猫に安全な遠赤外線パネルヒーター:暖話室(だんわしつ)

地震で転倒しにくくて、やけどしない、火事にならない、空気が汚れない
猫にとって安全な暖房を探し回って、ようやく購入しました


遠赤外線パネルヒーター 暖話室 
ついうっかり「談話室」で検索してしまう・・・。

a0233917_208626.jpg
楽天などでは、内部がブラックカラーの
ベージュ&ブラック、ホワイト&ブラックの2色が販売されていますが
メーカーサイトでは、内部もホワイトの
ホワイト&ホワイトという限定カラーがあるようです。

また、ヒーター上部のカバー部分に、触った時の熱さを軽減する
植毛(フロッキー)加工を施した、限定バージョンもあるようです。
限定バージョンは100台限定なので毎シーズンすぐに売り切れてしまうようです。

a0233917_18493155.jpg

a0233917_18493065.jpg

a0233917_18492823.jpg

a0233917_18492594.jpg

a0233917_18492453.jpg



植毛加工のものは「小さなお子様のいるご家庭にお勧め」と書いてあったので
そっちのほうがより安心なのかなーと思ったのですが
逆にほんわりいい温度になって、猫が好んで上に乗るようになってしまってもと思い
うちでは、レギュラーの銅製カバーのホワイト&ブラックにしました。

結果、大正解。ヒーター上部に触ると、熱いお風呂くらいの体感温度で
触ってヤケドまでは行かないものの、猫がずっと乗っていることはできないという
ちょうどうまい温度で、2匹ともヒーターの上には乗らず、狙い通りとなりました。



a0233917_2013149.jpgこれまでは、2000年に購入した
←普通の薄型のパネルヒーター
ずっと愛用していたのですが

昨年、キューちゃんと
ヒーターにあたっていたところ
何の前触れもなく「ぼん!!!」
という大きな音がして
白い煙がぼわーっと立ちのぼり
キューちゃんと顔を見合わせて
ウワー!なにこれー!!!とびっくり。
お役御免となったのでした。
また、この薄型のパネルヒーターは、大震災の際には揺れで簡単に倒れてしまい
5時間ほどかけて明け方頃にやっと自宅に到着すると、倒れたままの状態で
ピーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッと
大きな警告音が鳴り続けていて仰天しました。地震のあった午後から翌日の明け方まで
この警告音が鳴りっぱなしだったのかと思うと、ご近所に申し訳なくて申し訳なくて・・・
その後は地震が来ても倒れないように、OFFしてから家具ではさんで外出しておりました。



暖話室に決めた一番のポイントも、この円筒形の倒れにくい形です。
万一の転倒や、異常発熱があった場合も、過熱防止装置と転倒安全装置が働いて
自動で電源を切ってくれるそうですが「不在時に困る警告音等はない」とのことで
競合のパネルヒーターとあれこれ比べても、もうこれ一択という感じでした。

a0233917_3183712.jpg通常は、自室の作業机の下に置いて
足元を温めるために使用しております。

レビューを見ると、ハロゲンヒーターなどに比べて
パワーが物足りないという声もあるようですが
遠赤外線で家具や体がポカポカに温まるので
机下の使用では、最弱の250ワット使用でも
充分に温かく快適に過ごせます。

しばらくすると、2匹も温かさに気がついたようで
私がいない時はポンコさんが
私がいる時はキューちゃんが
机の下に入ってヒーターにあたっております。
a0233917_319137.jpg
すごく寒い日の就寝時は、寝室に持って来てエアコンと併用しています。



キューほかほかするー。            ぽんこも。

a0233917_325010.jpg
セールのない商品でお値段が高いので、長い間迷ったのですが購入してよかったです。

色は壁に合わせてホワイトにしたのですが、ベージュのほうがレトロでしっくりしたかなー。
でもベージュは実際に置くとどう見えるか分からないから、ホワイトで正解だったかなー。

もう購入しちゃったのに、まだ色のことをあれこれ言っています。




掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。
内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく
当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。
最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので
他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。

by adachi_kogane | 2014-01-16 08:30 | おすすめ猫用品 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ


困り顔の猫キューと超ポンコ 身近なもので工夫する古い賃貸住宅の猫暮らし


猫の室内飼いの工夫
身近なものを利用した猫設備や
防音・騒音対策など


手作り・DIY
女性1人で完成できる
簡単でやさしいDIY


猫の地震対策
1人暮らしの飼い主と猫のための
地震・災害・停電対策


おすすめ猫用品
通信販売で買える便利で
かわいいネコグッズ

Living with cat
ちょっぴりシュールで甘さ控えめ
チャリティーネコグッズ




先住猫と新入り猫の合流の記録


工事の騒音から猫を守る工夫

登場猫困り顔のネコキュー メス こわがりでおとなしい性格ながらも、おもちゃやねこじゃらしには大興奮。
びっくりキュー トトロ猫

ポンコちゃん メス 福島県浪江町で震災約1年後に保護された被災猫。我慢強いジャングルガール。
ぽんことたべもの ハッスル

保護時8~10歳 メス、2011年6月永眠。カゴでお昼寝が好き。何事にも動じない強い猫でした。

保護時生後約3週間 メス、公園で行き倒れ、保護した当日にNさん宅の子になれた運の強い子猫です。

カテゴリ

日々の暮らし
猫の室内飼いの工夫
おすすめ猫用品
健康・治療
食事
猫以外の話題
応援&ご紹介
事件簿
Living with cat

タグ

(385)
(306)
(54)
(42)
(32)
(27)
(25)
(24)
(15)
(15)
(12)
(12)
(11)
(10)
(9)
(7)
(7)
(5)
(5)
(4)

検索

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

フォロー中のブログ

 ワニガメ生態研究所


※当ブログは元々はリンクフリーであり、猫との生活のお役に立てるという用途でしたら、リンクや転載については事前許可なしで構わなかったのですが、内容が改変されてまとめサイト等に転載されるという残念な事例が続きました。

※営利目的での当サイトのコンテンツ(文章・画像・動画等)の無断使用・転載・改変等は固くお断りいたします。

※非営利目的にて記事をご紹介いただく場合は「賃貸ネコ暮らしからの転載」という記述と、元記事のURLを併記してくださいますようお願い申し上げます。