猫砂祭り:木の猫砂 木製ペレットは肉球に刺さる?

前回の前置きから、まずは猫2匹がどうして紙砂ばかりを
使うようになってしまったのかという原因を考えてみました。

新しい紙の砂がめずらしくておもしろいのかなー。
パインウッドより小粒だから砂掻きしやすいのかなー。
あれこれ思いつくことを上げているうち、うっかり紙砂を踏んでしまった時に
フカッとした柔らかい感触だったことを思い出しました。

そう言えば木製ペレットって、踏んだ感覚はどうなんだろうと
なにげなく、自分が猫砂の上を歩いているつもりで、手のひらを
パインウッドトイレ表面のあちこちに押しつけてみました。

a0233917_22503489.jpg
ちょ!ちょういたい!!!
これは痛い。


a0233917_2246023.jpg
まるで、割るのに失敗してギザギザになってしまった
割り箸の上を歩いているような感覚です。

主にチクチク。体重をかけると時々手のひらにグサッと刺さります。
これは太めのペレットにおいて、鋭利な断面を偶然上にした角度で
落ちている粒ができてしまいやすいためかと思います。

同じ形状でも、使い古して摩耗したペレットや、もろくて崩れやすいタイプなどは
角が取れてある程度は丸くなると思いますが、開封したばかりの新しいペレットや
しっかり圧縮してガチガチに固めてあるタイプの商品は、とても鋭くて固いです。

これは痛い。


念のために、比較として紙砂トイレの表面にも手のひらを押しつけてみました。
フッカフカー。そりゃ、紙砂ばっかり使うわなー・・・。


そしてふいに、腎不全のマロちゃんがトイレを使わなくなってしまい
床でばかりフンをしていたことを思い出しました・・・。
そう言えばマロちゃんはおしっこも、トイレに一歩入るか入らないかのところで
フチに足をかけながらして、トイレの外に漏れてしまうことも多かったのでした。
あの時は、病気のせいでトイレを上手く使えないんだろうと思っていましたが
肉球に痛い木製ペレットの上で、踏ん張ることができなかったんじゃないの・・・?
よくよく思い返してみると、キューもポンコも木製ペレットの上に乗る時は
心なしか、抜き足差し足といった感じで、ソロソロと足を置いているように見えます。
先使用者のフンを踏まないように、気をつけているんだろうと思っていたのですが
キューたち、足や肉球が痛かったんだろうか・・・。
てっきり快適に使ってくれているんだと思っていた・・・。
ご・・・ごめんよ・・・。


とは言え、おがくずを圧縮しただけの木製ペレットの安全性には捨てがたいものがあり
要は痛くない形状の木の猫砂があればいいんだ!と、以下の条件で猫砂を探しました。



【固まらない】 ※物を固める成分が猫の体内に入るのが嫌なので。
【足に刺さらない】 ※端が鋭利にささくれている形状だと肉球に刺さるので。
【水分で崩れる】 ※消臭能力アップ+フンごとトイレに流せるため。
【木製の猫砂】 ※鉱物やシリカゲルは目や肺に危険で、おから系にはGが来ると聞いたので。



一生懸命に探しましたが、全ての条件に合致する猫砂はありません。
よーしよしよし、わかった。条件を譲歩しようじゃないか。



【固まらない】
【足に刺さらない】
水分で崩れる【崩れなくてもいい】
木製の猫砂【紙砂でもいい】



さあ、これならどうだ!さあ、来い!と(誰に言っているのかはわかりませんが)
2点を譲歩した上記の条件にて、合致しそうな猫砂を各種取り寄せてみました。
色々検討してみて、よさそうなものが見つかりましたら後日ご紹介したいと思います。
最初はフカフカ系の紙砂を検討に入れていたのですが
「フカフカ系紙砂に慣れると、感触の似たお布団で粗相するようになる可能性がある」と
ボランティアさんからお聞きしたので、紙砂は硬めのもので検討予定です。


<20150809追記>
猫砂レポートを掲載しました。→ 詳細はこちら






掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。
内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく
当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。
最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので
他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。

by adachi_kogane | 2015-08-05 15:57 | おすすめ猫用品 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ


困り顔の猫キューと超ポンコ 身近なもので工夫する古い賃貸住宅の猫暮らし


猫の室内飼いの工夫
身近なものを利用した猫設備や
防音・騒音対策など


手作り・DIY
女性1人で完成できる
簡単でやさしいDIY


猫の地震対策
1人暮らしの飼い主と猫のための
地震・災害・停電対策


おすすめ猫用品
通信販売で買える便利で
かわいいネコグッズ

Living with cat
ちょっぴりシュールで甘さ控えめ
チャリティーネコグッズ




先住猫と新入り猫の合流の記録


工事の騒音から猫を守る工夫

登場猫困り顔のネコキュー メス こわがりでおとなしい性格ながらも、おもちゃやねこじゃらしには大興奮。
びっくりキュー トトロ猫

ポンコちゃん メス 福島県浪江町で震災約1年後に保護された被災猫。我慢強いジャングルガール。
ぽんことたべもの ハッスル

保護時8~10歳 メス、2011年6月永眠。カゴでお昼寝が好き。何事にも動じない強い猫でした。

保護時生後約3週間 メス、公園で行き倒れ、保護した当日にNさん宅の子になれた運の強い子猫です。

カテゴリ

日々の暮らし
猫の室内飼いの工夫
おすすめ猫用品
健康・治療
食事
猫以外の話題
応援&ご紹介
事件簿
Living with cat

タグ

(383)
(303)
(54)
(42)
(32)
(27)
(25)
(24)
(15)
(15)
(12)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(7)
(5)
(5)
(4)

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

フォロー中のブログ

 ワニガメ生態研究所


※当ブログは元々はリンクフリーであり、猫との生活のお役に立てるという用途でしたら、リンクや転載については事前許可なしで構わなかったのですが、内容が改変されてまとめサイト等に転載されるという残念な事例が続きました。

※営利目的での当サイトのコンテンツ(文章・画像・動画等)の無断使用・転載・改変等は固くお断りいたします。

※非営利目的にて記事をご紹介いただく場合は「賃貸ネコ暮らしからの転載」という記述と、元記事のURLを併記してくださいますようお願い申し上げます。