【猫の地震対策】猫の非常用持ち出し袋:中身とバッグの更新

いつか起こると言われている首都直下地震に備えて
猫用の避難袋を作っておこうと思い、非常用グッズを色々と調べています。
その過程で気がついたことや、発見した便利なものなどをご紹介できればと思います。


a0233917_23381510.jpg

2013年の記事でご紹介した「ネコの非常用持ち出し袋」ですが
当時用意していたスワニーの29Lのキャリーバッグでは、入らないものが発生し
結局いくつもサブバッグが出来てしまい、持てないような状態になっていましたので
2015年版としてバッグと中身を見直すことにいたしました。

a0233917_023276.jpg

何故、前回29Lのサイズのバッグだったかというと、玄関の靴箱下にちょうど
あいたスペースがあり、そこに非常用持ち出し袋を入れておきたいためでした。
今回の見直しにあたっても「そうはいっても、あのスペースに入るサイズが
なかなかないんだけどなー」と思っておりましたと・こ・ろ・が!!!

a0233917_23343512.jpg



同じメーカーで、収納スペースになんとピッタリサイズ!の廃番バッグが
ヤフオクに出品されているのを発見!!!しかも37Lの大容量です!!!

a0233917_213176.jpg
これを買わずしてなにを買う!!!と色めき立ったのですが
中古とは言え、新品に近いような状態の良い商品で、お値段18,000円・・・。
うーん。これが最適なんだけど、そんな余裕はない。うーんうーん。と
2週間ほど悩んでうなっておりましたと・こ・ろ・が!!!



なんと、同じバッグの中古品が、3,498円で出品されているのを発見!!!
今買わなくて、いつ買うのだ、ゆけ!!!
頭の中のクシャナ殿下に導かれるまま、速攻で落札!!!

a0233917_214926.jpg



容量の足りなかった前回のプルーラ29Lと、今回届いたアーモ37Lを並べてみました。

a0233917_23342726.jpg
同じくらいのサイズの印象ですが、アーモ37Lのほうは、公式サイズで判断すると
あのかさばる簡易ケージが、2個重ねてもスムーズに入る容量(のはず)です。

状態の良くない中古品とのことでしたので、持ち手やラベルはボロボロですが
本体や中身、キャスターなどには破損等はありません。

a0233917_23342413.jpg
もともと中古品が平気ということもあり、また常に保管しておく為のバッグであって
オシャレバッグである必要はないので というかそもそもオシャレバッグを持っていませんが(汗)
こちらの中古品で全く問題ありませんでした。定価21,000円のしっかりした商品が
3,498円で買えてしまった。ヤフオクばんざい!ビバヤフオク!


さて、問題はここからです。本当に非常用猫グッズが全部入るのでしょうか?

a0233917_23342271.jpg
前回の内容から精査して、とりあえず最小限のアイテムとして以下を用意しました。

ポータブルペットケージ M
ケージ2個を現場で縫い付けて連結しての使用を想定しています。床に敷けるマットもセットになっています。

ポータブルペットトイレ
前回2個用意していましたが、2匹が一緒に使ってくれるので1個でも大丈夫かもです。

紙製猫砂(とりあえずカタピー)
カタピーは粉塵が多いのと、嫌いな固まるタイプなので普段は使いたくない猫砂ですが、非常用は紙砂でないと持ち出しが厳しいので、致し方なくこちらを用意しています。

うんちが臭わない袋 SS
最近の大ブレイク商品。本当に優秀なので普段から200枚セットをいくつも常備しております。生ゴミ用にも使えます。避難所での他所様への配慮のことを考えると、これを持っているというだけで心強い。

ヤミートラベルボウル
余震時にもこぼれにくい水入れ。こちら3皿になるので、1セットあれば2匹分(水+餌1+餌2)賄えるかもです。

軟水(とりあえず秩父湧水)
軟水で5年保存可能。開封後の痛みにくさを考えると、2lよりも500mlのほうが良いと思います。成分を見るとマグネシウム・カルシウムが気になりましたが、こちらのブログで質問したところ、そんなに気にする程度ではないというご回答で、また、非常時の短期間のものと考えて、うちでは上記軟水を用意しています。

・ドライフード・ウェットフード
恐がりのキューちゃんがストレス時にもなんとか食べてくれる銀のスプーンで、小袋個装のもの。ウェットも小袋のパウチ類がいいかなーと思います。

あったかカイロケース&使い捨てカイロ
持続時間等を考えるとどうかとも思うのですが、薄くてかさばらないので、冬用に一応入れております。しかしこれよりも、自分の体温で蓄熱するタイプの毛布類のほうがいいかもです。

1週間交換不要のペットシーツ
こちらも一応という感じで入れておりますが要検討。

・ケージやキャリーを覆う布や床に敷く布類
避難場所での猫のストレスを考えて、ケージやキャリー全体をすっぽり覆える布や、床に敷けるマットなどの布類は必須とのことです。出来れば夏場は風通しのよいもの、冬場は保温性のあるものがベストです。



はいったーーーーーー!!!
ジャーーーストミーーーーーート!!!!!!


a0233917_23342193.jpg
上記全部入れてもまだスペースがあり、自分用の非常用ビスケットセブンオーシャンズ
非常用ブランケットなども入れることができました。



さて、さらに問題です。この持ち出し袋が靴箱下の収納スペースに入るのでしょうか?

a0233917_23341874.jpg
ジャーーーストミーーーーーート!!!!!!
ノーーーフィアーーーー!!!!!!
 ノーフィアーはちがう。



やったーーーー。ついにあるべきものがあるべき箇所に。なんという感動的。

a0233917_23341679.jpg
交換が必要な水とフードについては、扉の裏にふせんをつけておきました。
(上段にはカセットコンロなども常備しています)(でも電池やガス缶の劣化も怖い心配性)
猫の非常用持ち出し袋、こちらのフルセットだと激重でございますが、持てないほどではないです。
あとは、2匹同時に運べるリュックについて、時間がかかってもなんとか用意したいと思います。





掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。
内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく
当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。
最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので
他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。

by adachi_kogane | 2015-10-05 01:55 | おすすめ猫用品 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ


困り顔の猫キューと超ポンコ 身近なもので工夫する古い賃貸住宅の猫暮らし


猫の室内飼いの工夫
身近なものを利用した猫設備や
防音・騒音対策など


手作り・DIY
女性1人で完成できる
簡単でやさしいDIY


猫の地震対策
1人暮らしの飼い主と猫のための
地震・災害・停電対策


おすすめ猫用品
通信販売で買える便利で
かわいいネコグッズ

Living with cat
ちょっぴりシュールで甘さ控えめ
チャリティーネコグッズ




先住猫と新入り猫の合流の記録


工事の騒音から猫を守る工夫

登場猫困り顔のネコキュー メス こわがりでおとなしい性格ながらも、おもちゃやねこじゃらしには大興奮。
びっくりキュー トトロ猫

ポンコちゃん メス 福島県浪江町で震災約1年後に保護された被災猫。我慢強いジャングルガール。
ぽんことたべもの ハッスル

保護時8~10歳 メス、2011年6月永眠。カゴでお昼寝が好き。何事にも動じない強い猫でした。

保護時生後約3週間 メス、公園で行き倒れ、保護した当日にNさん宅の子になれた運の強い子猫です。

カテゴリ

日々の暮らし
猫の室内飼いの工夫
おすすめ猫用品
健康・治療
食事
猫以外の話題
応援&ご紹介
事件簿
Living with cat

タグ

(379)
(299)
(54)
(42)
(32)
(27)
(25)
(24)
(15)
(15)
(12)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(7)
(5)
(5)
(4)

検索

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

フォロー中のブログ

 ワニガメ生態研究所


※当ブログは元々はリンクフリーであり、猫との生活のお役に立てるという用途でしたら、リンクや転載については事前許可なしで構わなかったのですが、内容が改変されてまとめサイト等に転載されるという残念な事例が続きました。

※営利目的での当サイトのコンテンツ(文章・画像・動画等)の無断使用・転載・改変等は固くお断りいたします。

※非営利目的にて記事をご紹介いただく場合は「賃貸ネコ暮らしからの転載」という記述と、元記事のURLを併記してくださいますようお願い申し上げます。