猫との生活にとりあえず必要な基本グッズ

猫の飼育に最低限必要な設備についてご質問いただきましたので
個人的なおすすめ商品をまとめてみました。ご参考になりましたら幸いです。フードについてはこちら

そして、とりあえずここの商品を買っておけば大丈夫
というくらい優秀な猫ショップ↓






ハードキャリーケース(必要度100%)
猫生活で絶対に必要なのがキャリーケースです。通院時や移動時は、普段おとなしい子でも思わぬ物や音に驚いてパニックを起こし、逃げようとして暴れることがあるので、猫の移動にはしっかりとしたキャリーケースが必須です。(うちは布製のソフトキャリーですが、大暴れや粗相を想定すると、一般的にはハードキャリーが良いようです)

a0233917_19321555.jpg
お手軽設備

キャンピングキャリー シングルドア S/リッチェル
2,500円〜3,500円くらい(2014年9月現在)
正面扉が左右どちらからも開けられて、扉の取り外しも可能。キャリー全体が分解でき、出てこない猫を出しやすい仕様です。お値段もお安い割にがっちりとしたキャリーです。
ただ、分解可能ということは思わぬ衝撃で正面扉やサイドの接合部分が外れてしまう可能性もあるので、ガムテープで補強したり、キャリー全体を布で包む(後述)工夫をするとより安全です。

a0233917_19321753.jpg
しっかり設備

エコノア2/ボンビ
5,000円〜8,500円くらい(2014年9月現在)
猫ボランティアさんたちに評判のいい商品。持ち手と本体が一体で、キャリー全体が揺れにくい仕様です。上部も大きく開き猫を出すのも簡単。ボランティアさんは接合部にガムテープを貼って補強しておられました。小さめなのでサイズをよくご確認ください。(アトラス10もおすすめですがネットで品切れが多いです)

【キャリーケースからの脱走防止対策について】
a0233917_21364765.jpg猫の脱走で多いのが「キャリーでの移動中にケースが壊れ・猫が押し開け・蓋がしっかり閉まっていなくて飛び出してしまった」というケースです。扉や蓋は猫を入れる前にテストしてコツを覚えたり、猫を入れたあとは、扉や接合部がしっかり閉まっているか確認するようにしてください。ハードキャリーはプラスチックの劣化で破損したり、接合部が開くことがありますので、開きそうな部分をガムテープで補強したり、キャリー全体を通気性のよい布で包んで運ぶとより安心です。(ビニール等通気性のない素材は猫が窒息しますのでご注意を)
【危険なキャリー】
a0233917_0443935.jpg猫飼育のベテランさんたちが口を揃えて「危険」と言われるのが、画像のようなバスケット型のプラスチックキャリーです。大きめのスーパーなどでもよく見かけるお手軽に買える商品ですが、ちゃちな作りで耐久性に劣り、簡単に壊れてしまうとのことです。運搬中に猫を脱走させてしまったケースの多くがこの形のキャリーを使っていたとか。こちらを買ってしまわないように、また使っているかたがいたらできれば注意してあげるといいと思います。



キャットケージ(必要度90%)
猫の飼育に慣れていて、脱走防止対策もきっちりと出来ているなら、ケージは必要ない場合もありますが、最初の数日はケージに入れておくと、猫も落ち着いて籠もってくれるようになりますし、来客時や、業者さんが作業で部屋に入る場合などにも、安心できる猫の避難場所として使うことができます。

a0233917_237258.jpg
お手軽設備

ペットケージ PEC-903/アイリスオーヤマ
14,000円〜20,000円くらい(2014年9月現在)
たっぷりとした大きさでなかなかリーズナブルな金属ケージ。2段と3段で迷われる場合は、私は3段をおすすめします。3段ケージは用途に応じて2段や1段にも組み替えができますし、1段目はトイレと爪研ぎ、2段が食事スペース、3段が寝床という使い方ができて猫にも人間にも便利かなと思います。棚から棚に飛び移る時に大きめの音がする場合は、棚に厚手のマット等を敷いたほうがよいそうです。



a0233917_2332687.jpg
しっかり設備

プラケージ 813/アイリスオーヤマ
25,000円〜35,000円くらい(2014年9月現在)
ポンコ合流の際に使用した頑丈なケージ。「洗える・軽い・さびない・匂いがつかない・音が静か」というメリットで人気のプラスチック製のものです。お値段が高いのと、収納時にかさばるという所がネックですが、購入者レビューを見ても、震度6弱にもびくともしなかったという感想もあり、長期使用にはたいへん心強い頑丈なケージです。
内装はこのような感じで使用しておりました。





猫トイレ&猫砂(必要度100%)
猫トイレ用の猫砂には、固まるタイプの猫砂と固まらないタイプの猫砂(システムトイレ用)の2タイプがあり、素材は、おから・木・紙・鉱物・シリカゲルなどの種類があります。(鉱物に含まれているベントナイトは、猫の胃袋全体に粘土状にこびり付いたり、喘息を悪化させるなどの危険性があります)それぞれメリット・デメリットがありますので、飼育環境に合わせてお選びください。詳しいサイト → 猫砂レポート/猫とネコとふたつの本棚

a0233917_21575529.jpg
お手軽設備

コロル ネコトイレ 48/リッチェル
1,000円〜2,000円くらい(2014年9月現在)
スノコなしなのでシステムトイレとしては使えません。固まる猫砂用です。


a0233917_23475344.jpgトフカスサンドK/ペグテック

700円〜1,000円くらい(2014年9月現在)
固まる猫砂のなかで、消臭力が高く、トイレに流すことが出来て、比較的安全な猫砂として評判のよい商品です。(おからの匂いがあります。誤食する猫さんには使わないでください)


a0233917_2154967.jpg
しっかり設備(上記ケージには入りません)

ニャンとも清潔トイレ/花王
2,000円〜3,500円くらい(2014年9月現在)
うちで使っているシステムトイレ。セットで売られていますが、ニャンとも清潔トイレ専用のチップ(猫砂)とマットはものすごく使いにくいので全くおすすめできません。本体だけを使用してチップとマットは破棄、別の商品を組み合わせて使用すると快適です。


パインウッド/スノーフレーク
デオシート強力消臭パワー(ワイド)/ユニチャーム
750円〜2,000円くらい(2014年9月現在)
当方でニャンとも清潔トイレに組み合わせている猫砂とペットシーツ。
詳しい使い方 → ニャンとも清潔トイレとパインウッド
a0233917_1933361.jpg
a0233917_20503068.jpg

【猫トイレの匂い対策について】
a0233917_20541660.jpg猫は食べたものや体調によって、いつもより匂いがきついフンをする場合がありますので、当方では猫部屋に各1個ずつ脱臭機のオーフレッシュを常時稼働し、排泄後の匂いが強い場合にはフンを取り除いたあとの猫砂の上に除菌水プリジアをスプレーしております。両方ともなかなかの消臭効果です。
オーフレッシュ/増田研究所
快適空間除菌水プリジア/ホワイトフォックス




食器/ウォーターボウル・フードボウル(必要度100%)

a0233917_2043271.jpg
お手軽設備

ステンレス製食器SS-130/アイリスオーヤマ
450円〜1,000円くらい(2014年9月現在)
人間用の代用でもいいのですが、こちらは下記のハンガーに適合サイズで便利です。詳しい使い方 → おともだち個室冬用内装


a0233917_2043118.jpg食器ハンガーSH-130

500円〜1,000円くらい(2014年9月現在)
ケージ内での猫の跳躍時に食器が動いて中身がこぼれてしまう場合に便利なハンガー。食器をケージの網に固定できます。



a0233917_2026772.jpg
しっかり設備

ヘルスウォーター フードボウルM/Aukatz
1,800円〜2,500円くらい(2014年9月現在)
ウォーターボウルが有名なヘルスウォーターシリーズですが、こちらのフードボウルMは、ドライフードをこぼさずに食べやすい形状でとても使いやすいです。上記ハンガーにも使えます。


ヘルスウォーターシリーズの食器/Aukatz
1,800円〜2,500円くらい(2014年9月現在)



そのほかのグッズ

a0233917_17481750.jpgつめとぎ
段ボール製・麻製・木製など猫によって素材に好みがあるので、お気に入りのものを見つけてあげれば、他の場所でのつめとぎを減らすことができます。(集合住宅ではつめとぎを床にじかに置くと、階下に大きく響くのでマットなどの上に設置したほうがいいです)
a0233917_17482845.jpgブラシ
猫の被毛は柔らかいので猫用のものを。うちではこちらこちらを使用しています。
a0233917_17484760.jpgおもちゃ
小さすぎるおもちゃは誤飲の事故が多いので、猫が飲み込めないサイズのものを選んでください。(誤飲すると開腹手術!が必要です)
a0233917_17485899.jpg猫草
必須ではありませんが、外で暮らしていた猫は喜ぶことが多いです。食べたら嘔吐しやすいので猫草とゲロはセットとお考えください。うちではこれこれを置いています。
a0233917_17494535.jpg洗濯ネット
暴れる猫は洗濯ネットに入れてからキャリーに入れると扱いが楽です。目の粗いものだとネット越しに爪切りや注射も出来て便利です。サイズは小さすぎると猫が苦しいので、60×60cm程度の大きめのものを選んであげてください。
a0233917_17495422.jpg猫ベッド・猫ハウス
季節に合わせて。箱に毛布を敷くだけでも喜んで入ります。寝床に嘔吐することもあるので、洗いやすい工夫をしておくと人間も楽です。
a0233917_175063.jpgコロコロ
服や靴下に猫の毛がつきますので飼い主用にコロコロは必需品です。

キャットタワー
設置したい場合は市販品でかまいませんが、家具を頑丈に組み合わせて、高所に上がれるステップを作ってあげるだけでも十分です。

つめきり
猫用のものがありますが、動物病院で切ってもらったほうが安全です。自分で切る場合はやりかたを教わって下さい。うちでは、キューは1〜2週間、ポンコは触れない時は3〜4週間に1度くらいで切っています。



by adachi_kogane | 2011-08-20 02:00 | おすすめ猫用品 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ


困り顔の猫キューと超ポンコ 身近なもので工夫する古い賃貸住宅の猫暮らし


猫の室内飼いの工夫
身近なものを利用した猫設備や
防音・騒音対策など


手作り・DIY
女性1人で完成できる
簡単でやさしいDIY


猫の地震対策
1人暮らしの飼い主と猫のための
地震・災害・停電対策


おすすめ猫用品
通信販売で買える便利で
かわいいネコグッズ

Living with cat
ちょっぴりシュールで甘さ控えめ
チャリティーネコグッズ




先住猫と新入り猫の合流の記録


工事の騒音から猫を守る工夫

登場猫困り顔のネコキュー メス こわがりでおとなしい性格ながらも、おもちゃやねこじゃらしには大興奮。
びっくりキュー トトロ猫

ポンコちゃん メス 福島県浪江町で震災約1年後に保護された被災猫。我慢強いジャングルガール。
ぽんことたべもの ハッスル

保護時8~10歳 メス、2011年6月永眠。カゴでお昼寝が好き。何事にも動じない強い猫でした。

保護時生後約3週間 メス、公園で行き倒れ、保護した当日にNさん宅の子になれた運の強い子猫です。

カテゴリ

日々の暮らし
猫の室内飼いの工夫
おすすめ猫用品
健康・治療
食事
猫以外の話題
応援&ご紹介
事件簿
Living with cat

タグ

(402)
(327)
(62)
(42)
(32)
(29)
(27)
(26)
(20)
(17)
(15)
(12)
(12)
(12)
(11)
(9)
(7)
(7)
(5)
(5)

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

 ワニガメ生態研究所


※当ブログは元々はリンクフリーであり、猫との生活のお役に立てるという用途でしたら、リンクや転載については事前許可なしで構わなかったのですが、内容が改変されてまとめサイト等に転載されるという残念な事例が続きました。

※営利目的での当サイトのコンテンツ(文章・画像・動画等)の無断使用・転載・改変等は固くお断りいたします。

※非営利目的にて記事をご紹介いただく場合は「賃貸ネコ暮らしからの転載」という記述と、元記事のURLを併記してくださいますようお願い申し上げます。