キューちゃんのおなかと乳酸菌サプリ

先日、キューちゃんが9個もゲロを吐いたことと
アレルギーのことでインターネットを検索していて
詳しい説明がある「ペットキャビン」さんのサイトを拝見していたら
色々思い当たるふしがあったので、フードの注文ついでにメールで質問を送ってみました。

翌営業日に、お店のかたがすぐにお電話くださって
アレルギーや、猫草をたくさんたべることや、肥満のことなどについて
新しい角度からの考え方で、ひとつひとつとても丁寧にお話しくださいました。

ちゅうさんのお宅に置いていただいていた時には、アレルギーはなかったキューちゃん。
うちにきてから、歯の膿みや、歯の手術などの際に
抗生剤の注射を3〜4回くらい打ったのですが
抗生剤の、特に注射は効果が強く、腸内の善玉菌まで殺してしまうので
注射を打ったあとから、嘔吐や便秘や体調不良の症状が出る猫がいるとお聞きしました。

フンは硬めではないですか?と質問があったのですが
キューちゃんフンは健康で、ただ、関係ないかもしれないけど
どうしてだか猫草をものすごい食べまくるのです。という話をしたところ
もしかしたら、抗生剤の注射で腸内の善玉菌が減って、便秘になってしまいそうなところを
猫が本能的に感じ取って、食物繊維を大量に食べることで
なんとかフンの健康を保っているということではないか?とのことでした。

ウワー。
キューちゃんごめんよー。

また、小柄なわりに体重が重めで
獣医さんにもあと1キロくらいおとしたほうが良いと言われるけど
ドライフードをいつも残さず全部食べてしまい
量を減らすと悲しがってなかなかうまくいかないというお話しをしました。

キューちゃん大粒は吐いてしまうので、現在は
プレミアムフードで小粒の「カントリーロード」を軸にしているのですが
プレミアムフードよりも、もっと好んで食べているのは
「銀のスプーンプレミアム 三ツ星グルメ 13歳以上用 お魚レシピ」とお伝えしたら
高齢猫用のフードは、若い猫には消化が早すぎて
食べても食べてもすぐにおなかがすいてしまうので、肥満になりやすく
また、食欲のない高齢猫用に匂いや味がきつめになっているので
高齢猫用のフードに慣れると、他のフードを食べなくなってしまう
恐れがあるというお話しでした。

ヒエー。
高齢猫用あげすぎだったー。

とりあえず、今回は、小粒のダイエット用のドライフードの注文と
お試し用として乳酸菌のサプリを送っていただくことになりました。
(乳酸菌は与えすぎると軟便になるので様子を見つつ適量でとのことでした)

猫の状態や、合うものはそれぞれの猫によって異なるので
キューちゃんに合うかどうかはわからないのですが
アレルギーについては、今後とも気長に取り組みたいと思います。

上記のサイトの健康情報のページでは、免疫のことや、フードのことなど
私にとっては新しい視点でのお話が多くて大変参考になりました。
また、今回の話とは違いますが、漢方なども、病気の猫さんの症状が実際に改善したりする例もあるので
病気→獣医→注射・薬もとても大事ですが、もっと多角的にも見てみようと思いました。
重症な猫さんの補完食のお話もあり、猫の保護をされているかたにも何かご参考になればと思います。




地震対策の模様替え中でちょっとむっとしているキューちゃん。

a0233917_12444138.jpg

三角のおにぎりみたいです。

a0233917_12444694.jpg

おにぎりキューちゃん、乳酸菌スポイトで飲んでみようね。

a0233917_12444884.jpg
うーんスポイトきらい。




by adachi_kogane | 2012-03-08 13:39 | 健康・治療 | 賃貸ネコ暮らし | 足立コガネ


困り顔の猫キューと超ポンコ 身近なもので工夫する古い賃貸住宅の猫暮らし


猫の室内飼いの工夫
身近なものを利用した猫設備や
防音・騒音対策など


手作り・DIY
女性1人で完成できる
簡単でやさしいDIY


猫の地震対策
1人暮らしの飼い主と猫のための
地震・災害・停電対策


おすすめ猫用品
通信販売で買える便利で
かわいいネコグッズ

Living with cat
ちょっぴりシュールで甘さ控えめ
チャリティーネコグッズ




先住猫と新入り猫の合流の記録


工事の騒音から猫を守る工夫

登場猫困り顔のネコキュー メス こわがりでおとなしい性格ながらも、おもちゃやねこじゃらしには大興奮。
びっくりキュー トトロ猫

ポンコちゃん メス 福島県浪江町で震災約1年後に保護された被災猫。我慢強いジャングルガール。
ぽんことたべもの ハッスル

保護時8~10歳 メス、2011年6月永眠。カゴでお昼寝が好き。何事にも動じない強い猫でした。

保護時生後約3週間 メス、公園で行き倒れ、保護した当日にNさん宅の子になれた運の強い子猫です。

カテゴリ

日々の暮らし
猫の室内飼いの工夫
おすすめ猫用品
健康・治療
食事
猫以外の話題
応援&ご紹介
事件簿
Living with cat
当コンテンツについて
メディア取材について

タグ

(407)
(332)
(65)
(42)
(32)
(30)
(27)
(26)
(20)
(17)
(15)
(13)
(12)
(12)
(11)
(9)
(7)
(7)
(5)
(5)

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

 ワニガメ生態研究所


記事の転載等について

当ブログは元々はリンクフリーであり、猫との生活のお役に立てる用途でしたら、リンクや転載については事前許可なしで構わなかったのですが、内容が改変されてまとめサイト等に転載される残念な事例が続きました。

営利目的での当コンテンツ(文章・画像・動画等)の無断使用・転載・改変等は固くお断りいたします。
非営利目的で記事をご紹介くださる場合は「賃貸ネコ暮らしからの転載」ということがわかる形で元記事のURLを併記してくださいますようお願い申し上げます。

→関連記事はこちら

取材はお受けしておりません

飼い猫に不要なストレスを与えたくないため、雑誌、キュレーションサイト等の各種メディアの取材はお断りいたしております。

「賃貸ネコ暮らし」は、猫を飼っているかたが、著者の経験と同じようなアクシデントに遭遇した時に、解決法のひとつとしていつでもご自由にご参照いただけるよう、無償で更新しているブログです。企業の営利目的での2次使用はご遠慮ください。

ブログ本体を無料で直接お読みいただくことでシンプルに完結している世界です。購読料金が必要な商業媒体に、ご仲介いただく必要はございません。


→関連記事はこちら