【猫の地震対策】飼い主帰宅困難時の自動給餌器

一人暮らしで猫を飼っている飼い主が
首都直下地震や台風などの災害時に、長期間帰宅困難となってしまった場合
猫の餌&水の確保は、猫の生死を左右する大問題になります。
3.11の時に、飼い主の帰りを待ちながら自宅で餓死してしまった、福島の猫や犬の惨状が頭から離れず
よそごとではないともういっぱいいっぱいです。


私の場合は、職場から自宅まで18駅、間に川が4本という条件のため
噂では、最悪6日間くらい帰宅できないかもというような情報も流れておりこまります。
そんなものキューちゃんが待っているのに大変こまります。なんとしても歩いて帰るしょぞんです。

とにかく、今出来ることのひとつとして、前から検討していた
「自動給餌器」を購入しました。自動給餌器には色々な種類がありますが
災害(特に大地震)時に、問題なく稼働することが大前提なので

・倒れやすい縦長型ではなく、揺れに強い平置き型。
・タイマー付きで何日分かをセット可能。
・停電時にも稼働できるよう、コード式ではなく電池式。
・手に入るお値段。

以上を吟味するとこちらになりました。 ペット用自動給餌器 PET DISH

a0233917_21642100.jpg
a0233917_2164448.jpgこちらは最大6皿分をセットでき、
(普段から待機させる場合は、最初の1皿分を
スタンバイ用に空で使用するので5皿分)
1皿に1日量のフードを入れて、
3タイプ(6時間・12時間・24時間)ある
タイマーを24時間にセットすると、
24時間ごとに1皿分が開くので、最悪5日間は
飼い主不在でも猫はごはんを食べることができます。

形もご覧のような平型で
底にはゴムの滑り止めがついているので
縦型よりは転倒しにくいかと思います。
私の場合、普段からフードを入れておき、出勤前に24時間タイマーをセット
帰宅時にタイマーを解除という感じで使用しています。

非常用フードの補充については
・1〜2週間ごとに総入れ替え→古くなったフードは破棄
・1食分ずつ毎日ローテーション→1食分ずつキューちゃんに食べさせる
のどっちにするか考えたのですが【1食分ずつ毎日ローテーション】だと
古いフードと新しいフードが混乱しやすいことと、全部のお皿をいつ洗うのかという問題。
また、フタを力を込めてバキッと開ける仕様なので
毎日頻繁に開け閉めするとフタが早く壊れそう。という不安がありましたので
【1〜2週間ごとにフードを総入れ替え】の方法で使用しています。

古いフードを1〜2週間ごとに捨ててしまう方法なので
この非常用待機フードは、普段あげているプレミアム系のフードではなく
スーパーなどで売っているお手頃価格のフードを入れています。
(1000円くらいの銀のスプーンで計算した場合、1.6kgくらい入っているので
1週間ごとの総入れ替えとして約7週間分。
1日分約20円前後、1週間分約140円前後の出費で、非常用フードを毎日待機できます)

もっと安いフードもありますし、まとめ買いなどでもさらに費用を抑えられます。
お手頃フードは匂いが強くて猫がよく食べるので、非常時にはかえって助かるかなと思います。
また、飼い主が帰宅できなくなった次の朝から、フードのフタが開きますが
猫さんの性格によっては、怯えていてごはんどころではないか、食べても小食の可能性もあるので
5日分を過ぎても、まだ中に食べ残しのフードが残っていたりして
2周目もまた食べられるという場合もあるかもしれません。


↓自動給餌器の動き(動画お借りしました)



稼働時にジーーーーっと音がしますが、試してみたところ
恐がりのキューちゃんでも問題なく1皿完食できました。

他注意点としてはこんな感じです。
家具などが倒れてこない場所に置く。
・マイクロファイバーマットの上などに置くとゴムが効かずすべりやすい。
・フードをパンパンに入れ過ぎるとフタが引っかかって稼働しない恐れがあるので
 多頭飼いの場合は複数個用意したほうが安心。
・電池が角形の9V乾電池で、セットのしかたに戸惑う。
(コードのついたプラグを電池の突起と互い違いになるよう差し込みます)
・フタを開ける時に少し力がいる。


a0233917_216458.jpgまた、お水につきましては
とりあえずの応急措置として
画像のような猫の頭が入る大きさのやかんに
水をいっぱいいれて毎朝シンクに置いています。
フチがあるので、揺れてもいくらかは
中に残ってくれるかなと思います。

夏など、雑菌が心配な季節は
抗菌ディスクなどを入れると
いいかなと思います。


その後、こぼれにくい水入れを購入しました。






掲載の施工材料・対処方法などにつきましては、あくまで私個人の特定の環境での一事例です。
内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく
当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。
最適な方法は、お住まいの環境や、家族構成、猫さんの性格などによってそれぞれ異なりますので
他サイトなども比較検討のうえで、自己責任にてご参考いただければと思います。









by adachi_kogane | 2012-05-01 17:54 | おすすめ猫用品 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ


困り顔の猫キューと超ポンコ 身近なもので工夫する古い賃貸住宅の猫暮らし


猫の室内飼いの工夫
身近なものを利用した猫設備や
防音・騒音対策など


手作り・DIY
女性1人で完成できる
簡単でやさしいDIY


猫の地震対策
1人暮らしの飼い主と猫のための
地震・災害・停電対策


おすすめ猫用品
通信販売で買える便利で
かわいいネコグッズ

Living with cat
ちょっぴりシュールで甘さ控えめ
チャリティーネコグッズ




先住猫と新入り猫の合流の記録


工事の騒音から猫を守る工夫

登場猫困り顔のネコキュー メス こわがりでおとなしい性格ながらも、おもちゃやねこじゃらしには大興奮。
びっくりキュー トトロ猫

ポンコちゃん メス 福島県浪江町で震災約1年後に保護された被災猫。我慢強いジャングルガール。
ぽんことたべもの ハッスル

保護時8~10歳 メス、2011年6月永眠。カゴでお昼寝が好き。何事にも動じない強い猫でした。

保護時生後約3週間 メス、公園で行き倒れ、保護した当日にNさん宅の子になれた運の強い子猫です。

カテゴリ

日々の暮らし
猫の室内飼いの工夫
おすすめ猫用品
健康・治療
食事
猫以外の話題
応援&ご紹介
事件簿
Living with cat

タグ

(392)
(313)
(56)
(42)
(32)
(28)
(26)
(24)
(15)
(15)
(12)
(12)
(11)
(10)
(9)
(7)
(7)
(5)
(5)
(4)

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

フォロー中のブログ

 ワニガメ生態研究所


※当ブログは元々はリンクフリーであり、猫との生活のお役に立てるという用途でしたら、リンクや転載については事前許可なしで構わなかったのですが、内容が改変されてまとめサイト等に転載されるという残念な事例が続きました。

※営利目的での当サイトのコンテンツ(文章・画像・動画等)の無断使用・転載・改変等は固くお断りいたします。

※非営利目的にて記事をご紹介いただく場合は「賃貸ネコ暮らしからの転載」という記述と、元記事のURLを併記してくださいますようお願い申し上げます。