【猫とマンション大規模修繕工事】玄関ドアとベランダの塗装

マンションの大規模改修工事で、塗装屋さんが部屋に入りました。
過剰に準備をしていて助かりました。

最初に玄関ドアの枠の塗装。「ドアを閉めるとペンキがくっついてしまうので
乾くまで2時間くらいは、ドアを1cm程度開けていてください」とのことでしたが
隙間1cm程度では、鼻から脳を直撃するような溶剤臭が部屋に充満してしまうので
大きめにドアを開けて固定し、空気を循環させていないと部屋にいられません。

ドアを開けたまま、全ての換気扇を全開にして3〜4時間。
ようやく部屋の臭気が、なんとなく臭うかな?程度になりました。

a0233917_1534218.jpg
ドアを開けっ放しにすることは、猫の室内飼いには禁忌なので
この状態はドキドキします。ガードなしでは猫が出てしまう・・・。


ベランダの塗装では、通常は、屋上からロープで降下したり
外壁の足場づたいにベランダに入って作業するのが主流ということで
住人がいる室内を通ってベランダへ行って塗装ということは
あまりないらしいのですが、今回は室内を通られるとのことで
知らない男の人が怖いキューとポンコのために、過剰なガードをしておりました。

ペンキ缶とベランダ全開での作業風景。ガードなしでは猫が出てしまう・・・。

a0233917_15342032.jpg
たぶんそういうことになるんだろうなーと思っていたので
猫は、空気清浄機を最強にした寝室に避難させ
過日撤去していた引き戸を出して来て、寝室を封鎖。

a0233917_15341774.jpg
a0233917_15341681.jpg寝室の引き戸も窓枠も
全ての隙間をテープで目張り。
蝶々テープで緊張感がありませんが
こちらは必死です。

これで、寝室だけは
空気がきれいなはずです。

実は本当のことをいうと、ベランダ側の
キャットウォークを移動されようとして
壊されたり傷ついたり、ペンキやシンナーが
床にボタボタこぼれたりするのかもなー
というところまで覚悟していたのですが

今回は、工事前から管理会社さんに相談していたこともあり
業者さんなりに気をつかって作業してくださったようで大感謝です。

ベランダの塗装は、天井と窓の回りのみということで
激臭という噂の、恐怖のFRP塗装ではなかったので助かりました。
でも、玄関ドアみたいに思い切って窓全開で換気したほうがいいパターンなのかな?と
終了後に少しベランダ窓を開けてみると、部屋の中どころではない臭いだったので
これはだめだ!こっちは開けて換気しちゃだめなパターンだ!と思ってやめました。


業者さんが帰られて少ししてから、寝室に猫の様子を見に行きました。
目張りして完全封鎖していたおかげで、寝室だけは空気がきれいでほっとしました。

あんのじょう、おふとんのかまくらにこもっている2人。
はいごめんなさいよー。2人とも大丈夫ー?

a0233917_15341468.jpg


ポンコはかまくらのいつもの場所あたりで悠然と猫すわり。

a0233917_1534124.jpg
知らない人の声がした!



一方恐がりのキューちゃんは、お布団の奥まで
もぐりにもぐりこんでしまい、顔がちょっとしか見えません。

a0233917_15341051.jpg
キューこわい。



2人は、業者さんが帰ったあともおふとんのかまくらから出て来ず
夜になるまで中にこもっておりました。

a0233917_1534777.jpg
キューこわかったの。



実は、明日は消防点検で、また別の業者さんが部屋に入ることになっていたのですが
ポンコがごはんを食べないこともあり、事情を話して今回は辞退することにしました。
消防点検の場合は火災報知器を点検するために、すべての部屋に入られて
押し入れやクローゼットまで開けられるので、猫の逃げ場所がなくなってしまうのです。

とりあえず塗装は済んだ!塗装は済んだ!




by adachi_kogane | 2013-11-18 16:55 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ


困り顔の猫キューと超ポンコ 身近なもので工夫する古い賃貸住宅の猫暮らし


猫の室内飼いの工夫
身近なものを利用した猫設備や
防音・騒音対策など


手作り・DIY
女性1人で完成できる
簡単でやさしいDIY


猫の地震対策
1人暮らしの飼い主と猫のための
地震・災害・停電対策


おすすめ猫用品
通信販売で買える便利で
かわいいネコグッズ

Living with cat
ちょっぴりシュールで甘さ控えめ
チャリティーネコグッズ




先住猫と新入り猫の合流の記録


工事の騒音から猫を守る工夫

登場猫困り顔のネコキュー メス こわがりでおとなしい性格ながらも、おもちゃやねこじゃらしには大興奮。
びっくりキュー トトロ猫

ポンコちゃん メス 福島県浪江町で震災約1年後に保護された被災猫。我慢強いジャングルガール。
ぽんことたべもの ハッスル

保護時8~10歳 メス、2011年6月永眠。カゴでお昼寝が好き。何事にも動じない強い猫でした。

保護時生後約3週間 メス、公園で行き倒れ、保護した当日にNさん宅の子になれた運の強い子猫です。

カテゴリ

日々の暮らし
猫の室内飼いの工夫
おすすめ猫用品
健康・治療
食事
猫以外の話題
応援&ご紹介
事件簿
Living with cat
当コンテンツについて
メディア取材について

タグ

(414)
(333)
(66)
(42)
(41)
(30)
(30)
(27)
(20)
(17)
(15)
(13)
(12)
(12)
(11)
(9)
(7)
(7)
(5)
(5)

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

 ワニガメ生態研究所


記事の転載等について

当ブログは元々はリンクフリーであり、猫との生活のお役に立てる用途でしたら、リンクや転載については事前許可なしで構わなかったのですが、内容が改変されてまとめサイト等に転載される残念な事例が続きました。

営利目的での当コンテンツ(文章・画像・動画等)の無断使用・転載・改変等は固くお断りいたします。
非営利目的で記事をご紹介くださる場合は「賃貸ネコ暮らしからの転載」ということがわかる形で元記事のURLを併記してくださいますようお願い申し上げます。

→関連記事はこちら

取材はお受けしておりません

飼い猫に不要なストレスを与えたくないため、雑誌、キュレーションサイト等の各種メディアの取材はお断りいたしております。

「賃貸ネコ暮らし」は、猫を飼っているかたが、著者の経験と同じようなアクシデントに遭遇した時に、解決法のひとつとしていつでもご自由にご参照いただけるよう、無償で更新しているブログです。企業の営利目的での2次使用はご遠慮ください。

ブログ本体を無料で直接お読みいただくことでシンプルに完結している世界です。購読料金が必要な商業媒体に、ご仲介いただく必要はございません。


→関連記事はこちら