ポンコ再抜歯手術終了

ポンコ、2度目の抜歯手術終わりました。

a0233917_23445660.jpg
当日はお昼12時頃から手術なので、前夜0時頃に最後のご飯。以降は絶食。
お水は朝6時頃に最後のスープ。以降は絶水。
このあたりは前回の抜歯手術時と同じ要領です。


ペット保険をやめておりましたので、貯めていた猫貯金から手術代を準備して病院へ。
ジョブズ先生には、事前に私一人で通院して症状の説明をしておりました。


こちらが、事前に先生にお渡ししておいた症状説明メモ。

a0233917_23445363.jpg


手術当日にも手書きメモ。

a0233917_23445152.jpg
私が口頭説明がへたくそなことと、休み明けなどは先生が超多忙ということから
状況が一目で分かるように、病院へ行く時は大抵このようなメモを用意します。

病院では絶対にアワアワしてしまい、説明不足や伝え間違いなどが起こりやすいので
自宅で落ち着いた状態で、気になることを漏らさずに書き記すようにしております。
病院によっては、患者の独自メモ類を嫌がられる先生もおられるのですが(・・・)
ジョブズ先生はいつもニコニコ受け取ってくださって(今回は絵にウケておられた)
目を通されたあとも、カルテと一緒に保管していてくださるので有り難いです。



そして、ポンコは通院の時は、いつも洗濯ネットに入れてキャリーに入れるのですが
今回は飛び出している犬歯が洗濯ネットの網目にひっかかりそうで
移動中に歯がへんなふうに抜けたり折れたりする危険性があるなと思い
洗濯ネットなしでソフトキャリーに入れましたところ、キャリー内で自由に動けるため
キャリーの蓋をめがけて、ポンコ延々と怒濤の頭突き。

キューちゃんも同じソフトキャリーを使うのですが
キューちゃんはキャリーから出ようとする素振りはない(というか固まっている)ので、
まさかポンコが頭突き攻撃して来るとは思わず、キャリーを包む風呂敷類もなかったので
フタが開かないか、キャリーが破れないか、道中はひやひやしっぱなしでした。

「歯がひっかかりそうなので、本日は洗濯ネットなしで入れて来ました」
「キャリーはそうそう壊れないと思いますが、暴れて飛び出すかもしれません」と
説明してポンコを病院に預け、万一逃げたらどうしよう、万一死んだらどうしようと
緊張と不安でフラフラしながら一時帰宅。


帰って来た時のために、柔らか系のウェットフードを各種用意。

a0233917_2344491.jpg


ついでと念のために、とても細かくてソフトなタイプのかつおぶしも用意。
こちらを用意しておいたことがあとでとても助かることになります。

a0233917_23443361.jpg
ご注意:かつおぶしは結石の原因になるミネラルが多いので、普段は与えないほうが良い食べ物です。

 
じりじりしながら待機。時間が来て、キトキトしながらポンコの受け取りに再来院。
先日は病院でボランティアのKさんに出会いましたが、今回はMさんがいらしていて
「ポンコの歯がー」「だいじょうぶだよー」
「麻酔から覚めなかったらー」「だいじょうぶだよー」
「今生の別れだったらー」「健康な猫でしょー」と、話しながら受け取りまでキットキト。

ポンコは無事に手術が終わり(涙)やっぱり駄目になっていた歯が多く
右の犬歯と別の1本、合計2本だけ残して、ほかは全部抜歯したとのことでした。
痛み止めや化膿止め等の注射もしてあるので、今日からご飯をあげて大丈夫。
ポンコキャリーを抱えて診察待ちのMさんに突撃。
「生きてたー!!!」「だからだいじょうぶだってー!!!」

飼い主は大変な時ほど笑顔でいなければいけないのですが
手術ともなると、今生の別れも覚悟して死人のような悲愴な状態で通院となります。
やっぱり万一のことがある麻酔が怖いので
今回も無事に目覚めてくれて、山場を越えたとやっと一安心。
ポンコは強いからご飯は大丈夫だろうと「おうちにかえろうかえろう」と帰宅。



戻ったポンコ。

a0233917_23444222.jpg
口まわりに固まった血がこびりついていて、ペットシーツにも血痕。
口内も血だらけのようですが、前回の血痕よりは控えめの印象です。

a0233917_23444058.jpg


また、いつもだったら通院後はおふとんのかまくらに籠るところが
帰宅直後も動画のような状況で、おふとんに籠ることもなく、すぐに歩き回っておしっこ。
麻酔で腰が抜けた状態のままで、いつものベッドに大ジャンプするような元気もあり
今回は精神的なダメージが少なそうと胸を撫で下ろしました。






ところが、
ご飯が食べられません。

前回は手術後すぐにウェットフードを2食ペロリと完食して
ほどなくドライフードもバリバリ。ポンコつよいつよいと感嘆したので、
てっきり今回もすぐに復活するだろうと思っていたのですが、ようすがちがいます。

帰宅後すぐにパウチを用意していると、足元でごはんごはんとウロウロし
ウェットフードをもらう定位置でいつも通りに待機しているので、一番やわらかいパウチを出すと
お皿に顔を近づけて中身をじっと見るのですが、フードに口がつけられません。
何度もお皿に近づいてはあきらめ、また近づいてはあきらめ。

a0233917_2344289.jpg

なに?!っと不安に思い、フードを変えてみましたが
どれもお皿に顔を近づけるところまでは出来るのですが、フードに口がつけられません。
スープも。水もだめ。

a0233917_2344309.jpg
おなかもすいていて、喉も乾いていて、食べたい気持ちは見えるのですが、口がつけられない。
前回は同じ状況でがつがつ食べられたのに。これは、今まさに口内が痛いという原因以上に
「フードを口に入れたら痛かった」という記憶が大きな原因なんじゃないかと悶々。

ご飯周りの状況をこれまでと変えれば、再トライしてくれるかもしれないと
時間をかけて、フードを替え、場所を替え、お皿を替え、思いつくことを試してみてもだめ。
どんな時も頑張ってご飯を食べて来たあのポンコが! スープひとなめもできないとは!

ショックを受けながら、チラッと頭をかすめたのが、ついでに買っておいたかつおぶし。
この細かくてふわふわソフトなかつおぶしなら、匂いは強く、口当たりは最小限なんじゃないか。
これまで食べたことがない形状だし。と思い、まずはかつおぶしだけを小皿で出してみました。

フンフン調べていたポンコ。
全私待望のペロっとひとなめをした瞬間、頭を強く振り、2本足で伸び上がって立ち上がり
両手で口まわりをあわわあわわと掻いて、すごすごと自分のベッドに帰ってしまいました。
だめか!痛かったか!失敗か!と大ショックを受けましたが、だめだどうしようと
とりあえずキューちゃんのドライフードを用意していると、また近くに寄って来ます。

ウエット各種とかつおぶしを並べると、やっぱりかつおぶしに集中して匂いを嗅いでいるので
今度はスープの上にかつおぶしを山盛りにしてみました。

a0233917_2344217.jpg
少しの音や気配でびくっとご飯をあきらめてしまうので
ポンコの視線に入らないように少し離れて、みじろぎもせずに心で大声援。
ポンコがんばれ!ポンコがんばれ!ポンコがんばれ!

お皿に顔を近づけてはあきらめ、近づけてはあきらめを何度も何度も繰り返して
ようやく、ゆっくりゆっくり、ぴとぴとと小さな水音が聞こえてきました。
ソファ越しでポンコの口まわりはよく見えません。しかしここで動いてはなりません。

ポンコがんばれー!ポンコがんばれーー!
ポンコがんばれーーー!




食べたーーーーー!!!!!!
a0233917_2344897.jpg
食べたよーーーー!!!!!!



あのポンコが、3日間でパウチたったの1袋。パウチたったの40g。
それ以降は、またしても何も口にできず。お水すら飲まず。
しかし大きな希望です。
まずは、3日で1袋食べられれば御の字と考えよう。
とりあえずここからスタートです。

a0233917_2344420.jpg
早く、キューちゃんのぶんまで食べてしまうポンコに戻って欲しいと思ってしまいますが
インスタント思考になってはなりません。3日で1袋。3日で1袋。




by adachi_kogane | 2015-10-14 04:01 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ


困り顔の猫キューと超ポンコ 身近なもので工夫する古い賃貸住宅の猫暮らし


猫の室内飼いの工夫
身近なものを利用した猫設備や
防音・騒音対策など


手作り・DIY
女性1人で完成できる
簡単でやさしいDIY


猫の地震対策
1人暮らしの飼い主と猫のための
地震・災害・停電対策


おすすめ猫用品
通信販売で買える便利で
かわいいネコグッズ

Living with cat
ちょっぴりシュールで甘さ控えめ
チャリティーネコグッズ




先住猫と新入り猫の合流の記録


工事の騒音から猫を守る工夫

登場猫困り顔のネコキュー メス こわがりでおとなしい性格ながらも、おもちゃやねこじゃらしには大興奮。
びっくりキュー トトロ猫

ポンコちゃん メス 福島県浪江町で震災約1年後に保護された被災猫。我慢強いジャングルガール。
ぽんことたべもの ハッスル

保護時8~10歳 メス、2011年6月永眠。カゴでお昼寝が好き。何事にも動じない強い猫でした。

保護時生後約3週間 メス、公園で行き倒れ、保護した当日にNさん宅の子になれた運の強い子猫です。

カテゴリ

日々の暮らし
猫の室内飼いの工夫
おすすめ猫用品
健康・治療
食事
猫以外の話題
応援&ご紹介
事件簿
Living with cat

タグ

(383)
(303)
(54)
(42)
(32)
(27)
(25)
(24)
(15)
(15)
(12)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(7)
(5)
(5)
(4)

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

フォロー中のブログ

 ワニガメ生態研究所


※当ブログは元々はリンクフリーであり、猫との生活のお役に立てるという用途でしたら、リンクや転載については事前許可なしで構わなかったのですが、内容が改変されてまとめサイト等に転載されるという残念な事例が続きました。

※営利目的での当サイトのコンテンツ(文章・画像・動画等)の無断使用・転載・改変等は固くお断りいたします。

※非営利目的にて記事をご紹介いただく場合は「賃貸ネコ暮らしからの転載」という記述と、元記事のURLを併記してくださいますようお願い申し上げます。