで
←こんな感じのたよりないものしかなく、強度的に少し不安があったので
金属製で、設置面の大きめのものを通販することにしました。

それが、こちらの Umbra(アンブラ)TENSION ROD(テンションロッド)
インテリア用品のメーカーUmbra社の、金属製の突っ張り棒です。
少し古びた風合いの、シックですっきりしたデザインなので、猫用でなくても
ご家庭のインテリアとして、いろんな場所で使えるかなと思います。

TENSION ROD には、シンプルな円のデザインの「CORETTO(コレット)」と
レースのような装飾のついた楕円形の「CREST(クレスト)」、
真鍮色の装飾がかっこいいスクエア形「CENTAUR(センター)」がありますが
コレットSは廃盤商品なのか長期欠品中なので、窓枠の色に合わせてクレストを購入しました。

a0233917_2219253.jpg
突っ張る部分は面積が広く、さらに裏側には滑り止めのゴムが付いていますので
普通の突っ張りポールよりも安定感があります。長さも3種類あるようです。

それでもSサイズは細くて華奢で、強く動かすとかなりぐらつきがあるので
元気な猫さんや、運動神経の良い猫さん、大きな猫さんのいるお宅では
(耐震用とかの)さらにもっとごつめの突っ張り棒のほうを強くおすすめします。





左)使用したい窓枠の左右に、上記の金属製つっぱりポールをつけます。
右)結束バンドで、網とつっぱりポールをつなぎます。

a0233917_22185814.jpg



できあがり。
窓を閉めたところ。

a0233917_1616446.jpg
うーん。結束バンド目立つねえ。

  


窓を開けたところ。

a0233917_16161489.jpg
うーん。しらないうちに夜中だねえ。

  


キューちゃん夜の見張り中。

a0233917_2218537.jpg
今までの網戸だけの時に比べると、確かに安心感は増したのですが
金網も突っ張り棒も、手で強く押すと少しぐらつくので
4.5kgの猫が全力で体当たりしても絶対に大丈夫か?と考えると心配はつきません。

元気な猫さんや、運動神経の良い猫さん、大きな猫さんのいるお宅では
(耐震用とかの)さらにもっとごつめの突っ張り棒のほうを強くおすすめします。


部屋の内側から窓の外側へ向けての衝撃については、それでもある程度は
アルミサッシの枠がストッパーになってくれるだろうとは思うものの
逆に、窓の外側から部屋の内側に向かって
巨大な怪鳥(アホウドリとか)が激突してきたら・・・?

こここわい。

アホウドリのことは考えないようにしよう・・・。

また、耐震的にも、しょせんはしろうとの手作り設備ですので
これからも留守の時はサッシをきちんと閉めて出かけようと思います。
後日、補強などすることがありましたら、追加掲載したいと思います。

→ 後日、金網よりも使いやすいネットで玄関用の自作扉を作りました。


猫の転落や脱走防止の工夫につきましては、以下に詳しいサイトもご紹介いたします。
猫さんとの安心な生活に、なにか参考になることがありましたら幸いです。

> e-classy「猫の転落・脱走防止メッシュパネルセット
> CAT'S EYES & CAT'S HANDS「脱走と脱走防止のケーススタディ集
> 猫とネコとふたつの本棚「窓からの脱走対策


室内飼いの工夫 | 手作り・DIY | 猫の地震対策 | おすすめ猫用品 | 猫の食事 | 健康・治療 | 新猫合流 | 大規模修繕工事対策
掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。
内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく
当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。
最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので
他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。









by adachi_kogane | 2012-11-09 18:57 | 猫の室内飼いの工夫 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

【猫の室内飼いの工夫】プラスチック製3段キャットケージ

遅ればせながらキャットケージを購入しました。
ずどーん。

a0233917_1815958.jpg
横からの写真が撮れないのですが、横幅にもゆとりがあって猫さんひろびろ
さらに、私の背よりも高いというそうとうなでかさです。


キャットケージには、金属製や木製など様々なタイプがあり
金属製は、お値段がお手頃で魅力的なのですが
猫が中でジャンプした時に音がけっこう大きいものがあるのと
木製では、糞尿の臭いが木肌に染み込んでしまうと
もうどうにもこうにも何をやっても臭いが取れないということがあるので
「洗える・軽い・さびない・匂いがつかない・音が静か」というメリットで
猫飼いさんや、ボランティアさんに人気のプラスチック製のものを選びました。

購入したのは、3段タイプの
アイリスオーヤマ プラスチック製ペットケージ プラケージ813

大手のショップなどでは、45,000円くらいで売られている高価なケージですが
購入したキャットランドでは、同じものが半額近いお値段でとても助かりました。


強度的にも丈夫なようで、購入者のレビューを見ていても
震度6弱にもびくともしなかったという感想もあり、たいへん心強いケージです。

a0233917_18194545.jpg
分解した時にボリュームがありすぎて、収納に困るのが難点ですが
これは強度と引き換えの仕方ない面かなと思います。
(ケージを段ボールにしまった時のサイズは、横85×縦58×高さ40cmです。)



このケージは、トイレの掃除などの際に、扉をひらいたままの状態で固定できる
ドアストッパーのようなフックがケージの前面についています。

a0233917_1815543.jpg
a0233917_1815394.jpgこのフックについて
購入者のレビューでは
「ドアストッパーを下げても扉に届かない」
とのクレームが非常に多いようですが
このフックは写真のように
上・中・下の3段階で
それぞれ止まるようになっていますので
中の位置で止めてしまうのではなく
下の位置まで、カチッと下ろすと
正常なドアストッパーとして
扉を開いたままきちんと固定できます。

←扉を固定している状態。

今回購入した、アイリスオーヤマのプラスチックケージでは
購入した810シリーズの他に、ややコンパクトなタイプの660シリーズがあり
どちらも商品写真が似ていて、購入時にかなり戸惑いましたので
以下にわかりやすくまとめてみました。

棚板に猫ベッドが置けるという点で
普通サイズの成猫さん用には、810シリーズのほうが断然おすすめです。
(812・813には、新発売のピンクとイエローのバージョンもあります。)
660シリーズは、棚板がたいへん小さくて
普通サイズの成猫さんは箱すわりしかできないので
ケージ内で長期間過ごすには、660シリーズはかわいそうかなと思います。

それぞれ1段〜3段のバリエーションがあり、同じシリーズ内では仕様が一緒なので
3段ケージを購入して、2段や1段に組み替えるということも可能です。
(ただし、天板と下板は1つずつしかないので、3段ケージ1個だけの場合に
2段ケージ+1段ケージ=2個にするということはできません。)
また、猫さんの場合は、2段ケージか3段ケージがいいと思うので
1段ケージは病気の猫さんや、手術後とかに安静にする時用かなーと思います。

内装の工夫はこちら


わかりやすい図(サイズと棚板の違いをご参考ください)
a0233917_16492821.gif


プラケージ(左から)810・812・813



プラケージ(左から)660・662・663 ※こちらの棚板は成猫さんには小さいのでご注意ください。






掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。
内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく
当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。
最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので
他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。









by adachi_kogane | 2012-11-06 20:21 | 猫の室内飼いの工夫 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ

【猫の室内飼いの工夫】暑さ対策:温度計&アルミプレート

いつも、家を出るまえにネットで気温予報を見て
エアコンをタイマー設定して出勤します。

a0233917_16201116.jpg
昨日は、夕方からは涼しい予報だったので、窓を細くあけて換気扇をつけ
午前中〜昼はドライ29℃、夕方7時頃にエアコンが切れる設定で出勤しました。
そしたら、全然涼しくならず、帰宅した夜10時頃までむっしむし。

自宅について玄関をガチャガチャあけると、いつもは中扉のむこうで
ニーーーッ ニーーーッと待っているキューちゃんのすがたがありません。

ありーっ?と思い「キューちゃん帰ったよー」と暗い部屋に入ると
部屋の真ん中付近で倒れているキューちゃんのすがたが!
ギャーーーー!!!!死んでる!!!!!と、かばんを放り出してかけよると
ムニーとのびて、暑いーーーーーーというようなキューちゃん。
途中でエアコンが切れてしまったので、少しは冷たい床にのびていたようです。

よかった。びっくりした。


a0233917_162095.jpg猫部屋には、留守中の
部屋の温度を把握できるように
「最高最低温度計」を設置しています。
水銀最高最低温度計 サーモ350

猫の体の高さに合わせた所に設置すると
現在の部屋の温度と、その日のうちで
最も高い気温と低い気温が記録されるので
冷暖房やカイロなどの判断に便利です。

デジタルのほうが表示が見やすいのですが
いざという時に電池切れになると困るので
半永久的に使える水銀製を使用しています。
(ガラスなので暴れ猫さん宅ではお気をつけください)

帰宅して温度を確認したあとは
付属の磁石で、ガラス管の中の
バーを操作してリセットします。
昨日の留守中は最高28℃まで上がっていましたので
普段26℃前後ですごしているキューちゃんには暑かったようです。
(でも30℃とかになってなくてよかった)



暑さ対策では、実は昨年、クールマットとして御影石の石板を用意しておりました。
石屋さんで特注したもので、キューちゃんとマロちゃんがぶつかってけがをしないように
カドを曲線にしてもらい、フチも面取り加工してもらったわりかしかっこいい板でした。

a0233917_16213159.jpg
1枚16kgくらいあるので、扱いに難儀しましたが、猫部屋に2枚を設置して
やれやれこれで2011年の夏はひと安心と思っておりましたが
なんと、後日、御影石からは放射線が出ているということを知り
猫部屋がホットスポットに!!!キューちゃんとマロちゃんが被爆するー!!!
とすぐさま撤去。

周囲から「しょうもないレベルで心配しすぎ」と苦笑されつつ
勤務する会社に配送し、現在は部署内にてオブジェと化しております。
(自分が被爆する可能性については猫ほど気にならない)

しかしこの話にはまだオチがあり、同僚がガイガーカウンターを買ったというので
会社に持って来てもらい、恐る恐る石板の線量をはかったところ
全く問題なし。なんだよーー脱力ーー。といういきさつです。



a0233917_1647622.jpg今年の猫部屋には、石板の替わりとして
←犬用のアルミ製のクールプレート
を置いているのですが
アルミ製は冷たすぎるようで全然乗らず
例の石板をまた自宅に送って再利用するか
大理石でお安いやつをさがそうかなー
と思案中です。

金属は、最初は冷たすぎるわりに
すぐ温まってしまって持続力がなく
石板でなるべく厚手のもののほうが
ほどよい冷たさが持続する感じで
肌触りも金属より断然心地よいので
猫さんも石のほうが好きだろうなー
と思うのです。





掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。
内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく
当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。
最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので
他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。









by adachi_kogane | 2012-07-26 16:20 | 猫の室内飼いの工夫 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ


困り顔の猫キューと超ポンコ 身近なもので工夫する古い賃貸住宅の猫暮らし


猫の室内飼いの工夫
身近なものを利用した猫設備や
防音・騒音対策など


手作り・DIY
女性1人で完成できる
簡単でやさしいDIY


猫の地震対策
1人暮らしの飼い主と猫のための
地震・災害・停電対策


おすすめ猫用品
通信販売で買える便利で
かわいいネコグッズ

Living with cat
ちょっぴりシュールで甘さ控えめ
チャリティーネコグッズ




先住猫と新入り猫の合流の記録


工事の騒音から猫を守る工夫

登場猫困り顔のネコキュー メス こわがりでおとなしい性格ながらも、おもちゃやねこじゃらしには大興奮。
びっくりキュー トトロ猫

ポンコちゃん メス 福島県浪江町で震災約1年後に保護された被災猫。我慢強いジャングルガール。
ぽんことたべもの ハッスル

保護時8~10歳 メス、2011年6月永眠。カゴでお昼寝が好き。何事にも動じない強い猫でした。

保護時生後約3週間 メス、公園で行き倒れ、保護した当日にNさん宅の子になれた運の強い子猫です。

カテゴリ

日々の暮らし
猫の室内飼いの工夫
おすすめ猫用品
健康・治療
食事
猫以外の話題
応援&ご紹介
事件簿
Living with cat

タグ

(402)
(327)
(62)
(42)
(32)
(29)
(27)
(26)
(20)
(17)
(15)
(12)
(12)
(12)
(11)
(9)
(7)
(7)
(5)
(5)

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

 ワニガメ生態研究所


※当ブログは元々はリンクフリーであり、猫との生活のお役に立てるという用途でしたら、リンクや転載については事前許可なしで構わなかったのですが、内容が改変されてまとめサイト等に転載されるという残念な事例が続きました。

※営利目的での当サイトのコンテンツ(文章・画像・動画等)の無断使用・転載・改変等は固くお断りいたします。

※非営利目的にて記事をご紹介いただく場合は「賃貸ネコ暮らしからの転載」という記述と、元記事のURLを併記してくださいますようお願い申し上げます。