ポンコのお薬とペット保険のこと

冬になると咳が出るポンコちゃん。

保定しての投薬が出来ない猫なので
お薬はいつもウェットフードに混ぜて食べさせていますが
最近、ウェットフードを食べたあとすぐ吐いてしまうことが多く
お薬も一緒に出てしまうのか、咳が続きがちなので
追加のお薬をもらいにハリポタ医院に行きました。

a0233917_2244337.jpg
そうしたら、ペット保険の規約が厳しくなったということで
対象猫を連れて来ていない場合には保険が効かなくなったそうです。

電車が苦手なポンコは、通院時に過呼吸っぽくなってしまうので
咳のお薬をもらうためだけに一緒に連れて来る事はできません。
また、今回のお薬は特に大打撃の価格ではないということもあり
なるほどーそうなんですかーと、通常料金で支払いました。

帰り道、保険に入る余裕もなく亡くなってしまった
マロちゃんの闘病の時のことを考えていて
腎不全で自宅輸液をする場合の自宅輸液セットなども
対象猫を連れて来ていないと保険対象外ということになるのかなー。
でも、猫に通院のストレスを与えないための自宅輸液なのに
通院させないと保険対象外ってことになるなら本末転倒だなーと思案中です。
そもそも、自宅輸液セットは保険の対象なのかどうかということから
一度、保険屋さんにちゃんと聞いてみようと思っております。


ハリポタ先生は、通常はハリーポッターなのですが
今日はお疲れだったのか、スティーブジョブズになっていました。

a0233917_2214541.jpg
<追記>ハリポタ先生は、最近髭を伸ばし始めてもうジョブズだそうです。



by adachi_kogane | 2015-02-11 22:48 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ


困り顔の猫キューと超ポンコ 身近なもので工夫する古い賃貸住宅の猫暮らし


猫の室内飼いの工夫
身近なものを利用した猫設備や
防音・騒音対策など


手作り・DIY
女性1人で完成できる
簡単でやさしいDIY


猫の地震対策
1人暮らしの飼い主と猫のための
地震・災害・停電対策


おすすめ猫用品
通信販売で買える便利で
かわいいネコグッズ

Living with cat
ちょっぴりシュールで甘さ控えめ
チャリティーネコグッズ




先住猫と新入り猫の合流の記録


工事の騒音から猫を守る工夫

登場猫困り顔のネコキュー メス こわがりでおとなしい性格ながらも、おもちゃやねこじゃらしには大興奮。
びっくりキュー トトロ猫

ポンコちゃん メス 福島県浪江町で震災約1年後に保護された被災猫。我慢強いジャングルガール。
ぽんことたべもの ハッスル

保護時8~10歳 メス、2011年6月永眠。カゴでお昼寝が好き。何事にも動じない強い猫でした。

保護時生後約3週間 メス、公園で行き倒れ、保護した当日にNさん宅の子になれた運の強い子猫です。

カテゴリ

日々の暮らし
猫の室内飼いの工夫
おすすめ猫用品
健康・治療
食事
猫以外の話題
応援&ご紹介
事件簿
Living with cat

タグ

(402)
(327)
(62)
(42)
(32)
(29)
(27)
(26)
(20)
(17)
(15)
(12)
(12)
(12)
(11)
(9)
(7)
(7)
(5)
(5)

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

 ワニガメ生態研究所


※当ブログは元々はリンクフリーであり、猫との生活のお役に立てるという用途でしたら、リンクや転載については事前許可なしで構わなかったのですが、内容が改変されてまとめサイト等に転載されるという残念な事例が続きました。

※営利目的での当サイトのコンテンツ(文章・画像・動画等)の無断使用・転載・改変等は固くお断りいたします。

※非営利目的にて記事をご紹介いただく場合は「賃貸ネコ暮らしからの転載」という記述と、元記事のURLを併記してくださいますようお願い申し上げます。